- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織、苦戦するも世界96位下して2年連続4強入り<アメリカ国際インドアテニス選手権>

男子テニスツアーのアメリカ国際インドアテニス選手権(アメリカ/メンフィス、ハード)は14日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードで昨年覇者の錦織圭(日本)が世界ランク96位のA・ボゴモロフJR(ロシア)を3-6, 6-3, 6-2の逆転で下し、2年連続のベスト4進出を決めた。

コーチのM・チャン(アメリカ)が見守る中行われたこの試合、第1セットを落とした錦織は第2セットからサービスの調子を徐々に上げこのセットをとり、セットカウント1−1とする。

そして、第3セットでは第5ゲームでボゴモロフJRのサービスゲームをブレークすると勢いに乗り、第7ゲームもブレークする。その後、第8ゲームのサービング・フォー・ザ・マッチではサービスキープし、2時間18分で逆転勝利をおさめた。

昨年のアメリカ国際インドアテニス選手権で錦織はI・マルチェンコ(ウクライナ)D・ヤング(アメリカ)M・チリッチ(クロアチア)M・マトセビッチ(オーストラリア)F・ロペス(スペイン)を下してツアー3度目のタイトルを獲得しており、今年は大会2連覇を狙う。

《錦織圭が3度目の優勝、31歳を寄せ付けず◇アメリカ国際インドアテニス選手権》

準決勝で錦織は、第3シードのL・ヒューイット(オーストラリア)M・ラッセル(アメリカ)の勝者と対戦する。

もし錦織とヒューイットが対戦する場合は、今回が通算3度目の対戦となる。両者は今年のブリスベン国際男子準決勝で対戦し、その時は錦織が逆転負けを喫している。

《錦織は6度目の決勝進出ならず、元王者に逆転許す<ブリスベン国際男子>》

一方、敗れたボゴモロフJRは、1回戦で第6シードのS・クエリー(アメリカ)、2回戦でR・ハリソン(アメリカ)を下してベスト8へ進出していた。

30歳のボゴモロフJRは、これまでツアー優勝の経験はなく、世界ランキングの自己最高は2011年に記録した33位。

【錦織圭 アメリカ国際インドアテニス選手権 戦歴】

<2013年>
・1回戦 勝利 I・マルチェンコ 6-4, 7-5
・2回戦 勝利 D・ヤング 6-3, 6-3
・準々決勝 勝利 M・チリッチ 6-4, 6-2
・準決勝 勝利 M・マトセビッチ 6-4, 途中棄権
・決勝 勝利 F・ロペス 6-2, 6-3

<2011年>
予選1回戦 勝利 A・ボゴモロフJR 2-6, 6-4, 6-3
予選2回戦 敗退 J・ハイェク(チェコ共和国) 3-6, 1-6

<2009年>
・1回戦 敗退 M・バグダティス(キプロス) 5-7, 3-6

<2008年>
・予選1回戦 勝利 Al・クズネツォフ(アメリカ) 6-4, 6-4
・予選2回戦 敗退 B・レイノルズ(アメリカ) 2-6, 0-3, 途中棄権

錦織


■関連記事■

《錦織が元世界2位チャンを絶賛「世界トップ3のコーチ」》

《錦織、チャンからの助言「内緒です」<デビスカップ>》

《錦織のコーチ チャン、夢でナダルと対決<全豪オープン>》

《優勝の錦織「信じられない気持ち」◇アメリカ国際インドアテニス選手権》

《錦織が2連覇へ前進、世界88位下す<アメリカ国際インドアテニス選手権>》


■関連動画■

《情熱溢れる元王者ヒューイット!若い頃の貴重な映像を大公開!ATP男子ツアーマガジン Vol.202》

《フェデラーやサンプラスを育てたコーチが王者の共通点を明かす!ATP男子ツアーマガジン Vol.202》
(2014年2月15日5時43分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

7月16日

逆転で約3時間の死闘制す (21時28分)

15歳ガウフ 自己最高141位 (20時48分)

MPしのぎ逆転で激闘制す (20時01分)

20歳対決制し初戦突破 (18時49分)

内田海智 快勝でCH初戦突破 (17時30分)

チェッキナート 初戦で完敗 (16時30分)

ジョコ 獲得総数フェデラーに並ぶ (15時13分)

19本エース決めるも敗退 (13時26分)

錦織6位浮上、15日付最終戦ランク (11時02分)

錦織7位 15日付の日本勢ランク (9時09分)

メドヴェデフ 自己最高10位へ (8時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!