- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

42歳クルム伊達「ほぼ完璧」、わずか44分で2年ぶり初戦突破<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は25日、女子シングルス1回戦が行われ、42歳のクルム伊達公子(日本)が予選から勝ち上がった18歳のC・ビットヘフト(ドイツ)を6-0, 6-2のストレートで下し、2年ぶりとなる2回戦進出を決めた。

この試合、クルム伊達は自身のサービスゲームでファーストサーブが入った時に71パーセント、セカンドサーブ時には77パーセントの高い確率でポイントを獲得した。さらに、凡ミスを8本に抑え17本のウィナーを決めたクルム伊達は、ビットヘフトのサービスゲームを6度ブレークし、わずか44分で勝利した。

試合後クルム伊達は、対戦相手のビットヘフトについて「限られた情報の中で戦うしかなかった。予選から勝ち上がって勢いがある分、怖い部分があった。」と、コメント。

さらに「自分のプレーをどうするかがキーだった。ほぼ完璧に近いプレーが出来たと思います。これだけの大舞台で、自分でも満足いくプレーだった。」と、クルム伊達。

「彼女(ビットヘフト)はパワーがあるので、私は芝を上手く使って相手のパワーを利用した。自分のプレーが出しやすい場所なので、それが今日はいい形で出せた。」

現役復帰後、ウィンブルドンで2度目の初戦突破を果たしたクルム伊達は2回戦で、第28シードのT・パスゼック(オーストリア)A・カダントゥ(ルーマニア)の勝者と対戦する。

2回戦に向けて、クルム伊達は「先週からここでずっと練習してきて、いい形で調整している。心配な腰は、今日不安なく戦い抜けた。疲労をいかに溜めずに次へ向かうかが大切になる。いい状態でコートに入れるようにしたい」と、語った。

クルム伊達のウィンブルドン自己最高記録は1996年のベスト4進出で、その時は準決勝でS・グラフ(ドイツ)にフルセットで敗れた。

クルム伊達は、今年の全豪オープン1回戦でN・ペトロワ(ロシア)をストレートで下し、オープン化以降最年長勝利記録更新した。さらに2回戦ではS・ペア(イスラエル)に勝利し、全豪オープンシングルスで1995年以来18年ぶりとなる3回戦進出を果たす活躍をみせた。

その他の日本勢では、森田あゆみ(日本)が1回戦でM・イラコビッチ(ニュージーランド)と対戦する。土居美咲(日本)は初戦でS・ソレル=エスピノーサ(スペイン)に逆転で敗れ、初戦で姿を消した。

今大会でクルム伊達はA・パーラ=サントンハ(スペイン)とのダブルスにも出場し、1回戦でC・マーケイル(アメリカ)/ パスゼック組と対戦する。クルム伊達とパーラ=サントンハは今年の全豪オープンでもペアを組み、2回戦で昨年のロンドンオリンピックで銀メダルを獲得した第2シードのA・フラヴァコバ(チェコ共和国)/ L・フラデカ(チェコ共和国)組を下す金星をあげた。

《ウィンブルドン 男女対戦表》

《クルム伊達選手、東レPPOテニス2013にエントリー!詳しくはこちらから》


■関連記事■

《クルム伊達が2年ぶりの初戦突破、18歳若手を撃破<ウィンブルドン>》

《アザレンカ「かなりショックだった」<ウィンブルドン>》

《シャラポワが「とてもタフな1回戦」を突破<ウィンブルドン>》

《土居美咲はリード活かせず<ウィンブルドン>》

《クルム伊達ペアが銀メダルペアを撃破◇全豪オープン》

《クルム伊達は女王セリーナとの3回戦なるか<ウィンブルドン>》

《完敗のクルム伊達により、女子日本勢は単全滅<全仏オープン>》
(2013年6月26日5時10分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!