- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊藤竜馬 シード選手に敗れる

テニスのグランドスラム、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、賞金総額17,748,600ドル)は19日、男子シングルス1回戦が行われ、伊藤竜馬(日本)は第32シードのM・クリザン(スロバキア)に6-7 (6-8), 2-6, 4-6のストレートで敗れ、2回戦進出とはならなかった。

両者は今回が初めての対戦となった。

クリザンのサービスゲームから始まった第1セット、伊藤竜馬は勢いあるショットとサービスで攻めるも、クリザンは前後左右に揺さぶるストロークを展開した。第1セットは両者サービスキープのまま、タイブレークへ。

タイブレークでは、先にクリザンにミニブレークを許した伊藤竜馬が、その後ミニブレークを返すもフォアハンドをネットにかけてタイブレークの6−8で落とす。

第2セットで伊藤竜馬は、第1ゲームからこの試合初めてのブレークを許し、ここからクリザンに5ゲーム連取される。しかし、第6ゲームでブレークバックに成功し、2ゲームを返した伊藤竜馬だが、第2セットをゲームカウント2−6でクリザンに連取を許す。

第3セットでは、第5・第7ゲームで伊藤竜馬はブレークを許してしまう。第8ゲームでダウンザラインを決めてブレークバックに成功し、ここを取り返したい伊藤竜馬だが、最後はクリザンのサービスゲームを崩すことが出来ず2時間8分で初戦突破とはならなかった。

昨年同大会は予選からの出場で、予選1回戦で敗れて本戦出場とはならなかった。

過去同大会では、2012年と2013年にストレートインで本戦に出場しており、いずれも2回戦で2012年はN・マウー(フランス)、2013年はM・バグダティス(キプロス)に敗れている。

昨シーズンは、10月に行われた楽天ジャパン・オープン1回戦で、S・ワウリンカ(スイス)を破る金星をあげ、2回戦進出を決めた。

《大金星の伊藤「本当に嬉しい」》

今シーズンはチェンナイ・オープンからスタートしており、1回戦でR・ラマナサン(インド)を下して2回戦進出を決めるも、G・ガルシア=ロペス(スペイン)に逆転を許して大会初の準々決勝進出とはならなかった。

一方、勝利した世界ランク34位のクリザンは、2013年3月に自己最高位の26位を記録しており、昨年の全仏オープン1回戦で錦織圭(日本)を下している。10月に行われたチャイナ・オープン男子では、R・ナダル(スペイン)を下してベスト4進出を果たした。

クリザンは2回戦で、J・ソウサ(ポルトガル)と主催者推薦枠で出場のJ・トンプソン(オーストラリア)(オーストラリア)の勝者と対戦する。


■関連ニュース■
・フェデラー 優勝へ自信高める
・ジョコビッチ 恒例の伝統行事
・ディミトロフ 快勝で2回戦へ


■最新ニュース■
・ジョコビッチ 「タフな数日」
・錦織変わらず 優勝2選手浮上
・デル=ポトロ欠場 代わりは守屋


■最新動画■
・錦織 圭vsフェレール【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年1月19日13時03分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!