- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織が本音綴る「悔やむ時が正直あります」「これの為にやっている」

男子テニスツアーのブリスベン国際男子(オーストラリア/ブリスベン、ハード)に第2シードで出場している世界ランク17位の錦織圭(日本)が自身の公式ブログで、プロテニスプレーヤーとしての本音を綴った。

現在行われているブリスベン国際男子でM・エブデン(オーストラリア)をストレートで下した錦織は、試合後「今日の朝は少し緊張気味で"またこの緊張と戦う日が来たのだな"と感じていました。」と、初戦である2回戦を終えた感想。

さらに錦織は「緊張がすごい日はなんでこの道を選んでしまったんだ...と悔やむ時が正直あります。団体戦だったらもうちょっと気も楽になるのに。。とか。」と、本音を綴った。

「でも試合が終わった後は勝った負けた関係なしに充実感があるのでこれの為にやっているんだなと再認識します。」

5歳からラケットを握った錦織は、2001年に全国選抜ジュニアと全国小学生大会で優勝を飾り、松岡修造(日本)らが主催する『修造チャレンジ』へ参加。そして、13歳で単身渡米を決意、2007年に17歳9カ月でプロへ転向した。

2012年の全豪オープンでは1995年のウィンブルドンで8強入りした松岡修造以来17年ぶりの日本人男子グランドスラムベスト8進出を果たした。

また、2013年に錦織はツアー大会で3度の優勝を飾り、ムチュア・マドリッド・オープン男子では3回戦でグランドスラム歴代最多17度の優勝を誇るR・フェデラー(スイス)を破る大金星をあげた。さらに世界ランキングでも同年に自己最高となる11位を記録する活躍をみせた。

シーズン開幕戦であるブリスベン国際男子で好スタートを切った錦織は、準々決勝で元世界ランク9位のM・チリッチ(クロアチア)と対戦する。



■関連記事■

《錦織「とても嬉しい」、2年連続ベスト4の壁は元世界9位<ブリスベン国際男子>》

《錦織に元世界1位がインタビュー「松岡修造が世界へ導いてくれた」「メダルを獲りたい」》

《錦織圭のジュニア時代、松岡修造語る<日清食品スペシャルテニスレッスン>》

《錦織圭「修造さんには怒られましたが、今の原動力」》

《錦織、本音語る「プレッシャー」「4大大会で勝つ」「ヒーローが2人いる」》

《錦織が元世界2位チャンを絶賛「世界トップ3のコーチ」》


■関連動画■

《全豪オープンテニス2014みどころ》

《2013年スーパープレーの5位から1位を発表!ATP男子ツアーマガジン Vol.198》
(2014年1月2日12時40分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!