- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織が2時間37分の激闘制す、2年連続4強入り<ブリスベン国際男子>

男子テニスツアーのブリスベン国際男子(オーストラリア/ブリスベン、ハード)は3日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードの錦織圭(日本)が元世界ランク9位のM・チリッチ(クロアチア)を6-4, 5-7, 6-2のフルセットで下し、昨年に続きベスト4進出を決めた。

今回の対戦で、錦織はチリッチとの対戦成績を4勝2敗とした。

この試合、両者激しいラリー戦を展開する中、錦織はチリッチに14本のサービスエースを決められた。それに対し、15度のブレークチャンスから3度のブレークに成功した錦織は、2時間37分の激闘の末に勝利をものにした。

昨年のブリスベン国際男子で錦織はベスト4進出を果たすも、A・マレー(英国)との準決勝で怪我により途中棄権を余儀なくされた。

準決勝で錦織は、元世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)とM・コピル(ルーマニア)の勝者と対戦する。

今大会は上位4シードの選手が1回戦を免除されているため2回戦から登場した錦織はM・エブデン(オーストラリア)に完勝し、ベスト8進出を決めていた。

錦織の他にも日本勢から、杉田祐一(日本)が予選3試合を勝ち抜いて本戦へ出場したが、初戦で大接戦の末に敗れた。伊藤竜馬(日本)は予選3回戦で逆転負けを喫した。

一方、錦織に敗れたチリッチは、2013年に禁止薬物反応から出場停止処分を受けていた。今大会では1回戦でD・イストミン(ウズベキスタン)、2回戦では第5シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)を下し、錦織との準々決勝へ駒を進めていた。チリッチは錦織戦で14本のサービスエースを決めたのに対し、11本ものダブルフォルトを犯していた。

【錦織圭 vs マリン・チリッチ 過去の対戦成績】

<2014年>
・ブリスベン国際男子準々決勝 錦織圭 6-4, 5-7, 6-2 M・チリッチ

<2013年>
・アメリカ国際インドアテニス選手権準々決勝 錦織圭 6-4, 6-2 M・チリッチ

<2012年>
・全米オープン3回戦 錦織圭 3-6, 4-6, 7-6 (7-3), 3-6 M・チリッチ

<2011年>
・チェンナイ・オープン1回戦 錦織圭 4-6, 7-6 (7-0), 6-2 M・チリッチ

<2010年>
・全米オープン2回戦 錦織圭 5-7, 7-6 (8-6), 3-6, 7-6 (7-3), 6-1 M・チリッチ

<2008年>
・BNPパリバ・オープン男子1回戦 錦織圭 2-6, 4-6 M・チリッチ


■関連記事■

《錦織「とても嬉しい」、2年連続ベスト4の壁は元世界9位<ブリスベン国際男子>》

《錦織が本音綴る「悔やむ時が正直あります」「これの為にやっている」》

《錦織組はフルセットで敗れ、ベスト8進出逃す<ブリスベン国際男子>》

《フェデラー組が大接戦制す<ブリスベン国際男子>》

《フェデラー、黒塗りラケットで単複に出場<ブリスベン国際男子>》


■関連動画■

《全豪オープンテニス2014みどころ》

《2013年スーパープレーの5位から1位を発表!ATP男子ツアーマガジン Vol.198》
(2014年1月3日13時47分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

1月19日

アザレンカ 選手に向け声明 (18時17分)

故マラドーナ氏の教え明かす (16時36分)

躍進後の変化「慣れるしか」 (15時05分)

全豪欠場へ「5セットは危険」 (13時55分)

内山「72時間缶詰め」から外出 (11時48分)

父の母国へ支援「基本のこと」 (9時24分)

錦織、隔離措置の現状を報告 (7時52分)

1月18日

YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

1月17日

ナダルとの練習は「厳しい」 (15時57分)

便の同乗者が感染者に「不運」 (15時56分)

世界7位コーチが豪で感染確認 (14時09分)

ビッグ3 対トップ10勝率で独占 (13時04分)

ダニエル太郎 豪に到着を報告 (11時43分)

西岡良仁 豪の検査陰性を報告 (10時51分)

全豪OPの対応に不満明かす (9時55分)

全豪OP またも陽性者が発覚 (9時41分)

1月16日

全豪OP 選手搭乗機に陽性者 (16時55分)

若手9選手 今季躍進するのは誰? (16時08分)

獲得賞金の10%寄付を発表 (14時22分)

大坂に「一貫性が必要」と指摘 (13時00分)

バーティに伝えた4つのルール (11時49分)

コロナで祖母と叔母亡くし悲痛 (8時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!