- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

BIG4脅かす30歳スタンの存在

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)で、四大大会2度目のタイトル獲得をすると同時に、全仏初制覇を果たした30歳S・ワウリンカ(スイス)。今回の優勝で世界ランク3位A・マレー(英国)と同様のグランドスラム2勝目をあげた。また、大会後に発表された世界ランキングでは4位へ浮上し、N・ジョコビッチ(セルビア)R・フェデラー(スイス)、マレー、R・ナダル(スペイン)のBIG4を脅かす存在となっている。

2014年、ワウリンカは全豪オープンでグランドスラム初優勝を飾った。その後はモンテカルロ・マスターズで優勝するも、全仏オープンではG・ガルシア=ロペス(スペイン)に敗れまさかの初戦敗退。ウィンブルドン・全米オープンは順当にベスト8へ進出するが、BIG4ばかり注目され、全豪オープン優勝の栄光が薄れかけていた。

そして2015年、ディフェンディング・チャンピオンとして出場した全豪オープンでは準々決勝で日本のエース錦織圭(日本)をストレートで破り、2年連続のベスト4進出。準決勝ではジョコビッチとフルセットの激闘を演じが、惜しくも敗退。

以降のツアー大会では3月のインディアンウェルズ・マスターズから早期敗退が続き、思うような結果を残せずにいたが、全仏オープンの前哨戦ローマ・マスターズで自信を取り戻し始めた。そのキッカケとなったが、準々決勝のナダル戦。ワウリンカは思い切りの良いショットを何本も決め、クレーコートでの戦い方を知り尽くしたナダルを圧倒した。

迎えた全仏オープン、ジョコビッチの生涯グランドスラム達成、クレーシーズン無敗のマレー、ナダルの6連覇、フェデラーの6年ぶりタイトル獲得、錦織の四大大会初優勝に注目が集まっていた。

そんな中、ワウリンカは順当にベスト16まで勝ち進み、4回戦で地元G・シモン(フランス)に完勝、準々決勝ではフェデラーとのスイス勢対決をストレートで制して4強入り。準決勝はアウェーの中、センターコート・フィリップ・シャトリエでJW・ツォンガ(フランス)に勝利し、グランドスラム2度目となる決勝の舞台への切符を手にする。

決勝戦、相手は全仏初制覇と生涯グランドスラム達成を狙う王者ジョコビッチ。大方は、今季圧倒的な強さを発揮していたジョコビッチの優勝が頭にあったかもしれない。

第1セットは鉄壁のディフェンスが光ったジョコビッチが先取。

しかし、第2セットからはスーパーショットを次々と決め始めたワウリンカは手がつけられない状態になり、観客も盛り上がり始める。結果、ゾーンに入ったかのように、伝家の宝刀バックハンドのダウンザライン(ストレート方向へのショット)を面白いように決めたワウリンカが、全仏オープン初制覇を果たした。

素晴らしかったのは試合だけではなく、表彰式のスピーチが感動的だった。ワウリンカは優勝したにも関わらず、全仏初制覇と生涯グランドスラム達成が出来なかったジョコビッチをリスペクトした。その時のコメントが以下である。

「ノヴァーク(ジョコビッチ)と決勝で戦うのは最大のチャレンジだった。ノヴァークもここで勝ってほしい。生涯グランドスラムを達成してほしい。あなたを尊敬している。」

テニスが強いだけではなく、ワウリンカの人柄の良さが滲み出ていた表彰式だった。

好不調があるワウリンカだが、安定したテニスが出来ればBIG4の牙城を崩す存在となるのは間違いない。

(コメントはWOWOWから抜粋)




■関連ニュース■ 

・初Vワウリンカ 短パンが話題
・スタン活躍の秘話
・スタン フェデラーの電話出ず


■最新ニュース■ 

・フェデラー全英復活劇なるか
・錦織 悩みはラインの不具合
・錦織より下の世代が脅威
(2015年6月13日20時19分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

1月18日

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

1月17日

ナダルとの練習は「厳しい」 (15時57分)

便の同乗者が感染者に「不運」 (15時56分)

世界7位コーチが豪で感染確認 (14時09分)

ビッグ3 対トップ10勝率で独占 (13時04分)

ダニエル太郎 豪に到着を報告 (11時43分)

西岡良仁 豪の検査陰性を報告 (10時51分)

全豪OPの対応に不満明かす (9時55分)

全豪OP またも陽性者が発覚 (9時41分)

1月16日

全豪OP 選手搭乗機に陽性者 (16時55分)

若手9選手 今季躍進するのは誰? (16時08分)

獲得賞金の10%寄付を発表 (14時22分)

大坂に「一貫性が必要」と指摘 (13時00分)

バーティに伝えた4つのルール (11時49分)

コロナで祖母と叔母亡くし悲痛 (8時29分)

1月15日

大坂 隔離中の写真を公開 (22時09分)

全豪OPのコロナ対策に感銘 (21時30分)

錦織らツアーでの親友明かす (17時35分)

コロナ陽性も渡豪を認める (17時28分)

ヨネックスとJSTAが契約 (15時10分)

膝の故障で全豪OPなど欠場へ (15時08分)

豪に到着「自信を深めたい」 (13時53分)

「勉強と努力が必要」とコルダ (11時49分)

陽性のマレーに全豪「残念」 (10時29分)

渡豪直前にコロナ陽性「失望」 (9時01分)

大坂 24時間密着企画に出演 (7時35分)

大坂なおみ ジョコら豪に到着 (0時52分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!