- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

スタン ジョコ因縁対決ならず

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は8日、男子シングルス準々決勝が行われ、今年の全仏王者で第4シードのS・ワウリンカ(スイス)は第21シードのR・ガスケ(フランス)に4-6, 6-4, 6-3, 4-6, 9-11のフルセットで敗れ、大会初のベスト4進出を逃した。また、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)との準決勝「因縁対決」は実現しなかった。

今大会で1セットも落とさずに8強入りしていたワウリンカだったが、ガスケとの片手バックハンド対決に屈した。

準々決勝、ワウリンカは22本のサービスエースと73本のウィナーを決めるも、48本もの凡ミスを犯してしまった。最後、力尽きたワウリンカはバックハンドをアウトさせてしまい、激闘に終止符が打たれた。

試合終盤はガスケの体力面に限界が見え始め、ワウリンカにとってはチャンスだったが、ガスケの思い切りの良いストロークにおされてしまった。

もしワウリンカがウィンブルドンで初のベスト4へ進出していた場合、準決勝ではジョコビッチとの「因縁対決」となっていた。

今年の全仏オープン決勝でワウリンカとジョコビッチは激突。結果はキレのあるストロークを放ち続けたワウリンカが初の全仏制覇を果たすと同時に、ジョコビッチの生涯グランドスラム達成を阻止した。そのため、ジョコビッチにとってワウリンカは脅威。

しかし全仏オープン決勝と同カードとなる「ワウリンカ vs ジョコビッチ」のウィンブルドン準決勝は実現しなかった。

一方、準決勝でジョコビッチと対戦するガスケは、ウィンブルドンで2007年以来8年ぶりのベスト4進出を決めた。

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・初Vワウリンカ 短パンが話題
・BIG4脅かす30歳スタンの存在
・スタン フェデラーの電話出ず


■最新ニュース■ 

・全英にウィリアム王子夫妻
・ジョコ 試合中は時折イライラ
・キリオスらに侮辱発言で謝罪
(2015年7月9日4時40分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!