- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織圭が第1シード撃破、4強決める◇アメリカ国際インドアテニス選手権

男子テニスツアーのアメリカ国際インドアテニス選手権(アメリカ/メンフィス、賞金総額121万2,750ドル、インドアハード)は、シングルス準々決勝が行われ、第5シードの錦織圭(日本)が第1シードのM・チリッチ(クロアチア)を6-4, 6-2のストレートで下し、ベスト4進出を決めた。錦織は決勝進出をかけて、第7シードのA・ドルゴポロフ(ウクライナ)M・マトセビッチ(オーストラリア)の勝者と準決勝で対戦する。

錦織とチリッチはこれまで4度対戦し、2勝2敗としていた。直近の対戦は昨年の全米オープン3回戦で、その時はチリッチが勝利していた。また、チリッチの自己最高ランクは2010年に記録した9位だった。

この試合、第1セットで錦織はチリッチと激しいラリー戦を展開し、1度ブレークを許すも2度のブレークに成功した錦織が、このセットを42分で先取する。

第2セットは試合の流れを掴んだ錦織が、第3ゲームでフォアハンドのリターンエースを決めるなどでブレークに成功、ゲームカウント2−1とする。このゲームでブレークを許したチリッチは苛立ちが募り、ラケットを折った。

その後も好調を維持した錦織は、リズムを崩したチリッチの隙をつき、第5ゲームもブレークする。以降、錦織は安定したサービスゲームを展開し、世界ランク12位のチリッチに勝利した。

今大会で錦織は、I・マルチェンコ(ウクライナ)D・ヤング(アメリカ)を下し、ベスト8進出を決めていた。また、今年に入り錦織は、ブリスベン国際男子でベスト4進出を果たすも、準決勝のA・マレー(英国)戦で左膝の負傷により、途中棄権を申し入れていた。全豪オープンでは、昨年に続きベスト16へ進出するも、4回戦でD・フェレール(スペイン)に敗れ、2年連続の8強入りを逃していた。


■関連記事■

《錦織圭、今季2度目の8強◇アメリカ国際インドアテニス選手権》

《錦織圭、予選勝者を圧倒◇アメリカ国際インドアテニス選手権》

《第4シードが姿消すも、錦織圭は第1シードとの対戦決める◇アメリカ国際インドアテニス選手権》

《【コラム】期待高まる錦織圭、第5シードで再始動》

《錦織圭vsチリッチの緊急放送が決定◇アメリカ国際インドアテニス選手権》

(2013年2月23日6時25分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

1月19日

アザレンカ 選手に向け声明 (18時17分)

故マラドーナ氏の教え明かす (16時36分)

躍進後の変化「慣れるしか」 (15時05分)

全豪欠場へ「5セットは危険」 (13時55分)

内山「72時間缶詰め」から外出 (11時48分)

父の母国へ支援「基本のこと」 (9時24分)

錦織、隔離措置の現状を報告 (7時52分)

1月18日

YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

1月17日

ナダルとの練習は「厳しい」 (15時57分)

便の同乗者が感染者に「不運」 (15時56分)

世界7位コーチが豪で感染確認 (14時09分)

ビッグ3 対トップ10勝率で独占 (13時04分)

ダニエル太郎 豪に到着を報告 (11時43分)

西岡良仁 豪の検査陰性を報告 (10時51分)

全豪OPの対応に不満明かす (9時55分)

全豪OP またも陽性者が発覚 (9時41分)

1月16日

全豪OP 選手搭乗機に陽性者 (16時55分)

若手9選手 今季躍進するのは誰? (16時08分)

獲得賞金の10%寄付を発表 (14時22分)

大坂に「一貫性が必要」と指摘 (13時00分)

バーティに伝えた4つのルール (11時49分)

コロナで祖母と叔母亡くし悲痛 (8時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!