国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

チチパス、キリオスへの発言を謝罪

ステファノス・チチパス
世界ランク5位のチチパス
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスで世界ランク5位のS・チチパス(ギリシャ)が23日、「Netflix(ネットフリックス)」で配信された自身のインタビューにおける発言をSNSで訂正し謝罪した。テニスシリーズ「Break Point」でチチパスは、バスケットボールというスポーツや世界ランク31位のN・キリオス(オーストラリア)に対しコメントを残していた。

「Break Point」は男女のトップ選手に密着したドキュメンタリーシリーズで、2023年1月から順次第1弾が配信され好評に。2024年には第2弾が配信されることが決定している。

主要人物の1人としてシリーズに登場したチチパスは同番組のインタビューでキリオスについて以下のように発言していた。

「彼(キリオス)はNBAのバスケットボールのような姿勢をテニスに持ち込んでいる。僕はそれを、テニスをプレーする無教養なアプローチと表現したい。でも、テニスはジェントルマンズ・スポーツで、リスペクトが大事なんだ。僕らはバスケットボールをプレーしているのではないんだから」

このコメントに対し世界各国のバスケットボールファンやキリオスを応援するファンから不満が届き炎上状態に。そんななかチチパスは23日にフェイスブックを更新し4,000文字以上の言葉で釈明をつづった。

「このメッセージが皆さんの心に届くことを願っています。今日は、僕の胸に重くのしかかっている問題、つまり僕の意図を歪曲した不幸な誤解に対処したいと思います」

「ニック・キリオスに関する僕のコメントを誤解し、彼に教養がないというレッテルを貼り、バスケットボールのメンタリティをテニスに持ち込んだと非難し、人種差別が存在しないにもかかわらず、それをほのめかす人がいることに気づきました。この場をお借りして、誤解を解きたいと思います。まず強調しておきたいのは、僕はいかなる人に対しても、その経歴や民族性、趣味によって偏見を抱いているわけではないということ。僕の言葉が誤解を招いたり、不快感を与えたりしたのであれば、それは本意ではないので、深く反省しています」

「僕がバスケットボールを愛し、長年にわたって熱狂的なファンであることは事実です。このスポーツの興奮、技術、競争力は常に僕の心に響いてきた。しかし、僕がバスケットボールを賞賛していることを、テニスを含む他のスポーツを否定したり、軽んじていると誤解してはならない。それぞれのスポーツには独自の美しさがあり、僕はテニスを含むさまざまな分野のアスリートが見せる献身と才能に絶大な敬意を抱いている」

「ニック・キリオスに関する僕の発言は、彼の知性や能力を貶める意図はない。むしろ、彼のプレースタイルのある側面について、バスケットボールによく見られる情熱や激しさと比較しながら、僕の見解を述べたかっただけです。それは、彼のゲームに対するアプローチのダイナミックさと魅惑的な性質を強調しようとしたものであり、彼の性格や能力を批判したものではない」

「僕の人生の中で、この旅路に忘れがたい足跡を残した部分について、皆さんにお話ししたいと思います。恐怖、逆境、そして個人的な成長に直面した時期だ。2010年、ギリシャで育った白人の子どもだった僕は、ギリシャ経済危機に巻き込まれた。僕の愛する国を襲った経済的混乱は、国家ラベリングという陰湿な現象を伴っていた。人々はギリシャの国籍だけに基づいて個人を判断し、分類し、非難し、国民全体について大雑把に一般化し始めた。世界の目から見れば、僕らは単なるステレオタイプに貶められ、個々の境遇や貢献とは関係なく、国家の苦難の重荷を背負わされた」

「しかし、僕が本当に傷ついたのは、この国家ラベリングから生まれた人種差別だった。世界とその中での自分の居場所を理解しようとしていた若者だった僕は、偏見と差別の刺々しさを身をもって体験した。突然、ギリシャの血を引いているというだけで、傷つく言葉、排除、裁きの対象となった。大切にしてきた人間関係は一夜にして変わり、僕は孤立と落胆を感じた」

「人種差別の厳しい現実に直面したとき、僕はそれを乗り越え、自分の価値とアイデンティティが国の経済状況によって定義されるものではないことを証明しようと誓った。僕は、当時から残る恨みつらみを消し去り、彼らが教えてくれた教訓を受け入れることを意識的に選択した。彼らは僕に共感すること、そしてレッテルを超えて見ること、そして個人を形作る複雑な現実を理解することがいかに大切かを教えてくれた」

「僕の言葉が傷つけたり、不快感を与えたりしたことを深く反省している。僕らは皆、異なる視点や解釈を持っていることを忘れてはならない。そして、オープンな対話と理解を通じてこそ、溝を埋め、真のつながりを育むことができる。今後、僕は自分の言葉とそれが与える影響にもっと気を配ることを約束します。僕は包括性を促進し、多様性を祝福することを固く信じています。互いへの共感と尊敬を保ちつつ、異なる意見も許容できるような敬意ある会話ができることを願っています」

