- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー全英復活劇なるか

男子テニスで、歴代最多グランドスラム17勝を誇る「レジェンド」R・フェデラー(スイス)は、2012年のウィンブルドン以降、四大大会優勝を果たせていない。テニス史上最高のテニスプレーヤーと言われるフェデラーが、29日からのウィンブルドンで大会最多8度目の優勝、さらに3年ぶりとなるグランドスラムの栄冠を手にするかに期待が寄せられる。

2003年のウィンブルドン決勝でM・フィリプーシス(オーストラリア)に勝利し、四大大会初優勝を飾ったフェデラー。最後フィリプーシスのリターンがネットにかかりゲームセット。膝から崩れ落ち、芝をラケットで叩いて、優勝の喜びを噛みしめていたフェデラーは記憶に新しい。

その後は数々の大会で優勝、世界ランキング1位に君臨、これまでの記録を塗り替えるなど圧倒的な強さを発揮していた。

しかしR・ナダル(スペイン)の活躍により、フェデラーが苦しみ始める。

それを象徴したのが2008年のウィンブルドン決勝。当時、フェデラーはナダルに激闘の末に敗れて準優勝に終わり、6連覇の夢を打ち砕かれた。

その後のウィンブルドンは2009・2012年に優勝するが、ナダルに加え、N・ジョコビッチ(セルビア)A・マレー(英国)らのライバル出現により、グランドスラムでのタイトル獲得が難しい状況に。

追い打ちをかけるかのように、調子を落とした2013年のウィンブルドンでは2回戦でS・スタコフスキ(ウクライナ)に敗れる波乱に見舞われた。その後のツアー大会でも格下に負けるなどフェデラーにとって厳しいシーズンだったが、今まで使用していたラケットと形状が違うものに変更し、変化を恐れずに再び頂点を目指す。

そして、かつての力を取り戻し始めたフェデラーは、昨年のウィンブルドン決勝でジョコビッチに敗れ準優勝。2年ぶりの四大大会タイトル獲得まであと一歩だったが、その決勝戦はフェデラーの底力を感じる試合だった。

セットカウント1-2でジョコビッチにリードを許し、第4セットもゲームカウント2-5と絶体絶命。そこから、ミスを恐れず果敢にネットに出たフェデラーは5ゲーム連取し、勝負の行方はファイナルセットへ。

最後は勢いが衰えないジョコビッチに根負けし、第10ゲームでブレークを許して激闘に幕が下りた。スコアは7-6 (9-7), 4-6, 6-7 (4-7), 7-5, 4-6、試合時間は3時間56分だった。

準優勝のフェデラーは、観客に笑顔をふりまくも、寂しげな顔でウィンブルドンの地を後にした。

ジョコビッチ、フェデラー、マレー、ナダルのBIG4と言われる形勢が崩れ始めている今、フェデラーと同胞のS・ワウリンカ(スイス)が波に乗っている。昨年の全豪オープンでグランドスラム初制覇、今年の全仏オープンではジョコビッチの生涯グランドスラム達成を阻んで四大大会2度目のタイトル獲得。

ワウリンカだけでなく、錦織圭(日本)T・ベルディヒ(チェコ共和国)D・フェレール(スペイン)G・ディミトロフ(ブルガリア)、さらにN・キリオス(オーストラリア)J・ソック(アメリカ)ら20代前半の若手も脅威となりうる。

同じスイス勢のワウリンカが活躍する中、フェデラーも負けじと結果を残したいところ。

今年のブリスベン国際で優勝を果たしたフェデラーは、キャリア通算1,000勝を達成。これは男子テニスの歴史の中でもJ・コナーズ(アメリカ)の1,253勝、I・レンドル(アメリカ)の1,071勝に次ぐ3人目となる記念すべき1,000勝利目となった。

今後フェデラーは、15日からの前哨戦であるゲリー・ウェバー・オープンに出場予定。ウィンブルドン優勝のためにも、ここで芝の感覚を掴んで弾みをつけたいところ。

キャリア通算85勝、世界ランキング1位在位記録男子歴代最長302週。33歳のベテランとして活躍し、世界中から愛され続けている「レジェンド」フェデラーは、頂点だけを見て、これからも戦い続ける。




