- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

7度優勝フェデラーにまさかの波乱「こんな結果は望んでいない」<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は26日、男子シングルス2回戦が行われ、これまで今大会で実に7度の優勝を誇り、ディフェンディング・チャンピオンとして臨んでいた第3シードのR・フェデラー(スイス)S・スタコフスキ(ウクライナ)に、7-6 (7-5), 6-7 (5-7), 5-7, 6-7 (5-7)の逆転で敗れた。

フェデラーがグランドスラムでベスト8を前に敗れるのは2004年の全仏オープン以来で、その時は3回戦でG・クエルテン(ブラジル)に敗れた。またフェデラーが3回戦を前に敗退するのは、グランドスラムでは全仏オープン初戦で敗れた2003年以来10年ぶり、ウィンブルドンでは初戦敗退した2002年以来11年ぶりの事となった。

「パニックになる必要はないよ。それは明確さ。ただ練習に励んで、更に強くなって戻って来るまでさ。シンプルなものだよ。たまには難しい時もあるけど、これまでも気分転換は上手く出来た方なんだ。今後のツアーへ気持ちを切り替えるよ。夏のハードコート・シーズンや、シーズン終盤も良いものにしたい。もちろん、この大会でこんな結果は望んではいなかったけどね。」と、フェデラーは現実をしっかり受け止めていた。

「今後まだ何年もプレーを続けるつもりなんだ。これまでグランドスラムでは36大会も連続でベスト8以上の成績を残しながら、突然こんなに早く敗退してしまうと、人々に何かが違ってきたのではないかって思われるのは自然な事さ。」

順当に勝ち進んだ場合、フェデラーとR・ナダル(スペイン)は準々決勝で対戦する可能性があったが、両者は3回戦を前に敗退したため、その対決は実現しなかった。

「準々決勝で自分とナダルの対戦を期待していたかもしれない。2人とも大会を去る事になってしまって、落胆させてしまったかもしれない。でも、そんな期待は同じドローにいる他の選手達へ失礼に当たる場合もある。今後はそんな期待はするべきではないね。」

「今は失望とか落胆とか言われるかもしれない。それでも8カ月前のツアー最終戦で最高のプレーをしたし、今年の全豪オープンでもそうだった。もうちょっと、自分に流れさえあれば、違う結果になっていただろう。全体的には自分のプレーがそこまで悪かった訳ではない。」

「シーズンだってまだ終わっていないし、まだ中盤なんだ。まだまだツアーは残っている。今後の大会でこのシーズンを良いものとして終われるようにしたい。」と、今後のシーズンへの思いを語った。

そして、対戦相手のスタコフスキに対して「彼(スタコフスキ)があのプレーをしてくるのはわかっていた。あれが彼の戦術だったと思う。勝利するには、立てた戦術をしっかりプレー出来て、ビッグサーブをしっかり打って、十分なフットワークを使う事が出来たら、加えてブレークに必要な良いリターンが時にはする必要がある。」

「まさしく、彼はそれをしっかりしてきたんだ。そんな彼のプレーには脱帽させられたよ。今後、サーブ&ボレーをするつもりはないけど、将来はそれを多用する選手が現れて欲しいね。」と、称賛していた。

「ある時は、トップ選手達を倒す事は不可能だと思われる時期もあると思う。でも、今はそれがちょっと起きている時なんだ。それには嬉しくも思っている。選手達が大きな舞台でトップ選手を倒せる事をね。そんな気持ちは大切だと思う。今は10代の選手はなかなか見られない。」

「だから、今大会で見られるような選手達が上位選手から金星を飾る必要がある。しなければならない事は、全力でぶつかって、プロフェショナルになって、一生懸命練習して、正しい事をする必要があるんだ。ランキングの低い選手達も、それが出来る事を願うよ。」と、今の選手達への思いも加えた。

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

《引退についてフェデラー「それは突然訪れる」》

《ナダルがプロ転向以来初の初戦敗退、2年連続の大波乱<ウィンブルドン>》

《誤解についてフェデラー「これ以上、話はしたくない」》

《「優勝の瞬間を味わいたい」フェデラーが完璧な1回戦<ウィンブルドン>》

■関連動画■

《錦織がフェデラーから大金星!ATP男子ツアーマガジン Vol.171》

《フェデラーがスリル満点なイベントに参加!ATP男子ツアーマガジン Vol.169》

この日行われた試合結果は以下の通り。

D・ブラウン(ジャマイカ) vs. ●L・ヒューイット(オーストラリア), 6-4, 6-4, 6-7, 6-2
V・トロイキ(セルビア) vs. ●A・クズネツォフ(ロシア), 6-4, 6-3, 6-4
J・アイズナー(アメリカ)(18) vs. ○A・マンナリノ(フランス), 1-1 (途中棄権)
J・ヤノヴィッツ(ポーランド)(24) vs. ●R・シュティエパネック(チェコ共和国), 6-2, 5-3 (途中棄権)
J・ベネトー(フランス)(31) vs. ○F・ベルダスコ(スペイン), 6-7, 6-7, 4-6
M・ヨージニ(ロシア)(20) vs. ●V・ポスピシル(カナダ), 6-2, 6-7, 7-6, 3-6, 6-4
B・ペール(フランス)(25) vs. ●S・ロバート(フランス), 6-4, 7-5, 6-4
N・アルマグロ(スペイン)(15) vs. ●G・ルファン(フランス), 7-5, 6-7, 6-3, 6-4
JW・ツォンガ(フランス)(6) vs. ○E・ガルビス(ラトビア), 6-3, 3-6, 3-6, 0-0 (途中棄権)
S・ダルシス(ベルギー) vs. ○L・クボット(ポーランド) (途中棄権)
J・メルツァー(オーストリア) vs. ●J・ライスター(ドイツ), 3-6, 7-6, 7-6, 6-2
A・マレー(英国)(2) vs. ●ルー・イェンスン(台湾), 6-3, 6-3, 7-5
T・ロブレド(スペイン)(32) vs. ●N・マウー(フランス), 7-6, 6-1, 7-6
J・モナコ(アルゼンチン)(22) vs. ●R・ラム(アメリカ), 5-7, 6-2, 6-4, 6-2
●R・フェデラー(3) vs. ○S・スタコフスキ, 7-6, 6-7, 5-7, 6-7
M・チリッチ(クロアチア)(10) vs. ○K・ド=シェッパー(フランス) (途中棄権)

(2013年6月27日21時22分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

10月14日

フェデラー、イズナーに勝利 (20時48分)

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

10月13日

メドヴェデフ マスターズ2勝目 (23時17分)

メドヴェデフ 上海マスターズV (18時59分)

【1ポイント速報】メドヴェデフvsズベレフ (18時55分)

鉄人メドヴェデフ 次週も出場へ (15時31分)

ダルシスが引退計画を発表 (14時43分)

決勝へ「勢いを維持したい」 (13時30分)

快勝の15歳ガウフ 初Vに王手 (12時23分)

西岡良仁、初戦はアルボット (10時48分)

ズベレフ決勝へ「良い感じ」 (8時44分)

チチパス敗退「いい感触だった」 (7時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!