- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織、自己最高16強への壁は「弱点がない」世界28位<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は27日、男子シングルス2回戦が行われ、第12シードの錦織圭(日本)が世界ランク84位のL・マイェール(アルゼンチン)を7-6 (7-5), 6-4, 6-2のストレートで下すシードの貫録を見せつけ、2年連続の3回戦進出を決めた。世界ランク11位の錦織は、1995年にベスト8進出を果たした松岡修造(日本)以来18年ぶりの日本人男子8強入りを狙う。

この試合、錦織は5本のダブルフォルトを犯すも、ファーストサーブが入った時に72パーセントの確率でポイントを獲得、さらに29本のウィナーを放ち、2時間22分で2回戦突破を決めた。

試合後、錦織は「今日も内容は良かったですね。なるべくベースラインから下がらないように意識していた。今日は様子見もあり、第1セットはタイブレークへもつれた。(マイェールの)サーブは良かった。フラットでワイドにくるので、珍しいサーブだった。」と、コメント。

リターンゲームで錦織は、44パーセントの確率でポイントを獲得、さらにマイェールのサービスゲームを12度のブレークチャンスから5度のブレークに成功した。

リターンのポジションを変えていた事については「(マイェールは)ダブルフォルトが多かったので、前に入ってみたりして、なるべくプレッシャーをかけた。」と、錦織。

加えて「スライスでしのいで、ストローク戦に持ち込めた。今大会はバックハンドの調子も良い。サーブも調子は良いので、このまま行きたいですね。」と、確かな手応えを感じていた。

ウィンブルドンで初のベスト16進出をかけて錦織は、3回戦で第23シードのA・セッピ(イタリア)と対戦する。セッピは2回戦で33歳のベテランM・ロドラ(フランス)から第1セットを先取した時点で、ロドラの途中棄権申し入れにより、思わぬ形で3回戦進出となった。

錦織とセッピは、2011年のスイス・インドアで対戦しており、その時は錦織が6-3, 7-6 (7-4)のストレートで勝利している。

セッピについて、錦織は「彼(セッピ)は芝でいい成績を残している。彼の良さはストロークがとても良くて、フォアもバックも弱点がない。」と、話した。

世界ランク28位のセッピは、これまで3度のツアー優勝を飾っており、今年1月に自己最高となる18位を記録している。セッピのウィンブルドン自己最高成績は、2008・2009年の3回戦進出である。

シード勢が順当に勝ち進んだ場合、錦織は4回戦で第8シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、準々決勝で第4シードのD・フェレール(スペイン)と対戦する可能性がある。

今後については「この調子でどんどんいきたいですし、これからはシードの選手と当たるので、よりタフな試合になると思う。今日みたいなプレーを心掛けたいと思います。」と、意気込みを語った。

錦織のウィンブルドンでの自己最高成績は昨年の3回戦進出で、その時はデル=ポトロにストレートで敗れた。

その他の日本勢では42歳のクルム伊達公子(日本)がウィンブルドンで1996年以来17年ぶりの2回戦突破と同時に、1968年のオープン化以降最年長となる3回戦進出を決めた。予選から勝ち上がった添田豪(日本)は第9シードのR・ガスケ(フランス)と対戦し、セットカウント1−3で敗れ2回戦敗退となった。

また、今年のウィンブルドンは上位シード勢が早期敗退する波乱が続出しており、大会7度の優勝を誇る第3シードのR・フェデラー(スイス)は2回戦、第5シードのR・ナダル(スペイン)は初戦で敗れる大波乱に見舞われた。フェデラーがグランドスラムでベスト8を前に敗れるのは2004年の全仏オープン以来、ナダルのグランドスラム初戦敗退は2001年にプロ転向して以来キャリア初の事だった。

さらに、今年は棄権を申し入れる選手も続出しており、ナダルを破る大金星を飾ったS・ダルシス(ベルギー)、第10シードのM・チリッチ(クロアチア)は2回戦を前に棄権申し入れた。さらに第16シードのP・コールシュライバー(ドイツ)G・ペラ(アルゼンチン)は1回戦、第6シードのJW・ツォンガ(フランス)、第18シードのJ・アイズナー、R・シュティエパネック(チェコ共和国)、ロドラは2回戦で試合途中に棄権申し入れている。

