- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

悔やまれるボレーミスの元女王ヴィーナス<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は28日、女子シングルス2回戦が行われ、大会2度の優勝を飾っている元女王V・ウィリアムズ(アメリカ)ジェン・ジー(中国)に3-6, 6-2, 6-7 (5-7)の接戦の末に敗れ、3回戦進出とはならなかった。

この試合、ヴィーナスは第3セットでゲームカウント3−5と追い込まれ、ジェン・ジーのサービング・フォー・ザ・マッチを迎える。この崖っぷちの場面でヴィーナスはブレークバックに成功、その後はタイブレークへ突入する。

しかし、タイブレークの5−5時にヴィーナスはバックハンドのボレーをネットにかけてしまう。これで勢いを失ったヴィーナスは最後リターンをミスしてしまい、3時間2分で2回戦敗退となった。

試合を通してヴィーナスは29本のウィナーを決めるも、6本のダブルフォルトと44本の凡ミスを犯した。

元世界ランク1位のヴィーナスは、自己免疫疾患の1種であるシェーグレン症候群により7カ月間ツアー離脱を余儀なくされ、昨年の3月にツアー復帰を果たしていた。

一方、勝利したジェン・ジーは、全豪オープンとウィンブルドンでベスト4進出した経験がある。ジェン・ジーの自己最高ランクは、2009年5月に記録した15位。

3回戦でジェン・ジーは、第18シードのC・スアレス・ナバロ(スペイン)と対戦する。

《全米オープン 対戦表》


■関連記事■

《病から復活したヴィーナス、敗れるも「私は諦めない」<全仏オープン>》

《ウォズニアキ好調なスタート「またあの舞台に」<全米オープン>》

《21歳の奈良、グランドスラムで3年ぶり2度目の初戦突破<全米オープン>》

《土居、敗れるも世界10位と互角の打ち合い披露<全米オープン>》

《クルム伊達組、息の合ったプレーで51分の逆転劇<全米オープン>》

《ヒンギス6年ぶりの出場決まる<東レPPO>》


■関連動画■

《歴代のスター選手が集結、WTA女子ツアー設立40周年パーティー(前編)!WTA女子ツアーマガジン Vol.7》
(2013年8月29日12時07分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!