- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

暴れん坊キリオスが大荒れ

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は6日、男子シングルス4回戦が行われ、第26シードで20歳のN・キリオス(オーストラリア)は2年連続のベスト8進出を逃した。第21シードのR・ガスケ(フランス)に5-7, 1-6, 7-6 (9-7), 6-7 (6-8)で敗退。試合後、コートを去る時のキリオスは大荒れだった。

この試合、2セットダウンに追い込まれたキリオスは第3セットでマッチポイントを握られるも、ネットに出るガスケの横を抜くパッシングショットを決めるなどで、セットカウント1−2とする。これで勢いに乗るかと思われたが、最後はダブルフォルトを犯してしまい、4回戦敗退となった。

敗戦後のキリオスは大荒れで、ペットボトルを地面に投げつけ、ボールボーイに渡していたタオルを受け取らずにコートを去った。

20歳のキリオスは気性が荒いことで有名。今大会の3回戦では地面に投げつけたラケットが観客席へ飛んでしまうハプニングが起き、今回のガスケ戦でも暴言を吐くなどしていた。

昨年のウィンブルドン2回戦でも両者は対戦しており、その時はキリオスが大接戦の末に勝利していた。その後は4回戦でR・ナダル(スペイン)を破る金星をあげてグランドスラム初のベスト8進出。

今年は全豪オープンで四大大会2度目の8強入り、さらにマドリッド・マスターズではR・フェデラー(スイス)を破るなど勢いに乗っていた。

一方、キリオスに勝利したガスケも第3セットを落とした時にラケットを折っていた。準々決勝では、第4シードのS・ワウリンカ(スイス)と第16シードのD・ゴファン(ベルギー)の勝者と対戦する。

現在29歳のガスケは2007年のウィンブルドンで4強入りしており、今回は2007年以来8年ぶりのベスト8進出となった。

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・キリオス 3度の警告で失格寸前
・強烈なサービス キリオス茫然
・キリオス ハプニング起こす


■最新ニュース■ 

・錦織の飾りが七夕祭りに登場
・錦織 2回戦敗退も約903万円
・サンティラン 錦織に続く気質
(2015年7月7日5時10分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!