- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

キリオスらに侮辱発言で謝罪

オーストラリアを代表して女子水泳競技でオリンピックに出場していたドーン・フレーザーは、男子テニスで世界ランク29位のN・キリオス(オーストラリア)と同26位のB・トミック(オーストラリア)に対して自身が発した、お手本となる選手にならないのなら両親の生まれ故郷へ帰るべきなどの厳しい発言に対して素直に謝罪する見解を表した。

【会場でしか買えない 全英タオル】

77歳のフレーザーは、4個の金メダルを含め8個のメダルをオリンピックで獲得した女子水泳競技選手。

彼女は火曜日に地元オーストラリアのテレビ局のインタビューに答え、現在行われているウィンブルドンでのキリオスやトミックの短気な振る舞いに対して「この素晴らしい我々のオーストラリアと言う国の次世代の若者に対して、より良いお手本になるべき。もしそれが嫌なら、両親が生まれた場所へ帰りなさい。」と火曜日に発言していた。

オーストラリアで生まれたキリオスは、父親がギリシャで母親がマレーシアの出身。ドイツ生まれのトミックはクロアチア人の父とボスニア生まれの母の元生まれた。そしてトミックが3歳の時に家族はオーストラリアへと移住していた。

フレーザーの発言はソーシャルメディアなどで炎上。当初はその偏見などを弁解していたが、その後キリオスやトミックに対して謝罪するコメントを出していた。

「今朝私が出した、ニック(キリオス)やその家族を含め同じオーストラリアの人達に向けて侮辱に値するコメントに対して、素直に謝りたいと思います。」とフレーザーは謝罪のコメントを火曜日の午後に出していた。

フレーザーはキリオスの態度に対して、あの若さで大金と名声を手にしてしまった結果ではと問われ「もしあんな態度を続けるなら、ここオーストラリアに彼等は必要ない。」と答えていた。

20歳のキリオスはその発言に対して自身の公式ツイッターで「明らかな人種差別、オーストラリアのレジェンドなのに」と呟いていた。

キリオスの母のニルはツイッターで「ドーン・フレーザーの嫌らしい人種差別的な発言にはコメントはない。ただ彼女は言い過ぎている」と思いを呟いていた。

オーストラリアの人種差別委員会のティム・スートフォマセーン氏はナショナル・プレス紙に向けて「ドーン・フレーザーのような発言に反して、ほとんどのオーストラリア人は移住して来た人達やその子孫に対して祖国へ帰れなどと言う事はない。」と自身の見解を述べていた。

当初フレーザーは自身のコメントを肯定していた。

「もし私の発言をそのように受け取るなら、そんな受け取り方をする事を遺憾に思う。しかしながら、私自身は全くもって人種差別主義者などではない。」とメディアに語っていた。

「私が言ったのは、もし彼等がオーストラリア人としていたいと思わないのなら、両親の生まれ故郷へ帰るべきではないかと言う事。それは人種差別などではない。その発言が人種差別的に受け取られてしまっている。そんなつもりはそもそもなかった。」

フレーザーの発言は、キリオスが月曜日にR・ガスケ(フランス)の前に4回戦敗退した後に出されていた。

キリオスは第2セットで主審ともめる場面があり、その直後となる第3ゲームのガスケのサービスゲームで、リターンを故意にしないような素振りを見せた事で観客からブーイングを浴びていた。

キリオスは敗戦となったガスケ戦の最中に故意に負けるような仕草や、やる気のない素振りに反する発言を弁解せざるを得なかった。彼は大会を通して試合中に何度も主審ともめる姿が見受けられていた。

フレーザーは記者からの質問に答え、「本当にうんざり。彼がコートに立ってやる気のないプレーをするなんて。全く酷いこと。」とコメントしていた。

また彼女は、ウィンブルドンで早期敗退したトミックがオーストラリア・テニス協会へ向けて攻撃的なコメントを出した事に対しても意見を述べていた。トミックもキリオスも、その短気な振る舞いは世間に知られている。

フレーザーは現役時代、自由奔放過ぎる行動を取る選手でも知られていた。彼女は1964年の東京オリンピックでは、皇居の外に掲げられていた国旗を故意に盗んだとして逮捕されていた。しかしその後、処罰を下される事なく釈放されていた。

オーストラリア水泳協会はフレーザーに10年間の出場停止処分を下したが、のちにその処分は撤回された。

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・暴れん坊キリオスが大荒れ
・キリオス 3度の警告で失格寸前
・強烈なサービス キリオス茫然


■最新ニュース■ 

・ガスケ 片手バックハンド伝授
・初8強の夢 ジョコに阻まれる
・ジョコ 試合中は時折イライラ
(2015年7月8日12時09分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月25日

大坂なおみ 五輪初戦は元世界1位に決定 (19時19分)

錦織圭 パリ五輪初戦の相手決定 (19時18分)

引退マレー 五輪シングルス欠場 (18時40分)

ガウフ 旗手の大役「本当に光栄」 (11時37分)

ナダル五輪へ「国のためにプレー」 (10時40分)

シナー、パリ五輪欠場「非常に残念で悲しい」 (10時00分)

錦織/ダニエル組 パリ五輪複出場へ (8時46分)

柴原/錦織ペア出場 パリ五輪 (7時14分)

7月24日

必ず5000円以上貰える?!テニス365大会情報 (20時48分)

西岡良仁 2回戦は世界97位に (15時31分)

前週Vの元世界6位、接戦制し2回戦へ (13時01分)

ティーム 最後のクレーは初戦敗退 (11時56分)

5連敗阻止で全仏OPぶり白星 (10時57分)

ナダル/アルカラスのペア名は? (10時05分)

大坂なおみ パリ五輪会場で連日調整 (8時54分)

錦織圭 パリ五輪会場で練習 (8時00分)

元世界1位マレー 現役引退を表明 (7時34分)

7月23日

西岡86位 22日付日本勢世界ランク (15時43分)

柴原瑛菜 シングルスツアー初白星 (14時45分)

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!