- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クヴィトバ 2度目の優勝に王手

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は3日、女子シングルス準決勝が行われ、同大会で2011年に優勝を果たしている第6シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)が同胞で第23シードのL・サファロバ(チェコ共和国)を7-6 (8-6), 6-1のストレートで下し、3年ぶりの決勝進出を決めた。

両者は同じクラブの出身でもあり、同じチェコ共和国同士の対決となった。

第1セット、第1ゲームからクヴィトバがブレークに成功。しかし、第4ゲームでサファロバにブレークを許した。そのまま両者は、タイブレークに入り、先にミニブレークに成功したクヴィトバがタイブレークを8−6の接戦の末に先制した。

第2セットでは、クヴィトバが第2ゲームと第6ゲームでブレークに成功。さらに左右に揺さぶるラリー戦を展開した。クヴィトバがゲームカウント6−1で制し、大会2度目の優勝に王手をかけた。

決勝でクヴィトバは、第3シードのS・ハレプ(ルーマニア)と第13シードのE・ブシャール(カナダ)の勝者と対戦する。

クヴィトバは、2011年のウィンブルドン決勝でM・シャラポワ(ロシア)を下して、自身初となるグランドスラム優勝を成し遂げた。

《クヴィトバ優勝の記事はこちら》

今回は2011年に優勝して以来、3年ぶりの決勝進出となる。

一方、敗れたサファロバは今回が初のベスト4入りとなり、初の決勝進出を狙うも同胞のクヴィトバを前に敗退となった。


■関連記事■ 

・20歳と22歳の新世代対決
・昨年準Vリシキ、勢い止められず
・ウィリアムズ姉妹 単複で敗退
・ウォズニアキが不満を漏らす


■関連動画■ 

・ファンの注目度も高いグラスコートシーズンを特集!
・近年最も重要とされる”ランニングフォアハンド”を大解剖!
(2014年7月3日23時45分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

1月23日

マレー 全豪OP欠場へ「残念」 (7時37分)

1月22日

隔離で「良くないこと」語る (21時51分)

日比野 コロナ禍開催に「感謝」 (20時37分)

PTL プロテニスリーグ始動 (19時38分)

錦織ら 最大のライバル明かす (18時19分)

錦織のコーチ、日本キャプテンに (17時00分)

永久停止選手の控訴を棄却 (16時44分)

バーティも参戦発表「楽しみ」 (15時46分)

YouTube 土居美咲への質問募集 (13時19分)

3度目手術「誕生日に松葉杖」 (13時14分)

豪で隔離中、コロナに感染 (11時41分)

大坂 米企業のアンバサダーに (11時00分)

錦織ら ATP杯組み合わせ発表 (10時38分)

1月21日

YouTube 日比野菜緒バッグの中を全部公開 (20時14分)

元複女王 コロナ陽性「怖い」 (16時41分)

シンガポールで新大会開催へ (15時00分)

クレー大会が2年連続中止へ (14時31分)

ジョコビッチ専用カラーのブラックモデル「SPEED Black」発売 (13時30分)

いよいよNEW RADICALシリーズ発売 (13時29分)

「フェデラーがテニス」と回答 (12時33分)

添田豪 今季初CHで8強入り (12時32分)

ダニエル太郎 隔離現状を報告 (11時29分)

西岡、内山ら コートで練習再開 (9時30分)

ジョコ 全豪OPへ「感謝」 (9時04分)

1月20日

ナダル 12年ぶり出場「楽しみ」 (16時00分)

ヨネックス 新シューズ発売 (14時34分)

ティアフォー コロナ影響語る (13時22分)

大会への不満動画流出を釈明 (11時04分)

メド 昨季序盤の不調理由明かす (9時12分)

大坂 THのアンバサダー就任 (7時26分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!