- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

31歳セリーナ、11年ぶりの優勝「信じられない、もう1度優勝したいわ」<全仏オープン>

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は8日、女子シングルス決勝が行われ、第1シードで世界ランク1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)が昨年覇者で第2シードのM・シャラポワ(ロシア)を6-4, 6-4のストレートで下し、2002年以来11年ぶり2度目の優勝を飾ると同時に、グランドスラムでは通算16度目のタイトルを獲得した。また、セリーナはシャラポワの大会2連覇を阻止した。

この試合、10本のサービスエースと29本のウィナーを放ち、シャラポワのサービスゲームを4度ブレークしたセリーナは、1時間46分で勝利した。トータルポイント数は、セリーナの71に対し、シャラポワは56だった。

全仏オープンで2度目の優勝を決めたセリーナは、試合後「緊張していて、難しい試合だった。絶対勝たなければいけないと、自分にプレッシャーをかけていたわ。」と、コメント。

続けて、セリーナは「一瞬一瞬を楽しみたいわ。11年ぶりに優勝出来るなんて、信じられない。」と、話した。

今後については「来年、全仏に戻ってきてタイトルを防衛したい。パリ、そしてここのセンターコートのテニスファンが大好き。だから、もう1度ここで優勝したいわ。」と、セリーナは意気込みを語った。

マッチポイントを握ったセリーナは、最後サービスエースを決めて試合に終止符を打った。

優勝したセリーナは、昨年の全仏オープン1回戦でV・ラッツァーノ(フランス)に敗れる大波乱に見舞われ、グランドスラムでは1998年の全豪オープンで初めて本戦に出場して以来、自身初となる初戦敗退を喫していた。

今年2月に31歳のセリーナは、2010年10月以来となる世界ランク1位への返り咲きと同時に、C・エバート(アメリカ)が記録していた世界ランク1位の最年長記録を更新した。

一方、準優勝のシャラポワは「素晴らしい大会だった。セリーナは凄いプレーを続けている選手だから、おめでとうと言いたい。」と、コメント。

また、シャラポワは「このコートには素晴らしい思い出がある。昨年は、特に特別な1年だった。そして、今年戻ってくる事が出来て、決勝へ進出する事が出来た。(決勝で)勝ちたかったけど、また来年戻ってくるわ。」と、語った。

敗れた26歳のシャラポワは、昨年の全仏オープン決勝でS・エラーニ(イタリア)を下し大会初優勝、さらに女子テニスで史上10人目となるキャリア・グランドスラムを達成した。しかし、今年はセリーナに大会2連覇を阻まれる形となった。また、シャラポワはセリーナに敗れた事により、世界ランク3位後退が決定した。

