- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

スタン フェデラーの電話出ず

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)決勝で、生涯グランドスラム達成を狙っていたN・ジョコビッチ(セルビア)を4-6, 6-4, 6-3, 6-4の逆転で下し、四大大会2勝目・全仏初制覇を果たしたS・ワウリンカ(スイス)は、多くの祝福の電話をもらったが、それに出ることが出来なかった。同胞のR・フェデラー(スイス)からも着信があったものの、試合後の記者会見へ行かなければならず、その電話にさえも出られなかった。

フェデラーから送られたメールを読んだワウリンカは「彼(フェデラー)はいつも自分のことを本当に喜んでくれている。それは真の喜びさ。彼はいつもサポートしてくれる。そして、僕の勝利を喜んでくれる。」と、フェデラーとの親しさを語った。

ワウリンカは、これまで何年にも渡ってフェデラーの影に隠れていた。その間フェデラーは、世界ランク1位の最長在位記録を更新したり、グランドスラムの最多優勝記録も更新。

両者がペアを組んだ2008年の北京オリンピック男子ダブルスでは金メダルを獲得。昨年は国別対抗戦デビスカップで2人揃って祖国スイスを世界一へと導いた。

そんな活躍がワウリンカの自信を高めると同時に、2000年の全仏オープンの準優勝者であるM・ノーマン(スウェーデン)(スウェーデン)をコーチにつけたこともワウリンカの飛躍へと繋がっている。

ワウリンカとフェデラーは、今年の全仏オープン準々決勝で対戦しており、ワウリンカがストレートで退けてJW・ツォンガ(フランス)との準決勝に駒を進めていた。

昨年11月に行われたツアー・ファイナルズの準決勝でも対戦した両者だったが、ワウリンカは4度のマッチポイントを握りながらも敗れた。

その試合ではワウリンカが試合の終盤において、ポイント間にフェデラーのファミリーボックスから、ワウリンカのプレーに支障をきたすような声が発せられたとクレームをしていたことから、試合後に両者に揉め事が起きたと言われている。

しかし、試合後に両者は話し合い、試合中に起きた事は全て解決された。

その数日後、デビスカップ決勝でワウリンカとフェデラーは共にスイス代表としてフランスと対戦し、祖国スイスが初優勝。

また、昨年末にはアフリカの貧しい子供達のために立ち上げたロジャー・フェデラー・ファンデーションに基金を集めるためにエキシビションを行っていた。


■関連ニュース■ 

・フェデラー ワウリンカと和解
・フェデラー ワウリンカと対戦
・初Vワウリンカ 短パンが話題


■最新ニュース■ 

・ジョコ「スタン止められず」
・錦織「自分が許せなかった」
・第1シードナダル 芝シーズンへ
(2015年6月9日11時17分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!