- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織がジョコビッチ破り決勝進出 フェデラーと対戦◇スイス・インドア

男子テニスツアーのスイス・インドア(スイス/バーゼル、賞金総額183万8100ユーロ、ハード)は5日、シングルス準決勝が行われ、錦織圭(日本)が第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に2-6, 7-6 (7-4), 6-0の逆転で勝利、決勝に進出する大番狂わせを演出した。

昨年の全仏オープン以来の対戦となる両者、第1セットはジョコビッチが世界ランク1位の実力を見せつけるようなプレーを展開し、1−1から4ゲームを連取する。対する錦織は第7ゲームでブレークバックに成功したものの、続く第8ゲームでジョコビッチに3度目のブレークを許し、セットダウンとされてしまう。

第2セットが始まる直前、ジョコビッチはトレーナーをコートに呼び寄せ、右肩のマッサージを受ける。

ジョコビッチのサーブで始まった第2セット、第3ゲームで15−40とブレークチャンスを握った錦織であったが、ここはジョコビッチがキープに成功する。しかし錦織は、第5ゲームでブレークに成功すると、ゲームカウント3−2とリードを奪う。

このまま第2セットを奪いたい錦織であったが、第8ゲームでジョコビッチにブレークバックを許すと、このセットはタイブレークに突入する。今大会の1回戦ではT・ベルディフ(チェコ共和国)を破っていた錦織は、このタイブレークを制すると、試合はファイナルセットに突入する。

接戦が予想された第3セットだが、錦織が一気に6ゲームを連取してジョコビッチを圧倒、2時間16分で決勝進出を決めた。

今シーズンのジョコビッチは、グランドスラムで3勝するなど他を圧倒する成績を残しており、試合に負けたのはわずかに3度のみ。しかも、そのうち2試合は途中棄権であり、敗戦を喫していたのは全仏オープン準決勝での対R・フェデラー(スイス)戦のみであった。

来週発表される世界ランキングで、自己最高記録の更新を確実としている錦織は「信じられません。第2セットからプレーが良くなり、リズムに乗り始めました。」と試合を振り返っている。

一方、今シーズン4敗目を喫したジョコビッチは「彼は徐々にボールを返し始め、全てのショットで気が抜けませんでした。彼の方が良いプレーでしたし、こちらはチャンスを生かせませんでした。第3セットについては、言うべきことはありません。」と、敗戦についてコメントを残している。

今シーズン2度目となるツアー決勝進出を決めた錦織は、2008年のデルレイビーチ以来となるタイトルをかけて、第3シードのフェデラーと決勝で対戦する。ディンフェンディング・チャンピオンのフェデラーはこの日、S・ワウリンカ(スイス)を7-6 (7-5), 6-2のストレートで下し、決勝に進出している。

今大会の優勝賞金は31万8000ユーロ。

(2011年11月6日2時56分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!