■関連ニュース■ 

・フェデラー ワウリンカと和解
・フェデラー「ジョコ強すぎた」
・フェデラー ディミトロフ称賛


■最新ニュース■ 

・錦織「時差ボケ治したい」
・錦織 悩みはラインの不具合
・錦織より下の世代が脅威
(2015年6月13日13時49分)

その他のニュース

10月27日

シャポバロフ逆転で8強へ (21時48分)

カリーニナ 完勝で8強入り (20時28分)

西岡良仁「今年は難しい年」 (18時18分)

ルブレフ/ハチャノフ 8強入り (18時08分)

フリッツ 快勝で初戦突破 (17時23分)

わずか47分で勝利し初戦突破 (16時53分)

ブブリクがエース数首位 25日付 (16時13分)

加藤未唯組 熱戦制し8強入り (15時48分)

今季シングルス50勝目を達成 (14時09分)

マレーとアルカラスが激突 (14時02分)

マクドナルド 2回戦進出 (12時11分)

YouTube 伸縮式シングルスポールとは (12時06分)

全米OP女王 激闘制し逆転勝ち (11時41分)

ズベレフ 12本エースで快勝 (9時57分)

錦織圭 手に入れた新車を公開 (8時48分)

5ゲーム連取で快勝し初戦突破 (7時58分)

チチパス、ディミとの熱戦制す (7時25分)

10月26日

西岡、予選突破も1回戦敗退 (22時12分)

【1ポイント速報】西岡vsファン・デ・ザンスフルプ (21時06分)

イヴァシカ 快勝で初戦突破 (20時35分)

デ ミノー 元5位にストレート (19時24分)

世界43位 熱戦制し初戦突破 (18時44分)

18歳アルカラス勝利 マレー戦ヘ (18時01分)

日本勢獲得賞金 錦織と大坂首位 (15時55分)

ムグルサら3選手が最終戦出場へ (14時01分)

21歳コルダ 快勝で初戦突破 (12時20分)

シナー 今季獲得賞金が約2億円に (11時27分)

最終戦ランク混戦、残りは2枠 (10時32分)

ベレッティーニ 最終戦出場確定 (8時40分)

マレー 世界10位との激闘制す (7時29分)

10月25日

西岡、1回戦は世界69位と (23時10分)

西岡良仁、接戦制し本戦出場 (21時00分)

大坂なおみ、変わらず10位 (20時50分)

【1ポイント速報】西岡vsキツマノビッチ (17時00分)

錦織ら日本勢 25日付世界ランク (16時23分)

チチパス、ズべレフら 複参戦 (15時54分)

ティアフォー 逆転勝ちで本戦へ (15時17分)

完勝でツアー初V「うれしい」 (15時02分)

大逆転で優勝「諦めなかった」 (14時06分)

錦織 1つ上げて48位に浮上 (13時24分)

復帰マレー「誇りに思う」 (13時10分)

19歳ムセッティ 初の最終戦へ (11時32分)

地元Vでツアー2勝目「夢」 (10時40分)

西岡良仁「感覚掴めてきた」 (8時10分)

20歳シナーが今季4勝目達成 (7時18分)

10月24日

西岡良仁、快勝で予選決勝へ (20時36分)

シュワルツマン 快勝で決勝へ (18時31分)

サッカリの途中棄権で決勝へ (16時57分)

チチパスとディミが初戦で激突 (16時07分)

WJP 団体戦イベントが開催 (15時29分)

今年300位台から最終戦出場へ (12時59分)

コンタベイト 5度目の決勝へ (12時22分)

西岡良仁 世界160位と激突へ (11時16分)

チリッチ、ツアー20勝目に王手 (10時02分)

20歳シナー 今季4勝目に王手 (9時09分)

ルブレフ 2年連続の最終戦へ (8時16分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!