- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ダバディ氏、日本と仏を語る

フローラン・ダバディ
インタビューに応じたダバディ氏
画像提供: tennis365.net
キャスター、ジャーナリストのフローラン・ダバディ氏は18日、tennis365.netの独占インタビューに応じ、日本とフランスのテニスのつながり、教育面の違いについて語った。

【日本とフランスがテニスでつながる】

2016年、日本テニス協会とフランステニス連盟は「全仏オープン・ジュニア ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES 日本予選」をきっかけにパートナーシップを結んだ。

「全仏オープン・ジュニア ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES 」とは世界6カ国(日本、中国、インド、ブラジル、韓国、アメリカ)の予選で優勝した各国の男女2名が「全仏オープン・ジュニア2017ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES パリ決勝大会」で、ジュニア部門の本戦ワイルドカードをかけて戦う大会。

パートナーシップを結んだ目的は、ローラン・ギャロス(全仏オープン)とレッドクレーの魅力を世界中に広め、テニスを通じて日本とフランスの友好関係構築もあった。

日本テニス協会とフランステニス連盟のファーストステップは「全仏オープン・ジュニア ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES 日本予選」で3つを成功させることだったとダバディ氏は明かした。

1.大会運営
2.ローラン・ギャロスのスポンサー発掘
3.ローラン・ギャロスのレッドクレーを使用したコートを作ってくれるオフィシャルクラブの発掘

3つのうち、成功したのは1つ目の大会運営だった。世界6カ国で行われた「全仏オープン・ジュニア ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES」で、運営スタッフやメディアの仕事ぶりなどから、日本が1番優秀の評価をフランステニス連盟から得たとダバディ氏は言う。

さらに2016年は清水綾乃、2017年は永田杏里が「全仏オープン・ジュニア2017ワイルドカード選手権大会 in partnership with LONGINES パリ決勝大会」で見事優勝。ワイルドカードを獲得して本戦出場を果たし、日本は結果を残した。

ダバディ氏は「2つ目のスポンサーを発掘するというのは、すでにローランギャロス(全仏オープン)のスポンサーであるプジョーやIBMの日本支社が、ローランギャロスを広めるための取り組みも含めてでした。例えば、韓国のペリエ支社はローランギャロスをイメージしたオレンジ色のペリエボトルを販売、プジョーはレッドクレーをイメージしたオレンジ色を車を作った」と話した。

「3つ目のオフィシャルクラブ探しは私がクラブと交渉したが、形にすることはできなかった」


【日本とフランスの違いは教育面】



8日、フランステニス連盟の技術副強化本部長が来日し、日本テニス協会の畔柳信雄会長とミーティングを行った。

そこに同席していたダバディ氏は、日本とフランスの教育面のギャップを感じ、日本の選手を育てるには育成システムが必要と述べた。

「FFT(フランステニス連盟)には200名ほどの育成担当者がいます。その育成担当者は1年中、地方を周って指導者の育成をしている。テニスの強豪国はどこも同じようなことをしており、日本もフランスなどの成功事例と同様のことが求められている」

「FFTの予算の90パーセントは、ローランギャロスの売り上げ(約300億円)からできています。その資金を会場のアップグレードに再投資したり、フランス全土の育成にも投資します。プレイアンドステイの教本を作って地方のテニス協会へ分配したり、指導者を育成しています」

ダバディ氏は、日本テニス協会がフランステニス連盟の育成システムに興味を持っていると明かした。

日本とフランスの架け橋の役割を受け持つダバディ氏は自身が務めるWOWOWテニスのナビゲーターで、2018年5月にローランギャロスの魅力を伝える。


■関連ニュース

・ダバディ氏 錦織vsガスケ3位
・ダバディ氏 全仏ジュニア語る
・フェデラー来日、錦織を語る

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報
(2017年12月29日23時26分)

その他のニュース

11月22日

英が熱戦制しカザフスタン撃破 (12時53分)

元1位ケルバー 新コーチ招へい (11時28分)

独が首位通過「本当に楽しい」 (10時32分)

デ杯8強出揃う カナダは4強 (8時29分)

バイン氏 19歳新星のコーチに (7時45分)

11月21日

ジョコ快勝 セルビア決勝Tへ (22時46分)

チリで6年ぶりATPツアー開催へ (18時16分)

来季のヒューストン出場が決定 (17時24分)

イタリア 2連敗で敗退が決定 (15時33分)

ナダルら西が決勝Tへ「幸せ」 (13時30分)

ズベレフがフェデラーに勝利 (12時03分)

西岡良仁「多くの経験できた」 (11時16分)

豪が決勝Tへ 4強かけカナダ戦 (10時46分)

マレー 死闘制しオランダ撃破 (10時29分)

ドイツがアルゼンチン撃破 (9時26分)

ジョコ完勝 西岡良仁を称賛 (7時35分)

日本 セルビアに0勝3敗 (0時37分)

11月20日

日本 デ杯敗退が決定 (22時09分)

【1ポイント速報】日本vsセルビア (20時34分)

杉田は完敗、デ杯セルビア戦 (20時28分)

日本がセルビア戦へ最終調整 (18時23分)

キリオス自信「僕らは勝てる」 (16時16分)

アルゼンチンが圧勝スタート (14時57分)

カザフスタンがオランダ撃破 (13時31分)

錦織 術後初のラケット動画 (11時38分)

ナダルらスペイン白星発進 (10時55分)

日本は仏に惜敗 セルビア戦へ (3時24分)

日本 強豪の仏に健闘も黒星 (1時22分)

11月19日

西岡 世界10位モンフィス破る (21時55分)

【1ポイント速報】日本vsフランス (18時45分)

ジョコ デ杯「成功できる」 (16時21分)

ゴファンら活躍 ベルギー初戦白星 (14時39分)

激闘制し 伊を撃破「うれしい」 (12時16分)

準Vティーム 自己最高位タイへ (11時08分)

ナダル、マレーら 会場で練習 (8時51分)

デ杯開幕 ロシアが前年V破る (8時47分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!