- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーから金星飾ったスタコフスキ「人生で最高のプレー」<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は26日、男子シングルス2回戦が行われ、これまで今大会で実に7度の優勝を誇り、ディフェンディング・チャンピオンとして臨んでいた第3シードのR・フェデラー(スイス)が敗退する波乱が起きた。その波乱を演出したのはS・スタコフスキ(ウクライナ)で、フェデラーを6-7 (5-7), 7-6 (7-5), 7-5, 7-6 (7-5)の逆転で下した。

フェデラーがグランドスラムでベスト8を前に敗れるのは2004年の全仏オープン以来で、その時は3回戦でG・クエルテン(ブラジル)に敗れた。またフェデラーが3回戦を前に敗退するのは、グランドスラムでは全仏オープン初戦で敗れた2003年以来10年ぶり、ウィンブルドンでは初戦敗退した2002年以来11年ぶりの事となった。

スタコフスキは「自分に起きた事がまだ信じられない。これまでのテニス人生で最高のプレーが出来た。でも彼(フェデラー)を倒すには十分だとは思っていなかった。今は本当に幸せな気持ちで一杯さ。」と、芝の王者を下す金星を飾った喜びを表していた。

「このウィンブルドンでフェデラーと対戦するのは、今のフェデラー自身と、センターコートに立つ彼の歴史、この2つと対戦するようなもの。最初は恥ずかしくない試合が出来たらと思っていた。自分のサーブを何とかキープして、タイブレークに持ち込めたらってね。第4セットは先にブレークしてちょっと硬くなってしまった。そのまま勝利を手にするのは難しかった。でもそんな状況でこうして勝つ事が出来て、本当に嬉しい。」

そして「まさにマジックさ。今日以上のプレーは出来ないね。必要なプレーは全てしたし、したいプレーも全て出来た。ネットでのボレーも本当に上手く行ったんだ。本当に最高の一日になったよ。」と、喜びを隠せずにいた。

フェデラーについてスタコフスキは「彼は最高の選手なんだ。今までも多くの歴史を刻んだ選手だし、今だってそうさ。そして人間としても、この場所にふさわしい人間である事や、多くを成し得る優れた人になれるということを教えてもくれた。そして、本当に尊敬に値する人物なんだ。」と、フェデラーへの敬う気持ちを深めていた。

また敗れたフェデラーはスタコフスキに対し「彼があのプレーをして来るのは分かっていた。あれが彼の戦術だったと思う。勝利するには、立てた戦術をしっかりプレー出来て、ビッグサーブをしっかり打って、十分なフットワークを使う事が出来たら、加えてブレークに必要な良いリターンが時には出来る必要がある。まさしく彼はそれをしっかりして来たんだ。そんな彼のプレーには脱帽させられたよ。今後、サーブ・アンド・ボレーをするつもりはないけど、将来はそれを多用する選手が現れて欲しいね。」と、ただ称賛していた。

スタコフスキはJ・ライスター(ドイツ)を3-6, 7-6 (7-2), 7-6 (7-5), 6-2の逆転で下したJ・メルツァー(オーストリア)と3回戦で対戦する。

次の試合へ向けてスタコフスキは「次の試合でも最高のパフォーマンスが出来る事を願うよ。また勝利を手にするためにはそれが必要なんだ。今日の勝利も素晴らしい物だったけど、まだ大会全てで勝利したわけじゃない。2回戦を勝っただけなんだ。まだあと5試合あるんだ。」と次の試合へ気持ちを新たにしていた。

