- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコに脱帽「彼は世界1位」

アレクサンダー・ズベレフ
(奥から)ズベレフとジョコビッチ
画像提供: ゲッティ イメージズ
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は6日、男子シングルス準々決勝が行われ、第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)は第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)に5-7, 2-6, 2-6のストレートで敗れ、四大大会初のベスト4進出とはならなかった。

>>フェデラーvsナダル 1ポイント速報<<

>>ジョコvsティーム 1ポイント速報<<

前哨戦のバンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーブ、レッドクレー、ATP250)で今季初優勝を飾り今大会に臨んでいたズベレフは、この日第1セットの第10ゲームでサービング・フォー・ザ・セットを迎えるも、そこからジョコビッチに3ゲーム連取を許す。

第2セットからは主導権を握られると挽回できず、2時間9分で力尽きた。

試合後の会見で、ズベレフは「第1セットは、もっと早くブレークができたはず。彼(ジョコビッチ)のサービスゲームで何度か15-40だった。第1セットは自分が取るべきだった。あそこ(第1セットの第10ゲーム)からの3ゲームは、本当に悪いプレーをしてしまった」と肩を落とした。

「彼が1度主導権を握ると、彼を倒すのはとても難しい。だから彼は世界ランク1位なんだ。そんなことが起きてしまった。少なくとも、今年はけがなどをしていないから、次の芝のシーズンへ向けて準備して、いい結果がでることを願いたい」

続けてズベレフは、ジョコビッチ、R・ナダル(スペイン)R・フェデラー(スイス)のBIG3について問われると「いつも3人はタフな相手。ラファ(ナダル)はクレーで恐らく最もタフな選手。ノヴァーク(ジョコビッチ)は1度リードしたら逃がさない。ロジャー(フェデラー)はあまりにも多くのことができる選手で、とてもバリエーションに富んでいる。彼(フェデラー)は常に挽回する方法を知っている。この3人は明らかにタフな選手」と語った。

一方、2016年以来3年ぶり2度目の優勝を狙うジョコビッチは、準決勝で第4シードのD・ティーム(オーストリア)と対戦する。ティームは準々決勝で第10シードのK・ハチャノフ(ロシア)をストレートで下しての勝ち上がり。

「全仏オープンテニス」
5/26(日)〜6/9(日)、WOWOWにて連日生中継![第1日無料放送]

WOWOWメンバーズオンデマンドでは、未放送の試合をお楽しみいただけるピックアップコートも連日ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ブーイングで謝罪ズベレフ
・錦織「早く終わらないかな」
・錦織「フレッシュは無理」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年6月7日10時20分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!