- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織が2連覇へ前進、世界88位下す<アメリカ国際インドアテニス選手権>

男子テニスツアーのアメリカ国際インドアテニス選手権(アメリカ/メンフィス、ハード)は12日、シングルス2回戦が行われ、2連覇を狙う第1シードの錦織圭(日本)が世界ランク88位のB・ベッカー(ドイツ)を6-4, 6-4のストレートで下し、危なげなくベスト8進出を果たした。

今大会の上位4シード選手は1回戦を免除されているため、錦織は2回戦からの登場。

この試合、錦織は自身のサービスゲームで3度のブレークを許すも、ベッカーのサービスゲームでは8度のブレークチャンスから5度のブレークに成功し、8強入りを決めた。

準々決勝で錦織は、A・ボゴモロフJR(ロシア)と対戦する。

《錦織が勝利した場合、準々決勝は世界96位<アメリカ国際インドアテニス選手権>》

ボゴモロフJRは1回戦で第6シードのS・クエリー(アメリカ)、2回戦でR・ハリソン(アメリカ)を下し、ベスト8進出を決めている。

30歳のボゴモロフJRは、これまでツアー優勝の経験はなく、世界ランキングの自己最高は2011年に記録した33位。

シード勢が順当に勝ち進んだ場合、錦織は準決勝で第3シードのL・ヒューイット(オーストラリア)と対戦する可能性がある。

昨年のアメリカ国際インドアテニス選手権で錦織はI・マルチェンコ(ウクライナ)D・ヤング(アメリカ)M・チリッチ(クロアチア)M・マトセビッチ(オーストラリア)F・ロペス(スペイン)を下し、ツアー3度目のタイトルを獲得しており、今年は大会2連覇を狙う。

一方、錦織に敗れた32歳のベッカーは、2006年の全米オープン3回戦でA・アガシ(アメリカ)を破り4回戦へ進出。また、アガシはベッカーとの試合が現役生活で最後の試合だった。

《さようなら、アガシ、現役最終戦は感動のるつぼに》

【錦織圭 アメリカ国際インドアテニス選手権 戦歴】

<2013年>
・1回戦 勝利 I・マルチェンコ 6-4, 7-5
・2回戦 勝利 D・ヤング 6-3, 6-3
・準々決勝 勝利 M・チリッチ 6-4, 6-2
・準決勝 勝利 M・マトセビッチ 6-4, 途中棄権
・決勝 勝利 F・ロペス 6-2, 6-3

<2011年>
予選1回戦 勝利 A・ボゴモロフJR 2-6, 6-4, 6-3
予選2回戦 敗退 J・ハイェク(チェコ共和国) 3-6, 1-6

<2009年>
・1回戦 敗退 M・バグダティス(キプロス) 5-7, 3-6

<2008年>
・予選1回戦 勝利 Al・クズネツォフ(アメリカ) 6-4, 6-4
・予選2回戦 敗退 B・レイノルズ(アメリカ) 2-6, 0-3, 途中棄権


■関連記事■

《錦織圭が3度目の優勝、31歳を寄せ付けず◇アメリカ国際インドアテニス選手権》

《錦織、ナダル戦後「シャワー浴びながら号泣」<全豪オープン>》

《錦織が思わぬ形で勝利、日本がワールドグループ初8強入りの快挙<デビスカップ>》

《王者ナダルが錦織を絶賛「トップ10に入る可能性がある1人」<全豪オープン>》


■関連動画■

《情熱溢れる元王者ヒューイット!若い頃の貴重な映像を大公開!ATP男子ツアーマガジン Vol.202》

《フェデラーやサンプラスを育てたコーチが王者の共通点を明かす!ATP男子ツアーマガジン Vol.202》
(2014年2月13日13時06分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月17日

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

10月14日

フェデラー、イズナーに勝利 (20時48分)

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!