国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

キリオス「ただ楽しむ」精神面で変化

ニック・キリオス
ウィンブルドン会場でのキリオス
画像提供: ゲッティイメージズ
男子プロテニス協会のATP公式サイトは29日、世界ランク33位のN・キリオス(オーストラリア)のインタビューを掲載。2022年は芝サーフェスで最多となる12勝をあげ、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で準優勝を果たした勝利の秘訣を明かした。

昨年から膝の負傷のため離脱し、今年1月に手術を受けたキリオス。復帰戦となった今月のボス・オープン(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)では1回戦で敗れている。

7月3日にはウィンブルドン開幕が迫るなか、キリオスはATPのインタビューに登場。芝での勝ち方や、必要とされるプレーについて語った。

「片手でラケットを扱う技術は芝では不可欠だと思う。ボレー、スライス、ブロックリターン、すべて複雑な要素だ。芝ではバウンドが悪いことが多いから、スライスやドロップショットができるようにならなければならないし、ゲームにいろいろな側面をもたらすことができるんだ」

キリオスの母国オーストラリアで開催される全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は1987年まで芝サーフェスで開催されるなど、現在活躍しているオーストラリア人選手も芝にはなじみがあり、芝が得意な選手が多い(A・デ ミノー(オーストラリア)J・トンプソン(オーストラリア)など)。

「世界最高のグラスコート・プレーヤーを見てみると、ロジャー(フェデラー)のようなプレーヤーは、適応力があり、いろいろなショットを打つことができたからあんなに強かったんだと思う。オーストラリア人は、多少の汚れを気にせず、勝つためにいろいろな方法を見つけようとするんだ。だから、多くの選手が芝コートでいい結果を残しているんだよ」

「僕らがテニスを始めたくらいのころ、オーストラリアでは芝の全国大会があった。10歳以下、12歳以下、14歳以下。だから、僕らはみんな芝で育ったし、芝はとても快適だった。他のオーストラリア人が芝で好成績を収めているのを見ても驚かないよ。僕たちはみんな、芝でとても快適にプレーしているんだ」

また、昨年のウィンブルドン準優勝についても言及。キリオスは優勝できなかったものの、N・ジョコビッチ(セルビア)との決勝を戦い抜いた。

「素晴らしかったよ。まだ1年しか経っていないなんて。コートの外でのこと、注目されたこと。すべてのテニスプレーヤーが好成績を収めたいと思っている大会だと思う。テニスをしない人もウィンブルドンのことは知っているだろ。それはとても特別な感覚だよ。すべてのテニスプレーヤーが、グランドスラムで結果を残すために懸命に努力している」

「でも、史上最も偉大なプレーヤーに負けたこと、そして彼(ジョコビッチ)に本当の試合をさせたことを悲しんではいないよ。今年初めてグランドスラムを歩くのはいい経験になるだろうし、メディアの注目も集まるだろう。だから、どうなるか見てみよう」

「結果を出せばプレッシャーがかかると言われるけど、僕にとっては、ずっとプレッシャーがかかっているんだ。でも僕の場合は、キャリアを通してその逆。トーナメントで優勝したときや、本当にうまくいったときは、ほとんど逆なんだ。自分の実力を証明できたようなもので、今はリラックスして楽しんでいるよ」

「正直なところ、僕のキャリアで証明すべきことは何も残っていないと思う。素晴らしい選手たちを倒し、大きな大会で優勝し、グランドスラムでは決勝に進出し、ダブルスではグランドスラムで優勝した。今は、これが仕事をする理由だと感じている。だから、ただ楽しむことができるんだ」

「他のどの大会ももちろんテニスだけど、ウィンブルドンにはテニスの息吹を感じる何かがある。あそこにはたくさんの文化があるし、あそこからテニスは始まったんだ。だから、グランドスラムのシングルスで過去最高の成績を収めたのがウィンブルドンだったというのは、本当にうれしいことだと思う。ウィンブルドンでシングルス最高の成績を収められたことは、本当に幸せなことだと思う」




■関連ニュース

・チチパス、キリオスへの発言を謝罪
・キリオスらに侮辱発言で謝罪
・キリオス「圭はアジア1番の選手」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年6月30日15時53分)

その他のニュース

5月25日

錦織圭 全仏OP初戦は世界166位に決定 (1時46分)

5月24日

ジョコ 世界44位に屈し準決勝敗退 (23時56分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsマハーチ (21時34分)

山﨑郁美ら日本勢が4強独占 (20時07分)

猛烈ラケット破壊→観客にプレゼント (19時02分)

錦織圭&大坂なおみ 全仏OP初日に登場 (17時39分)

14ペアで唯一 マレーとエヴァンスにWC (13時28分)

世界5位 回復間に合わず全仏OP欠場 (12時04分)

ルード4強 全仏OP前に弾み (10時34分)

マレーvsワウリンカ 全仏OP1回戦で実現 (8時44分)

ジョコ「素晴らしい勝利」全仏に向け復調? (7時21分)

齋藤咲良 全仏OP予選決勝で敗退 (0時09分)

5月23日

ナダル 全仏OP初戦はズベレフに (23時42分)

【1ポイント速報中】全仏オープン予選決勝 (23時08分)

内島萌夏 全仏OP初の本戦入り (23時02分)

錦織圭 全仏OP初戦は予選勝者 (21時41分)

大坂なおみ 全仏OP初戦は世界48位 (21時15分)

第3シードの秋田史帆らが8強 (20時27分)

元世界6位 3年連続で全仏OP欠場 (19時48分)

望月慎太郎 全仏OP初の本戦へ (19時15分)

1100勝ジョコ 歴代3番目の記録 (17時02分)

シュワルツマン「特別な場所。一生忘れない」 (15時35分)

“本当に今季で引退?”勢い止まらず8強へ (14時17分)

17歳の齋藤咲良、全仏OP本戦に王手 (12時06分)

ティーム「とても素晴らしい別れ」 (10時45分)

前週Vの17歳 西村佳世ら初戦突破 (9時54分)

ジョコビッチ 37歳を1100勝で祝う (7時59分)

大坂なおみ ウィンブルドンは予選からか (6時48分)

最後の全仏OP 死闘の末敗退 (2時34分)

内山靖崇 全仏OP予選敗退 (1時23分)

【動画】ジョコビッチ撃破!マハーチ勝利の瞬間 (0時00分)

【動画】ブブリクがラケット破壊!→観客にプレゼント (0時00分)

5月22日

【1ポイント速報】全仏OP予選2回戦 (23時59分)

内島萌夏 17連勝で全仏OP本戦王手 (23時58分)

錦織圭らウィンブルドン出場選手一覧 (23時21分)

ティーム 最後の全仏OP 予選敗退 (21時25分)

錦織圭 全仏OP会場で世界2位と練習 (20時15分)

望月慎太郎 快勝で全仏OP本戦王手 (18時42分)

西岡良仁が棄権「体調がおかしい」 (17時55分)

【中止】西岡良仁 リヨン2回戦 (15時44分)

【YouTube】賛否!ズベレフ・チチパスが反対派?!/マレー自らスポーツショップでラケット10本購入!第2回「テニス Weekly News」 (15時30分)

連敗脱出、全仏前にクレーで勝利 (13時08分)

ジョコビッチ 37歳に、生涯獲得賞金は280億円超え (11時33分)

マレー敗北 ジョコ戦ならず (10時25分)

ジョコ全仏制覇へ「試合が必要」 (8時38分)

本玉真唯 マッチポイント7本凌ぎ初戦突破 (7時32分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!