- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織、本音語る「プレッシャー」「4大大会で勝つ」「ヒーローが2人いる」

世界のニュースをリードするCNNが、男子テニスで世界ランク11位の錦織圭(日本)に独占インタビューを行った。以下は、CNNによるものである。

錦織にとって、かつての目標は「プロジェクト45」だったが、今は「プロジェクト10」へと変わった。

プロジェクト45とは、男子テニスの世界ランキングでこれまで日本人最高だった松岡修造(日本)氏の46位を追い抜くこと。錦織は2011年10月に世界47位から30位になり、この目標を達成した。

その後も錦織はN・ジョコビッチ(セルビア)R・フェデラー(スイス)のトップ選手を倒すなど快進撃を続け、現在は自己最高の世界ランク11位となった。

一方で順位が上がれば上がるほど、日本における錦織人気はロックスター並みに押し上げられ、日本人初の4大大会優勝を期待する声も聞かれるようになった。

「(世間からの期待を)あまり考えすぎないようにしている。考えはじめるとプレッシャーになってしまうから。」と、錦織はCNNに語った。

「自分のチームや自分の国、自分のファンとかいろいろなことからプレッシャーを感じることがある。でもそれをうまくコントロールしなくてはならない。次の目標は4大大会で勝つこと。いつか実現出来れば。」

錦織は13歳で日本を離れ、米フロリダ州のニック・ボロテリー・テニスアカデミーに留学。初めは英語も上手く話せなかったが、渡米から5年を経ずしてデルレイビーチ国際テニス選手権でツアー初優勝を果たした。

A・アガシ(アメリカ)M・セレス(アメリカ)、ウィリアムズ姉妹(S・ウィリアムズ(アメリカ)V・ウィリアムズ(アメリカ))の師としても知られるボロテリー氏は錦織を「ショットの名手」と評する。ボロテリー氏はCNNに対し「調子さえ良ければ、錦織は世界中の誰にでも勝てる力をもっている。」と語った。

昨年、錦織は日本人選手として80年ぶりに全豪オープンのベスト8に進出。約40年の歴史を持つ楽天ジャパンオープンでは日本人選手として初めての優勝を遂げた。

今年の全仏オープンでは日本人選手として1938年以来初となる4回戦進出を決めた。だが優勝したR・ナダル(スペイン)に敗北を喫した。

「トップ10の選手とやるのは楽しい。」と錦織は言う。

「ロジャー(フェデラー)は今年、ジョコビッチは2年前に倒した。テニスをやっているのはトップ10の選手と対戦して倒すためだ。」

錦織は「まだナダルやA・マレー(英国)には勝てていない。」とし、こうした選手と対戦して勝利出来るようになるには、まだまだ苦労があるだろうと言う。

今年5月のムチュア・マドリッド・オープン男子3回戦でフェデラーを破った。それでも錦織にとってフェデラーは今もあこがれの対象だ。

「ヒーローが2人いる。1人目は松岡修造さん。(日本人選手として成功した)最初の人物であり、日本で最高のテニス選手だった。そしてフェデラー。今でも彼がプレーするのを見るのが大好きだし、テニス史における真のチャンピオンだと思う。」

世界ランキング上位につける唯一の日本人選手である以上、母国でのスター扱いからは逃れられない。マレーが英国の希望を両肩に背負っているのと同じだが、人口比で言えばその2倍の期待が錦織にはかかっていることになる。

「リラックス出来なかったり、つらかったりすることもある。でも同時に、その時間を楽しもうともしている。そういう風に感じられる人は多くはないだろう。日本に滞在するのは好きだし、帰国を本当に楽しんでいる。」

テニスがもたらした重圧をものともしない錦織。彼は今も、自分が好きなことをひたすら続けている島根出身の少年なのだ。

「自分にとって常にテニスは趣味だった。運がいい。時にはテニスのせいでおかしくなりそうになることもあるけれど大好きだ。(好きなことを)自分の仕事に出来る人間はそう多くない。」

「この瞬間、この生活を楽しみたい。(現役生活は)10〜20年間くらいでそんなに長いわけではないから、頑張ろうと思う。」と錦織は語った。

《トッププレーヤー錦織圭、重圧への対処とテニスへの愛を語る CNN元記事はコチラ》

《錦織圭特集「Project10」》


■関連記事■

《錦織がジョコビッチ破り決勝進出 フェデラーと対戦◇スイス・インドア》

《世界のCNNが錦織圭を独占インタビュー、次なる野望とは》

《錦織「いつまでも彼が僕の目標」、フェデラー戦振り返る》

《錦織圭が3度目の優勝、31歳を寄せ付けず◇アメリカ国際インドアテニス選手権》

《ナダルが錦織を称賛「トップ10入りはすぐに叶うだろう」<全仏オープン>》

《【コラム】「トップ10入り」に向け、錦織圭がハードコートシーズンへ》

《【コラム】100点満点のテニス◇第9弾 2012楽天ジャパンOPシリーズ その4》

《錦織圭が優勝、快挙成し遂げる◇楽天ジャパン・オープン》


■関連動画■

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》

《錦織圭がフェデラーから大金星!ATP男子ツアーマガジン Vol.171》
(2013年8月10日12時23分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月27日

引退シャラポワ「準備できた」 (11時48分)

日比野菜緒 完敗で8強ならず (11時39分)

ジョコ 8強で今季15連勝 (10時47分)

内山 モンフィスに敗れ8強ならず (5時14分)

シャラポワが現役引退へ (0時55分)

2月26日

新SPEED 発売間近 (18時11分)

270位が 第1シード破る金星 (17時58分)

【告知】ナダルvsキツマノビッチ (17時09分)

MP7本凌ぎ元世界1位撃破 (15時02分)

昨年Vキリオスが途中棄権 (14時21分)

ナダル 快勝で5度目の初戦突破 (13時16分)

ジョコ BIG3は「仲がいい」 (12時34分)

デ杯 無観客試合で開催へ (11時35分)

【1ポイント速報】ナダル、キリオスら (11時31分)

チリッチ破り2回戦へ MP4本凌ぐ (10時51分)

ダニエル太郎 熱戦の末に敗退 (9時16分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsクォン (7時07分)

エース35本決め激闘制す (7時01分)

西岡良仁 ドバイ初戦敗退 (0時04分)

2月25日

【1ポイント速報】内山、西岡 (22時45分)

内山靖崇が勝利 モンフィス戦へ (20時59分)

15歳ガウフ 自己最高49位を記録 (17時29分)

18歳が世界7位を撃破 (17時27分)

初戦突破で今季10連勝 (17時20分)

日本限定モデルが発売へ (14時21分)

ダニエル太郎 LLで本戦入り (12時36分)

錦織31位 西岡は最高位を更新 (12時15分)

日比野 アカプルコ初戦突破 (11時52分)

大坂10位 24日付世界ランク (11時30分)

ジョコビッチ 完勝で初戦突破 (11時08分)

2月24日

西岡良仁「少し見失った」 (17時43分)

ガリン 予選勝者に苦戦もV (17時26分)

チチパス連覇「とても満足」 (17時12分)

錦織 世界ランク31位へ後退 (10時19分)

西岡良仁 自己最高48位へ (10時03分)

西岡 デルレイビーチVならず (7時48分)

【1ポイント速報】西岡vsオペルカ (7時45分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!