《ウィンブルドン 男女対戦表》

■関連記事■

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

《引退についてフェデラー「それは突然訪れる」》

《ナダルがプロ転向以来初の初戦敗退、2年連続の大波乱<ウィンブルドン>》

《誤解についてフェデラー「これ以上、話はしたくない」》

《「優勝の瞬間を味わいたい」フェデラーが完璧な1回戦<ウィンブルドン>》

■関連動画■

《錦織がフェデラーから大金星!ATP男子ツアーマガジン Vol.171》

《フェデラーがスリル満点なイベントに参加!ATP男子ツアーマガジン Vol.169》

この日行われた試合結果は以下の通り。

D・ブラウン(ジャマイカ) vs. ●L・ヒューイット(オーストラリア), 6-4, 6-4, 6-7, 6-2
V・トロイキ(セルビア) vs. ●A・クズネツォフ(ロシア), 6-4, 6-3, 6-4
J・アイズナー(アメリカ)(18) vs. ○A・マンナリノ(フランス), 1-1 (途中棄権)
J・ヤノヴィッツ(ポーランド)(24) vs. ●R・シュティエパネック(チェコ共和国), 6-2, 5-3 (途中棄権)
J・ベネトー(フランス)(31) vs. ○F・ベルダスコ(スペイン), 6-7, 6-7, 4-6
M・ヨージニ(ロシア)(20) vs. ●V・ポスピシル(カナダ), 6-2, 6-7, 7-6, 3-6, 6-4
B・ペール(フランス)(25) vs. ●S・ロバート(フランス), 6-4, 7-5, 6-4
N・アルマグロ(スペイン)(15) vs. ●G・ルファン(フランス), 7-5, 6-7, 6-3, 6-4
JW・ツォンガ(フランス)(6) vs. ○E・ガルビス(ラトビア), 6-3, 3-6, 3-6, 0-0 (途中棄権)
S・ダルシス(ベルギー) vs. ○L・クボット(ポーランド) (途中棄権)
○J・メルツァー vs. ●J・ライスター, 3-6, 7-6, 7-6, 6-2
A・マレー(英国)(2) vs. ●ルー・イェンスン(台湾), 6-3, 6-3, 7-5
T・ロブレド(スペイン)(32) vs. ●N・マウー(フランス), 7-6, 6-1, 7-6
J・モナコ(アルゼンチン)(22) vs. ●R・ラム(アメリカ), 5-7, 6-2, 6-4, 6-2
●R・フェデラー(3) vs. ○S・スタコフスキ, 7-6, 6-7, 5-7, 6-7
M・チリッチ(クロアチア)(10) vs. ○K・ド=シェッパー(フランス) (途中棄権)

(2013年6月27日16時46分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

1月19日

キリオス「切り替え簡単じゃない」 (18時13分)

【告知】大坂vsブズコバ (17時53分)

【告知】全豪オープン1回戦 (16時55分)

21歳アンベール 悲願の初V (14時45分)

【告知】フェデラーvsジョンソン (12時56分)

バーティ 今季初Vで全豪に弾み (11時16分)

2週連続でV「素晴らしい」 (10時05分)

1月18日

西岡 初戦相手は「謎」 (21時14分)

フェデラー会見 2年ぶりV狙う (14時46分)

守屋宏紀 全豪OP本戦ならず (13時10分)

日比野菜緒 全豪OP本戦入り (12時45分)

大坂 初戦相手「知らない」 (12時33分)

大坂なおみ 新コーチに手応え (12時03分)

修造氏「大坂の力は世界一」 (11時13分)

今季負けなし、2週連続決勝へ (9時35分)

大坂 全豪OP会場で練習 (8時57分)

1月17日

バーティ 苦戦も決勝へ進出 (19時15分)

イズナー下し初の決勝「最高」 (17時51分)

ブライアン兄弟が練習試合 (16時17分)

19歳ヤストレンスカ 決勝へ (14時42分)

ジョコ、ナダルら 会場で練習 (14時09分)

「ストリングの未来予想図」 (12時56分)

マレー 治療長引く「無理しない」 (12時21分)

ナダル、ジョコら全豪OP組合せ (11時35分)

日比野 全豪OP予選決勝へ (11時10分)

守屋宏紀 全豪OP本戦へ王手 (10時20分)

1月16日

日比野菜緒 熱戦制し初戦突破 (20時36分)

大坂なおみを支えるYONEX (20時04分)

大坂、全豪初戦は世界59位 (18時55分)

西岡 初戦は世界40位ジェレ (17時36分)

シャポバロフ敗退 4強ならず (15時47分)

ナダルらBIG3 会場で練習 (13時42分)

デ ミノー 全豪OP欠場を発表 (12時57分)

ダニエル太郎と添田豪は敗退 (12時31分)

体調不良で棄権「悲しい」 (11時56分)

オジェアリアシム 快勝で8強 (11時03分)

大坂 ローレウス賞候補に (10時11分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!