- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織は6度目の決勝進出ならず、元王者に逆転許す<ブリスベン国際男子>

男子テニスツアーのブリスベン国際男子(オーストラリア/ブリスベン、ハード)は4日、シングルス準決勝が行われ、第2シードの錦織圭(日本)は元世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)に7-5, 4-6, 3-6のフルセットで敗れ、自身6度目のツアー決勝進出を逃した。

この試合、12本のサービスエースを放った錦織は元王者ヒューイットと互角の打ち合いを展開した。しかし、第3セットに入り失速してしまった錦織は試合を通して2度のブレークを許してしまい、2時間30分の激闘の末に敗れた。

第3セットでヒューイットはファーストサーブが入った時に100パーセントの確率でポイントを獲得していた。

今回の対戦で錦織は元王者ヒューイットとの対戦成績を0勝2敗とした。

今大会は上位4シードの選手が1回戦を免除されているため、2回戦から登場した錦織はM・エブデン(オーストラリア)、元世界ランク9位のM・チリッチ(クロアチア)を下し、ヒューイットとの準決勝へ駒を進めていた。

昨年のブリスベン国際男子で錦織はベスト4進出を果たすも、A・マレー(英国)との準決勝で怪我により途中棄権を余儀なくされた。

2007年にプロへ転向した錦織は、2008年のデルレイビーチ国際テニス選手権で予選を勝ち抜いて本戦出場。決勝では元世界ランク4位のJ・ブレイク(アメリカ)を逆転で破り、ツアー大会で初のタイトルを獲得。優勝は日本人男子のツアーで1992年に韓国オープンを制した松岡修造(日本)以来16年ぶりの快挙となった。

さらに2012年の全豪オープンで錦織は、1995年のウィンブルドンで8強入りした松岡修造以来17年ぶりの日本人男子グランドスラムベスト8進出を果たした。同年の楽天ジャパン・オープンで2勝目をあげた。

そして、2013年のアメリカ国際インドアテニス選手権でツアー3度目の優勝を飾り、世界ランキングでは同年に自己最高となる11位を記録した。

一方、錦織に勝利した32歳のヒューイットは2001年の全米オープン、2002年のウィンブルドンで優勝を飾っており、これまでツアー通算28のタイトルを獲得している。

決勝でヒューイットは、第1シードのR・フェデラー(スイス)と第8シードのJ・シャーディ(フランス)の勝者と対戦する。


【錦織圭 vs レイトン・ヒューイット 過去の対戦成績】

<2014年>
・ブリスベン国際男子準決勝 錦織圭 7-5, 4-6, 3-6 L・ヒューイット

<2011年>
・ウィンブルドン1回戦 錦織圭 1-6, 6-7 (4-7), 7-6 (9-7), 3-6 L・ヒューイット


■関連記事■

《錦織が2時間37分の激闘制す、2年連続4強入り<ブリスベン国際男子>》

《錦織「とても嬉しい」、2年連続ベスト4の壁は元世界9位<ブリスベン国際男子>》

《錦織が本音綴る「悔やむ時が正直あります」「これの為にやっている」》

《錦織組はフルセットで敗れ、ベスト8進出逃す<ブリスベン国際男子>》

《【コラム】衝撃の大金星、錦織がフェデラー下す<激闘シリーズ その1>》


■関連動画■

《全豪オープンテニス2014みどころ》

《2013年スーパープレーの5位から1位を発表!ATP男子ツアーマガジン Vol.198》
(2014年1月4日15時36分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

8月18日

大坂なおみ 世界1位キープ確定 (1時17分)

8月17日

羽澤慎治や小林雅哉が敗退 (23時11分)

佐藤南帆ら単8強出揃う (23時10分)

全日本Jr 17日女子結果一覧 (21時08分)

全日本Jr男子 17日結果一覧 (20時42分)

メドヴェデフ 7位以上が確定 (18時02分)

大坂から世界1位奪取王手 (15時16分)

西岡棄権「点滴2リットル」 (11時56分)

ジョコビッチ 7度目4強入り (11時41分)

大坂なおみ「全米OP心配」 (8時52分)

けがから復活 ガスケ4強へ (8時26分)

大坂なおみ途中棄権 4強逃す (6時27分)

【1ポイント速報】大坂vsケニン (6時25分)

西岡良仁、体調不良で棄権 (4時30分)

【中止】西岡vsゴファン (4時29分)

8月16日

東レ 大坂ら出場選手決定 (20時33分)

全日本Jr女子 16日結果一覧 (19時28分)

全日本Jr 16日男子結果一覧 (19時15分)

フェデラー脱帽「完璧だった」 (18時18分)

大坂8強「うまくできた」 (13時39分)

西岡「最高のプレー出来た」 (13時20分)

ジョコビッチ 9度目の8強へ (12時59分)

大坂なおみ 熱戦制し8強進出 (7時29分)

フェデラー 3回戦敗退の波乱 (6時57分)

【1ポイント速報】大坂vsシュウェイ (6時56分)

西岡良仁 マスターズ初8強 (1時36分)

【1ポイント速報】西岡vsデ ミノー (1時27分)

8月15日

インカレ 15日結果一覧 (20時26分)

大坂 次戦シュウェイを警戒 (19時33分)

錦織らシード勢が初戦敗退 (13時02分)

西岡「錦織は日本のヒーロー」 (11時43分)

錦織圭 勝者の西岡良仁を称賛 (11時16分)

錦織破った西岡「緊張した」 (9時50分)

ズべレフ 5年連続の初戦敗退 (9時28分)

チチパス 死闘の末に初戦敗退 (9時17分)

ワウリンカ破りフェデラー戦へ (9時04分)

シャラポワ破り初戦突破 (9時04分)

錦織、体調不良「息苦しい」 (7時18分)

大坂なおみ 苦戦も初戦突破 (7時00分)

【1ポイント速報】大坂vsサスノビッチ (6時59分)

錦織 西岡にストレート負け (1時54分)

【1ポイント速報】錦織vs西岡 (1時53分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!