- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

最年長勝利のクルム伊達、17年ぶりの3回戦<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は27日、女子シングルス2回戦が行われ、42歳のクルム伊達公子(日本)A・カダントゥ(ルーマニア)を6-4, 7-5のストレートで下し、ウィンブルドンでは1996年以来17年ぶりの2回戦突破と同時に、1968年のオープン化以降最年長となる3回戦進出を決めた。クルム伊達は、2004年のウィンブルドンで2回戦進出を果たした当時47歳のM・ナブラチロワ(アメリカ)の記録を更新した。

2回戦でクルム伊達は21本の凡ミスを犯すも、17本のウィナーを放った。さらにカダントゥのサービスゲームを7度のブレークチャンスから5度のブレークに成功し、1時間25分で勝利した。

クルム伊達は1回戦で18歳のC・ビットヘフト(ドイツ)に快勝し、2年ぶりに初戦突破を果たしていた。

勝利したクルム伊達は3回戦で、第1シードで世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)C・ガルシア(フランス)の勝者と対戦する。セリーナは、昨年のウィンブルドンで優勝を飾っており、今年は大会6度目の優勝を狙う。

クルム伊達のウィンブルドン自己最高記録は1996年のベスト4進出で、その時は準決勝でS・グラフ(ドイツ)にフルセットで敗れている。

42歳のクルム伊達は、今年の全豪オープン1回戦でN・ペトロワ(ロシア)をストレートで下し、オープン化以降最年長勝利記録更新した。さらに2回戦ではS・ペア(イスラエル)を破り、全豪オープンシングルスで1995年以来18年ぶりとなる3回戦進出の活躍をみせた。

今大会でクルム伊達はA・パーラ=サントンハ(スペイン)とのダブルスにも出場し、1回戦でC・マーケイル(アメリカ)/ T・パスゼック(オーストリア)組と対戦する。また、森田あゆみ(日本)/ S・キルスチャ(ルーマニア)組は、初戦でK・フリッペンス(ベルギー)/ M・リバリコワ(スロバキア)組と対戦する。

今年のウィンブルドンは上位シード勢が早期敗退する波乱が続出しており、第5シードのS・エラーニ(イタリア)、第10シードのM・キリレンコ(ロシア)は初戦敗退、第3シードのM・シャラポワ(ロシア)、第9シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)と第12シードのA・イバノビッチ(セルビア)、第16シードのJ・ヤンコビッチ(セルビア)は2回戦で姿を消している。第2シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)は右膝の負傷により、2回戦を前に棄権を申し入れている。

その他の日本勢では、森田あゆみはM・イラコビッチ(ニュージーランド)に、土居美咲(日本)S・ソレル=エスピノーサ(スペイン)に敗れ、初戦で姿を消した。

さらに、男子では大会7度の優勝を誇るR・フェデラー(スイス)と第5シードのR・ナダル(スペイン)が敗れる大波乱に見舞われた。フェデラーがグランドスラムでベスト8を前に敗れるのは2004年の全仏オープン以来、ナダルのグランドスラム初戦敗退は2001年にプロ転向して以来キャリア初の事だった。

第12シードの錦織圭(日本)と予選3試合を勝ち抜いた添田豪(日本)は、ともにストレート勝利で2回戦進出を決めている。

《ウィンブルドン 男女対戦表》

《クルム伊達選手、東レPPOテニス2013にエントリー!詳しくはこちらから》


■関連記事■

《42歳クルム伊達「ほぼ完璧」、わずか44分で2年ぶり初戦突破<ウィンブルドン>》

《錦織「サービスが良かった」、トップ10入りは「位置を確立」<ウィンブルドン>》

《錦織に続いた添田「シナリオ通り」、第9シードとの対戦へ<ウィンブルドン>》

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

《ナダルがプロ転向以来初の初戦敗退、2年連続の大波乱<ウィンブルドン>》

《シャラポワが予選勝者の世界131位に敗れる、4年ぶり3度目<ウィンブルドン>》
(2013年6月28日4時23分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!