- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

第1シードナダル 芝シーズンへ

男子テニスツアーで6月8日から行われるウィンブルドンの前哨戦、メルセデス・カップ(ドイツ/シュトゥットガルト、芝)へ大会8年ぶりに出場するR・ナダル(スペイン)が今大会の第1シードとなり、1回戦免除のため2回戦から登場する。

ナダルは過去同大会がレッドクレーで行われていた2005年と2007年に優勝を飾っているが、今年からサーフェスが芝に変わり、今回は2007年以来で8年ぶりの出場となる。

初戦となる2回戦でナダルは、M・バグダティス(キプロス)L・ロソル(チェコ共和国)の勝者と対戦する。

今季のナダルは不調で、以前は少なくともマスターズ1大会は必ず優勝して全仏オープンに出場していたが、今年は前哨戦マスターズ3大会で無冠。

7日まで行われていた全仏オープンでナダルは、前人未到の大会10度目の優勝と6連覇を狙っていたが、準々決勝で世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に完敗して全仏2度目の敗戦を喫し、思い通りの結果が残せず全仏オープンを終えた。

そして8日に発表された世界ランキングでは、全仏での結果が影響し2005年以来で約10年ぶりとなる2桁台の10位へ転落した。

今大会のシード勢は、第1シードにナダル、第2シードにM・チリッチ(クロアチア)、第3シードにF・ロペス(スペイン)、第4シードにG・モンフィス(フランス)、第5シードにB・トミック(オーストラリア)、第6シードにP・コールシュライバー(ドイツ)、第7シードにD・ティエム(オーストリア)、第8シードにV・トロイキ(セルビア)となっている。


■関連ニュース■ 

・ナダル10年ぶり2桁台へ転落
・「ナダル伝説」終焉か
・ナダル「かなり傷ついた」


■最新ニュース■ 

・錦織 ポイント加算も変わらず
・ダニエル 太郎 43上げ最高位
・初Vワウリンカ 短パンが話題
(2015年6月8日13時19分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!