国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

キリオス「圭はアジア1番の選手」

ニック・キリオス
センターコートで練習を行うキリオス
画像提供: tennis365.net
男子テニスの楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)に第5シードとして出場する世界ランク20位のN・キリオス(オーストラリア)が3日に記者会見を行い、西岡良仁錦織圭、そしてN・ジョコビッチ(セルビア)について語った。

>>キリオス、西岡ら楽天OP組み合わせ<<

>>望月vsナカシマ 1ポイント速報<<

2016年の同大会ではG・モンフィス(フランス)D・ゴファン(ベルギー)を下し優勝を飾ったキリオス。今大会は2018年以来4年ぶり4度目の出場となる。今年はウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でジョコビッチに敗れたものの、四大大会初となる準優勝を果たすと、8月のシティ・オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、ATP500)では西岡を破り今季初のツアー制覇を達成。全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ではD・メドベージェフらを下して8強入りを果たした。

記者会見に登壇したキリオスは日本人選手について質問を受け、回答。ジュニア時代から親交のある西岡は2日に行われたユジン韓国オープン(韓国/ソウル、ハード、ATP250)決勝でD・シャポバロフ(カナダ)を撃破し優勝している。

キリオスは西岡について「ヨシは14歳ごろから一緒に育ってきた。ジュニアのときからとても才能のある選手だと思っていたし、とてもフレンドリーな明るい性格なんだ。プロの世界で活躍するだろうとはそのときから確信していたよ」とコメント。

続けて「彼のスタイルはどちらかというとタフなものだ。対戦するときにはビッグサーブを打たないと苦戦してしまう。そうしないと彼のペースに持ち込まれるんだ。それはよく知っているよ。今回の優勝によってより自信を得ているだろうし、今週はホームコートアドバンテージもあるから、対戦するとしたらとてもタフな相手になるだろう。この先の全豪オープンとかも視野に入れる選手だろうし、今後もたくさんの大会で優勝するだろうね」と話した。

また、現在手術の影響で約1年にわたりツアーを離脱している錦織については「圭は自分が対戦するのは本当に難しい相手だと思っている。素晴らしいリターンがあるし、コートの後ろからでも攻撃的なプレーができる上手な選手だ。彼が今試合に出れていないのは非常に残念だよ」とした。

「アジア人としては1番の選手だと思っているし、彼自身グランドスラムの決勝に出たこともある。今後もチャンスがあるんじゃないかと思っている。キャラクターとしても、ロッカールームでみんなに好かれている選手なんだ。早く帰って来てほしいと思っている」

最後にキリオスは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)におけるジョコビッチの出場可否に言及。今年1月の同大会で、ジョコビッチは大会開幕の前日にオーストラリアから出国し大会出場が叶わずにいた。

「ノヴァーク(ジョコビッチ)の全豪出場については、まず、僕にはどうしようもできないことだ。でも、彼がツアーに出てきてくれないと困るというのが本音だよ。フェデラーは引退してしまった。彼と同じようなレベルの選手は、テニスの歴史でもトップの選手で、ジョコビッチはその中でもトップだと思っている。だからジョコビッチが大会にいないと困るというのは強く思う。ジョコビッチやナダルが参加するのはとても大切なこと。時間は止まらない。彼らにとっても時間は限られているし、テニス選手として僕が言えるのはトップの1番の選手が出場して初めて価値がある、ということ。全豪オープンに彼ら全員が出ることを願っているよ」

楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022ではシングルス1回戦で世界ランク87位のツェン・チュンシン(台湾)と対戦予定。ダブルスでは今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を制したT・コキナキス(オーストラリア)とペアを組み1回戦で西岡良仁/ 内田海智組と顔を合わせる。

[PR]10/3(月)~10/9(日)「楽天ジャパンオープンテニス」
WOWOWで連日生中継!WOWOWオンデマンドでライブ配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・フェデラー「終わりではない」
・錦織 楽天OP欠場「残念」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年10月3日12時55分)

その他のニュース

3月5日

元世界21位が引退、五輪でメダルも獲得 (19時19分)

柴原瑛菜 シングルス初優勝 (18時08分)

西岡 3時間死闘の末に予選敗退 (12時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsシャン (11時55分)

ナダルとラオニッチ 初戦で激突 (11時50分)

ダニエル太郎 初戦は世界84位 (10時53分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者に (10時24分)

ルブレフ 賞金&ポイント没収なし (7時36分)

望月慎太郎 シュワルツマン撃破 (6時47分)

綿貫陽介 BNPパリバOP予選欠場 (5時51分)

3月4日

西岡良仁 日本勢トップに返り咲き (18時05分)

カップルで同週V!ATP&WTA500制覇 (17時11分)

同国対決制しツアー初V「本当によくやった」 (15時23分)

2週連続Vでキャリアハイ19位へ (13時50分)

西岡、綿貫、望月がIW予選に出場 (11時51分)

日比野と本玉 揃って予選決勝へ (10時59分)

アルカラスがナダルに逆転勝ち (10時14分)

ジョコ 同胞ヨキッチと旧交温める (8時59分)

優勝後に大移動、恋人の決勝に間に合うか (7時39分)

3月3日

BNPパリバOP 日比野と本玉が予選出場 (17時52分)

地元の期待背負い決勝へ 単複2冠に王手 (16時42分)

デミノーが連覇 通算8勝目 (15時25分)

18歳新星に主催者推薦 BNPパリバOP (14時21分)

ATPが150万円、チチパスは225万円を寄付 (12時10分)

ナダル&アルカラス 復帰はエキシビションから (11時07分)

ルブレフ失格に「マイナーリーグだ」 (10時16分)

好調のアンベールが今季2勝目 (9時11分)

【動画】現役最後の試合を終え、涙を流すジョンソン (0時00分)

【動画】カップルで同週V!熱い抱擁で喜びを分かち合うデミノーとボールター (0時00分)

3月2日

復帰迫るナダルがディミトロフと練習! (17時14分)

逆転勝利の要因に”まさかの例え” (16時19分)

連覇に王手「彼の1日も早い回復を」 (15時25分)

優勝候補撃破も大ブーイング (13時20分)

メド撃破し決勝進出「完璧な試合」 (12時07分)

相手失格も擁護「彼はそんな男じゃない」 (10時37分)

失格に物議「確認すべき」 (9時30分)

世界5位が線審を怒鳴りつけ失格 (8時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!