「僕のスタンスと意図を明らかにする機会を与えてくださり、ありがとうございます。皆様のご理解とご支援は、僕にとって大きな意味を持ちます。スポーツが僕らの生活にもたらす美しさと情熱を讃え、共有するスポーツへの愛をこれからも大切にしていきましょう」




■関連ニュース

・選手密着シリーズ「Netflix」配信へ
・チチパス「もし逆の立場だったら…」
・チチパス 準決は「若い子応援」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年6月24日7時55分)

その他のニュース

5月29日

【速報中】錦織圭vsシェルトン (18時05分)

カップルで混合出場「私はあまり走らなくていい」 (13時55分)

坂本怜 ジュニア世界ランク1位に浮上 (12時51分)

ジョコ、ナダル戦に言及「負けはしたけど…」 (11時40分)

【告知】大坂なおみvsシフィオンテク (10時49分)

連覇かかるジョコ 初戦突破「まだ始まったばかり」 (10時06分)

フルセット死闘制したゴファン、ズベレフ戦へ (8時31分)

19歳の松岡隼 プロツアーで初の準V (7時24分)

ジョコビッチ 20年連続で全仏OP初戦突破 (6時24分)

内島萌夏、四大大会シングルス初勝利 (5時55分)

全豪OP女王サバレンカ 盤石の初戦突破 (5時30分)

5月28日

ジョコ Vなしで全仏OPは4度目 (23時23分)

歴代最多69大会連続出場で引退 (21時58分)

ビッグカップルが復縁、破局から一転 (20時54分)

世界2位シナー「錦織と対戦したい」 (19時43分)

加藤未唯 全仏OP連覇へ 混合複出場 (18時13分)

観客にボール直撃「混乱していた」 (17時21分)

喜び爆発!ツアー初勝利が全仏OPに (13時45分)

復活の元女王 10ヵ月白星で初戦突破 (12時59分)

【YouTube】杉村太蔵が元デ杯代表と激突!得意のサーブ&ボレーで攻略なるか?!毎トー優勝へ向け3セットマッチ (11時52分)

メド 全仏OP2年ぶり初戦突破 (11時19分)

モンフィス、ツォンガ抜き仏男子歴代最多に (10時37分)

ナダル 今後は?「自分の気持ちを確認する」 (9時13分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (8時05分)

西岡 オジェのサーブ「どうしても崩せない」 (6時54分)

ズベレフ「最も特別な試合の1つ」 (5時53分)

大坂なおみ戦へ「準備必要」 (5時04分)

ナダル「感謝してもしきれない」 (2時57分)

引退示唆ナダル 全仏初の初戦敗退 (1時51分)

ズベレフ 全仏OPでナダル撃破 (1時30分)

【1ポイント速報】ナダルvsズベレフ (0時15分)

5月27日

錦織圭 全仏OP2回戦は世界15位 (23時36分)

西岡良仁 全仏OP初戦敗退 (23時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェアリアシム (23時05分)

大坂なおみ 2回戦はシフィオンテク (22時03分)

シナー勝利も「100%じゃない」 (21時02分)

苛立ち見せ打ったボールが観客直撃 (20時01分)

37歳ガスケ初戦突破 チョリッチにストレート勝ち (13時16分)

苦しむ元女王、全仏V後は3年連続初戦敗退 (12時35分)

錦織 “5セットキング”は継続、現役最高勝率記録 (11時01分)

錦織「様子見て決める」棄権の可能性も示唆 (9時21分)

錦織 4時間超え死闘「紙一重」で勝利 (8時37分)

ジョコ「期待は低く、望みは高い」 (7時49分)

ワウリンカ、マレー撃破で全仏OP初戦突破 (6時36分)

大坂なおみ「どの試合も勝てる」 (6時00分)

錦織圭 3年ぶり全仏OPで初戦突破 (5時35分)

【1ポイント速報】錦織圭vsディアロ 全仏OP1回戦 (1時05分)

望月慎太郎 世界8位に屈し初戦敗退 (0時33分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎、望月慎太郎 全仏OP1回戦 (0時20分)

5月26日

右腕に不安残すも完勝で2回戦へ (23時45分)

ダニエル太郎、敗退も「ポジティブ」 (23時28分)

大坂なおみ 初戦突破「緊張していた」 (22時08分)

ダニエル太郎 善戦も全仏OP初戦敗退 (21時24分)

大坂なおみ 全仏OP3年ぶり初戦突破 (21時13分)

【1ポイント速報】大坂なおみ 全仏OP1回戦 (19時00分)

日比野菜緒「すごく調子いい」 (17時38分)

西岡良仁「良いテニスできてる」 (17時07分)

大坂なおみ 四大大会全制覇「目標」 (16時17分)

ナダルコーチ「ラファは死ぬまでプレーする」 (14時59分)

20歳新星がツアー初V「大きな自信」 (11時21分)

ダブルヘッダー制し12勝目、勢いつけ全仏へ (10時23分)

ナダル「最後の全仏になる可能性は高い」 (8時45分)

西岡、五輪「もちろん出たい」 (7時29分)

【動画】現役引退を迎え涙を流すコルネ (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!