- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコvsフェデラー 優勝は?

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は10日、男子シングルス準決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第2シードのR・フェデラー(スイス)が決勝進出を決めた。通算40度目、2年連続の頂上決戦となるBIG4同士の激突、果たして栄冠を手にするのはジョコビッチ、フェデラーのどちらか。

過去の対戦成績はジョコビッチから見て19勝20敗としている。今年だけで見ると3度対戦しており、ドバイ大会ではフェデラー、インディアンウェルズとローマのマスターズ2大会ではジョコビッチがそれぞれ勝利している。また、ウィンブルドンでは今回が通算3度目の対戦で、2012年の準決勝はフェデラー、昨年の決勝はジョコビッチが勝利を手にした。

【ノヴァーク・ジョコビッチ】
今年、ジョコビッチは全豪オープンでは2年ぶり5度目の優勝を飾り、その後に出場したマスターズ4大会でタイトルを獲得する圧倒的な強さを光らせていた。

生涯グランドスラム達成がかかる全仏オープンではR・ナダル(スペイン)A・マレー(英国)のBIG4に勝利し、S・ワウリンカ(スイス)との決勝へ。しかし、ワウリンカのプレーに圧倒されてしまったジョコビッチは準優勝に甘んじ、生涯グランドスラム達成とはならなかった。

その後、メンタル面でダメージを受けてしまったジョコビッチは芝のエキシビションに出場し、今大会へ向けて調整。

そしてウィンブルドンでは難敵P・コールシュライバー(ドイツ)との1回戦に勝利すると、その後も順当に勝ち進みベスト16入り。

だが、第14シードのK・アンダーソン(南アフリカ)との4回戦は大苦戦を強いられた。4回戦、ガッツがなく、淡々とプレーをしているように見えたジョコビッチは2セットダウンの窮地に追い込まれる。ここから王者の力を発揮したジョコビッチが巻き返し、2セットオールとした時点で日没順延。翌日は集中力を高め、少ないチャンスを活かして勝利を手にし、辛くもベスト8へ進出。

準々決勝は第9シードのM・チリッチ(クロアチア)、準決勝では第21シードのR・ガスケ(フランス)を破り、3年連続の決勝進出を決めた。

ガスケとの準決勝では左肩の治療を受けていたが、試合後に「心配ない。」とコメントしている。

2連覇と王者としてのプレッシャーを感じているに違いないジョコビッチがフェデラーに対してどんな戦いを見せてくれるかに注目が集まる。


【ロジャー・フェデラー】
前哨戦であるゲリー・ウェバー・オープンでキャリア通算86勝目を達成、芝の手応えを感じたまま今大会に乗り込んだフェデラー。

迎えたウィンブルドンではサービスが絶好調で、ブレークされたのは第12シードのG・シモン(フランス)との準々決勝で許した1ブレークのみ。さらに失ったセットはS・グロス(オーストラリア)との3回戦で1セットを落としただけ。また、2回戦では股抜きのスーパーショットを披露する余裕ぶり。

圧巻だったのは、第3シードのマレーとの準決勝だった。

ダイナミックなフォアハンドに加え、弾みにくく滑りやすい芝で有効なスライスを織り交ぜた全盛期を彷彿とさせるラリー戦を展開。さらにリターンを得意とするマレーに1度しかブレークチャンスを与えず、69本入ったファーストサービスのうち58本をポイントに繋げ、BIG4の一角を圧倒した。

準決勝後、フェデラーは「お互い決勝を楽しみにしているんじゃないかな。」とジョコビッチとの決勝について話している。

昨年は準優勝に終わったフェデラーだが、ジョコビッチに勝るウィンブルドンでの経験がある。

ジョコビッチはウィンブルドンで2011・2014年にタイトルを獲得。一方のフェデラーはそれを上回る2003−2007・2009・2012年に優勝を飾っている。この7勝はP・サンプラス(アメリカ)、W・レンショー(英国)に並ぶ歴代最多タイ記録。


2連覇を狙う王者ジョコビッチと、歴代最多8度目の優勝を狙う芝を知り尽くしたフェデラーの決勝戦は、大会最終日の現地12日に行われる。

(コメントはWOWOWから抜粋)

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・フェデラー「ジョコ強すぎた」
・ジョコ ボール見えない
・スタン ジョコ因縁対決ならず


■最新ニュース■ 

・ヒンギス全英複17年ぶりV
・セリーナ「最高、神に感謝」
・王者 国枝「完敗だった」
(2015年7月12日9時25分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月27日

ナダルが称賛「危険な選手」 (18時10分)

錦織 シャラポワへコメント (17時30分)

ナダル戦へ、韓国クォン8強 (17時06分)

【告知】アカプルコ準々決勝 (16時44分)

MP2本しのぎ逆転で8強へ (16時04分)

ナダル 3年ぶりの8強に進出 (15時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsキツマノビッチ (13時53分)

世界3位撃破で8強入り (12時49分)

22歳ポール ズベレフ破り8強 (12時36分)

引退シャラポワ「準備できた」 (11時48分)

日比野菜緒 完敗で8強ならず (11時39分)

ジョコ 8強で今季15連勝 (10時47分)

内山 モンフィスに敗れ8強ならず (5時14分)

シャラポワが現役引退へ (0時55分)

2月26日

新SPEED 発売間近 (18時11分)

270位が 第1シード破る金星 (17時58分)

MP7本凌ぎ元世界1位撃破 (15時02分)

昨年Vキリオスが途中棄権 (14時21分)

ナダル 快勝で5度目の初戦突破 (13時16分)

ジョコ BIG3は「仲がいい」 (12時34分)

デ杯 無観客試合で開催へ (11時35分)

【1ポイント速報】ナダル、キリオスら (11時31分)

チリッチ破り2回戦へ MP4本凌ぐ (10時51分)

ダニエル太郎 熱戦の末に敗退 (9時16分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsクォン (7時07分)

エース35本決め激闘制す (7時01分)

西岡良仁 ドバイ初戦敗退 (0時04分)

2月25日

【1ポイント速報】内山、西岡 (22時45分)

内山靖崇が勝利 モンフィス戦へ (20時59分)

15歳ガウフ 自己最高49位を記録 (17時29分)

18歳が世界7位を撃破 (17時27分)

初戦突破で今季10連勝 (17時20分)

日本限定モデルが発売へ (14時21分)

ダニエル太郎 LLで本戦入り (12時36分)

錦織31位 西岡は最高位を更新 (12時15分)

日比野 アカプルコ初戦突破 (11時52分)

大坂10位 24日付世界ランク (11時30分)

ジョコビッチ 完勝で初戦突破 (11時08分)

2月24日

西岡良仁「少し見失った」 (17時43分)

ガリン 予選勝者に苦戦もV (17時26分)

チチパス連覇「とても満足」 (17時12分)

錦織 世界ランク31位へ後退 (10時19分)

西岡良仁 自己最高48位へ (10時03分)

西岡 デルレイビーチVならず (7時48分)

【1ポイント速報】西岡vsオペルカ (7時45分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!