- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

優勝の錦織「信じられない気持ち」◇アメリカ国際インドアテニス選手権

男子テニスツアーのアメリカ国際インドアテニス選手権(アメリカ/メンフィス、インドアハード)は決勝戦を行い、第5シードの錦織圭(日本)がノーシードのF・ロペス(スペイン)を6-2, 6-3で一蹴し、1時間7分で嬉しいATPツアー3勝目を飾った。これで錦織は、決勝戦での戦績を3勝2敗とした。

錦織の初優勝は2008年のことで、デルレイビーチの大会でJ・ブレイク(アメリカ)を下してのタイトルだった。

3度目の優勝を果たした錦織は、試合後「今日の自分のプレーには、とても満足している。優勝出来て、信じられない気持ち。」と、コメント。

加えて「重要なポイント全てで、集中するように試みた。1週間通じて、サービスが好調だった。練習をたくさん重ねているから、テニスが向上しているし、もっともっと優勝出来ればいいなと思っている。」と、錦織。

今大会はシード勢が相次いで敗退しており、準決勝に進んだシード選手は錦織ただ1人。23歳の錦織は、優勝まで1セットも落とさない完璧なプレーを披露し、今季の戦績を11勝2敗とした。

2011年4月にバルセロナで行われたクレーの大会で錦織を下していたロペスだったが、この日の決勝戦では錦織の勢いに押されて敗戦を喫した。ロペスは2010年2月のヨハネスブルクの大会以来、久しぶりの優勝を狙っていたが、ツアー3勝目はならなかった。

31歳のロペスは、今回がツアー8度目の決勝戦で、優勝すれば今季最年長優勝を達成、さらに世界ランキングは47位からトップ30入りするところだった。

サービスを得意とするロペスは、大会を通じて38本のサービスエースを放ち、決勝戦でも8本のエースを記録したが、ダブルフォルトは3本犯し、不安定なプレーで敗退した。

決勝戦の錦織は、第1セットでロペスのサービスゲームを2度ブレークすると、このセットを先取する。

第2セットでも勢いを失わなかった錦織は、第1ゲームでロペスのサービスゲームをブレークし、試合の流れを掴む。続く第2ゲームではロペスに反撃され、0−40とブレークポイントを握られる。しかし、そこからデュースにした錦織が2ポイント連続でポイントを獲得、ゲームカウント2−0とすると、このリードを維持して第2セットをゲームカント6−3で奪取、嬉しい優勝を決めた。

最後、第9ゲームのロペスのサービスゲームでは、錦織が15−30からバックのパッシングショットを決め、15−40とする。その後のポイントでは、ロペスにポイントを取られるも、30−40からのポイントでロペスのバックハンドがアウトし、ゲームセットとなった。勝利を決めた錦織は、ラケットをコートに落とし、両腕を上げて勝利を噛みしめた。


■関連記事■

《錦織圭が3度目の優勝、31歳を寄せ付けず◇アメリカ国際インドアテニス選手権》

《錦織圭が思わぬ形で決勝へ、ツアー3勝目なるか◇アメリカ国際インドアテニス選手権》

《錦織圭が第1シード撃破、4強決める◇アメリカ国際インドアテニス選手権》

《錦織圭、今季2度目の8強◇アメリカ国際インドアテニス選手権》

《錦織圭、予選勝者を圧倒◇アメリカ国際インドアテニス選手権》

《錦織圭が優勝、快挙成し遂げる◇楽天ジャパン・オープン》

《快挙をあげた錦織圭が喜びの会見◇楽天ジャパン・オープン》

(2013年2月25日11時03分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!