- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡、伊藤 決勝で対戦なるか

男子テニスの下部大会である香港ATPチャレンジャー(中国/ 香港、ハード、賞金総額5万ドル/優勝賞金7千2百ドル)は30日、シングルス準々決勝が行われ、第2シードの伊藤竜馬(日本)が第7シードのS・デウバーマン(インド)を6-4, 6-4のストレート、西岡良仁(日本)N・デセイン(ベルギー)を6-4, 3-6, 7-6 (8-6)のフルセットで勝利し、共に準決勝進出を決めた。

この試合、伊藤竜馬はファーストサービスが入った時に78パーセントの確率でポイントを獲得し、デウバーマンのサービスゲームを第1セットでは1度、第2セットでは3度ブレークに成功して1時間31分で勝利した。

西岡良仁は、試合を通して4度のダブルフォルトを犯すも、ファーストサービスが入った時に73パーセントの確率でポイントを獲得。さらに、5度のブレークチャンスから4度ブレークに成功して2時間20分のフルセット戦を制した。

伊藤竜馬はH・チャン(韓国)と、西岡良仁はK・エドモンド(英国)とそれぞれ準決勝で対戦する。

また、共に準決勝で勝利した場合、伊藤竜馬と西岡良仁は決勝で日本人対決となる。

伊藤竜馬は現在行われている全豪オープンにストレートインで本戦、西岡良仁は予選にそれぞれ出場していたが、伊藤竜馬は本戦1回戦でM・クリザン(スロバキア)に敗れ2回戦進出を逃した。西岡良仁は予選2回戦でY・バンブリ(インド)に敗れて本戦入りとはならなかった。

《伊藤竜馬 シード選手に敗れる》


■関連ニュース■ 

・西岡良仁と伊藤竜馬が8強
・西岡良仁 有望選手として紹介
・18歳西岡良仁の活躍に注目


■最新ニュース■ 

・ジョコビッチ「1番の違いだった」
・錦織 出場予定マスターズ放送
・女子決勝は17時30分から開始


■最新動画■ 

・錦織 圭vsフェレール【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年1月31日12時41分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!