【錦織圭 ウィンブルドン戦歴】

<2012年>
・1回戦 勝利 M・ククシュキン(カザフスタン) 7-5, 6-3, 6-4
・2回戦 勝利 F・セラ(フランス) 6-3, 7-5, 6-2
・3回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ 3-6, 6-7 (3-7), 1-6

<2011年>
・1回戦 敗退 L・ヒューイット(オーストラリア) 1-6, 6-7 (4-7), 7-6 (9-7), 3-6

<2010年>
・1回戦 敗退 R・ナダル 2-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・1回戦 敗退 M・ジケル(フランス) 6-4, 5-7, 途中棄権

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《最年長勝利のクルム伊達、17年ぶりの3回戦<ウィンブルドン>》

《錦織「サービスが良かった」、トップ10入りは「位置を確立」<ウィンブルドン>》

《錦織に続いた添田「シナリオ通り」、第9シードとの対戦へ<ウィンブルドン>》

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

《ナダルがプロ転向以来初の初戦敗退、2年連続の大波乱<ウィンブルドン>》

《7度優勝フェデラーにまさかの波乱「こんな結果は望んでいない」<ウィンブルドン>》

《フェデラーから金星飾ったスタコフスキ「人生で最高のプレー」<ウィンブルドン>》


■関連動画■

《錦織圭がフェデラーから大金星!ATP男子ツアーマガジン Vol.171》

《錦織がナダル、フェレールらと豪華ミニラリー!ATP男子ツアーマガジン Vol.169》
(2013年6月28日5時10分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

1月26日

フェデラー 序盤苦戦も8強へ (21時47分)

【1ポイント速報】全豪OP4回戦 (19時07分)

8強ジョコ「うまくできた」 (18時59分)

全豪OP 会場ファン国歌熱唱 (18時57分)

ジョコ撃破なるか「支配する」 (16時40分)

【告知】メドヴェデフ、ナダルら4回戦 (16時32分)

大坂破った15歳ガウフ敗退 (14時55分)

キリオス「ナダル知らない」 (11時27分)

ナダル、キリオス戦へ見解 (10時53分)

ジョコ 4回戦へ最終調整 (10時36分)

1月25日

キリオス 死闘制し全豪16強 (21時59分)

【1ポイント速報】全豪OP3回戦 (16時57分)

プリスコバ敗退「驚きない」 (16時49分)

ナダル完勝 全豪13度目16強 (15時19分)

土居組 日比野/二宮を破る (12時48分)

錦織 2月NYオープン欠場 (11時12分)

死闘フェデラー「タフだった」 (9時53分)

ジョコ「西岡を走らせた」 (9時31分)

大坂撃破ガウフ「証明できた」 (1時45分)

1月24日

フェデラー 劇的勝利で16強 (22時58分)

【1ポイント速報】フェデラーvsミルマン (20時38分)

西岡 ジョコに完敗「勝てない」 (20時25分)

大坂「みんなに申し訳ない」 (19時38分)

大坂敗退 全豪OP連覇ならず (18時23分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsガウフ (17時00分)

セリーナ「勝てる試合だった」 (16時12分)

ジョコ完勝「サーブよかった」 (15時40分)

西岡良仁 ジョコビッチに完敗 (15時22分)

大坂なおみ 3回戦へ最終調整 (15時07分)

涙ウォズニアッキ 現役引退へ (13時51分)

【1ポイント速報】西岡vsジョコビッチ (13時30分)

日比野/二宮 土居組と複で激突 (13時08分)

【ヘッド】「大変貌を遂げた赤いプレステージ5機種の全貌」 (12時10分)

西岡良仁 ジョコ戦へ最終調整 (10時50分)

1月23日

ナダル、ボール直撃でお詫び (22時26分)

ナダル 全豪14度目の3回戦へ (21時54分)

森林火災の豪へチャリティー企画 (21時50分)

杉田撃破「準備できてた」 (19時43分)

杉田 敗退も「自信になってる」 (18時37分)

【1ポイント速報】ナダルvsデルボニス (18時30分)

杉田祐一 全豪OP2回戦敗退 (16時53分)

【1ポイント速報】杉田祐一vsルブレフ (14時50分)

鼻血出るアクシデントも勝利 (14時39分)

フェデラー Forbesの表紙に (14時10分)

全豪で引退ウォズニアッキ勝利 (12時33分)

苦戦も全豪2年連続3回戦へ (11時23分)

全豪OP 悪天候で開始時間遅延 (9時57分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!