シャラポワは2004年以降、セリーナに1度も勝利していない。16度目の対戦となったシャラポワとセリーナは、今回の対戦で2勝14敗とセリーナにリードを広げられた。

【セリーナ vs シャラポワ 過去の対戦成績】

<2013年>
・全仏オープン決勝 セリーナ 6-4, 6-4 シャラポワ

・ムチュア・マドリッド・オープン女子決勝 セリーナ 6-1, 6-4 シャラポワ

・ソニー・女子オープン女子決勝 セリーナ 4-6, 6-3, 6-0 シャラポワ

・カタール・オープン準決勝 セリーナ 6-3, 6-2 シャラポワ


<2012年>
・WTAチャンピオンシップ決勝 セリーナ 6-4, 6-3 シャラポワ

・ロンドンオリンピック決勝 セリーナ 6-0, 6-1 シャラポワ

・ムチュア・マドリッド・オープン女子準々決勝 セリーナ 6-1, 6-3 シャラポワ

・バンク・オブ・ウエスト・クラシック準々決勝 セリーナ 6-1, 6-3 シャラポワ


<2010年>
・ウィンブルドン4回戦 セリーナ 7-6 (11-9), 6-4 シャラポワ


<2008年>
・ファミリー・サークル・カップ準々決勝 セリーナ 7-5, 4-6, 6-1 シャラポワ


<2007年>
・ソニー・女子オープン女子4回戦 セリーナ 6-1, 6-1 シャラポワ

・全豪オープン決勝 セリーナ 6-1, 6-2 シャラポワ


<2005年>
・全豪オープン準決勝 セリーナ 2-6, 7-5, 8-6 シャラポワ


<2004年>
・WTAチャンピオンシップ決勝 シャラポワ 4-6, 6-2, 6-4 セリーナ

・ウィンブルドン決勝 シャラポワ 6-1, 6-4 セリーナ

・ソニー・女子オープン女子4回戦 セリーナ 6-4, 6-3 シャラポワ

《全仏オープン2013 男女対戦表》

《全仏オープン2012 男女対戦表》

《全仏オープン2011 男女対戦表》


■関連記事■


《第5シードのセリーナが初の初戦敗退◇全仏オープン》

《シャラポワが初優勝 史上10人目の快挙達成◇全仏オープン》

《セリーナ、11年前の優勝を思いだし「勝てるなんて思っていなかった」<全仏オープン>》

《元女王シャラポワ、連覇に王手「攻撃的なプレーに徹した」<全仏オープン>》

《3年連続4強入りシャラポワ、自滅の立ち上がり「忘れたかった」<全仏オープン>》

《女王セリーナが第15シードを圧倒「お見通しだった」<全仏オープン>》


■関連動画■

《ムチュア・マドリッド・オープン女子【決勝】セリーナ vs シャラポワ》

《シャラポワが新たなブランドを立ち上げる!?WTA女子ツアーマガジン Vol.3》

(2013年6月9日1時15分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月21日

YouTube 近畿大学テニス部に潜入 (21時15分)

第4シード撃破、次戦チリッチ (21時14分)

8強へ「簡単ではなかった」 (19時41分)

カラツェフ組、完敗で初戦敗退 (18時23分)

加藤未唯ペア 完敗で4強逃す (17時47分)

初戦突破「いいプレーできた」 (17時29分)

完勝で8強「うまくいった」 (16時51分)

アフリカへラケットを寄付 (15時54分)

1カ月ぶりツアーで初戦突破 (15時37分)

第1シードのスイトリナ撃破 (15時18分)

マクラクラン 連続で初戦敗退 (14時21分)

ムグルサ 2時間半超え激闘制す (14時00分)

望月慎太郎 プロ転向を表明 (13時31分)

錦織 次戦は11月パリMSと公表 (13時06分)

ハチャノフ 逆転勝ちで8強へ (12時31分)

2年連続で最終戦に出場へ (12時19分)

シナー 若手同胞対決を制す (9時29分)

死闘制したマレーを称賛 (8時44分)

元世界3位チリッチが8強入り (7時43分)

10月20日

西岡 ストレートで初戦敗退 (21時01分)

【1ポイント速報】西岡vsマクドナルド (19時29分)

ジョルジ 約3時間の激闘制す (18時51分)

イズナー 第3子誕生を報告 (17時53分)

2013年Vハレプ 初戦突破 (17時15分)

世界164位がブブリク撃破 (16時27分)

ジャバー 右ひじ負傷で途中棄権 (15時05分)

ルブレフ/ハチャノフ 初戦突破 (14時34分)

オペルカに完勝で初戦突破 (13時36分)

加藤未唯ペア 接戦制し初戦突破 (12時40分)

デミノー 今季11度目初戦敗退 (12時08分)

マレー 3時間45分激闘制す (7時40分)

10月19日

逆転で初戦突破、次戦ルブレフ (20時43分)

フルカチュ10位 史上2人目快挙 (20時26分)

2時間半の激闘制し初戦突破 (19時49分)

フェデラー 4年半ぶりTOP10陥落 (19時24分)

世界62位 フルセットで初戦突破 (18時45分)

マレー MS制覇の同胞ノリーを称賛 (18時16分)

ルブレフ 母国大会に意気込む (17時08分)

世界57位 前回覇者破り初戦突破 (14時51分)

日本勢獲得賞金 錦織が首位キープ (12時38分)

ガスケ、ストレートで初戦敗退 (12時10分)

快勝でサバレンカ待つ2回戦へ (11時50分)

獲得賞金ランクでノリー7位へ (10時58分)

最終戦ランク ノリー浮上で混戦 (9時28分)

過去2度Vチリッチ 逆転で初戦突破 (8時34分)

錦織49位 18日付日本勢世界ランク (6時59分)

10月18日

錦織は49位 最新世界ランク (17時59分)

PTL Pre Match 大盛況で終了 (16時46分)

BNPパリバOP複、第2シードがV (16時21分)

Vノリー 決勝前の騒動明かす (14時23分)

錦織×ユニクロ 12月にイベント (13時23分)

大坂なおみ 世界10位に浮上 (12時07分)

Vのバドサ「不可能なことはない」 (11時21分)

ノリー 逆転勝ちでMS初制覇 (10時45分)

【1ポイント速報】ノリーvsバシラシヴィリ (8時46分)

バドサ 3時間超え死闘制し初V (8時37分)

【1ポイント速報】バドサvsアザレンカ (5時03分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!