- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

今季のナダルとディミトロフ

男子プロテニス協会のATPは30日に公式サイトで、2017年のライバル関係特集として世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)と同3位のG・ディミトロフ(ブルガリア)を取り上げた。

今シーズンに両者は3度顔を合わせ、いずれもフルセットにもつれる接戦となった。

最初に対戦したのは、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)準決勝だった。

その3カ月前、ナダルは満足にラリーすらできない状態だった。2016年10月半ばにはナダルの故郷であるスペインのマヨルカ島で自身のアカデミーをオープンさせ、オープニング・セレモニーには長年のライバルであるR・フェデラー(スイス)が駆けつけた。

ナダルは左手首の治療で休養へ入っていた。

一方のディミトロフも2016年は精彩を欠くシーズンを送っていた。2016年7月には世界ランク40位へ後退し、3度戦ったツアー決勝も全て敗れ優勝に至らなかった。

そんな両者はシーズン最初の大舞台で準決勝まで勝ち進んだ。

ナダルは3回戦でA・ズベレフ(ドイツ)をフルセットで退けると、4回戦でG・モンフィス(フランス)、準々決勝でM・ラオニッチ(カナダ)を下し、復活を証明するプレーで準決勝へ進出。

オフシーズンにモンテカルロで激しいトレーニングを積んでいたディミトロフは、シーズン開幕戦のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)で優勝を飾り、全豪オープンへ臨んでいた。

試合はナダルが6-3, 5-7, 7-6 (7-5), 6-7 (4-7), 6-4の激闘の末にディミトロフを退けた。

その後、ナダルは決勝戦でフェデラーに惜敗したが、2014年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)以来の四大大会決勝進出だった。

そしてナダルはかつての強さを取り戻し、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で自身10度目の優勝、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では3度目のタイトルを獲得する活躍を見せた。

ナダルとディミトロフの今季2度目の対戦は、10月のチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、ATP500)準決勝だった。

その時の両者は全豪オープンの時と状況が違っていた。ナダルは再び世界ランク1位へ返り咲き、ディミトロフも2015年2月以来となるトップ10入りを果たして自身初のATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)出場も見えていた。

1年前のチャイナ・オープン準々決勝でも対戦していた両者。その時はディミトロフに軍配があがり、ナダルからの唯一の勝利を飾っていた。しかし、今年はナダルがリベンジし、6-3, 4-6, 6-1でディミトロフを振り切った。

今季最後の対戦は翌週に行われた上海ロレックス・マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)準々決勝。両者11度目の対戦、7度目のフルセット・マッチとなり、ナダルが6-4, 6-7 (4), 6-3でディミトロフを倒した。

ナダルは自身4度目(2008年、2010年、2013年)となる世界ランク1位で今シーズンを終えた。ディミトロフも自己最高の世界ランク3位でシーズンを終了。

26歳のディミトロフはNitto ATPファイナルズで負けなしの全勝優勝を飾り、1998年のA・コレッジャ(スペイン)以来となる初出場でのチャンピオンとなった。初出場で全勝優勝を飾ったのは、1978年のJ・マッケンロー(アメリカ)以来の快挙だった。






■関連ニュース■

・ナダル戦で疑惑の大誤審
・ナダル勝訴 薬物疑惑に終止符
・錦織に惜敗ナダル 主審に抗議
(2017年11月30日19時05分)

その他のニュース

5月25日

フェデラー 全仏Vは「疑問」 (17時04分)

V王手ズベレフ「うれしい」 (16時11分)

キリオス 全仏OP出場を辞退 (14時22分)

錦織「30・40位すごく強い」 (12時02分)

大坂 世界1位は「認識ない」 (11時32分)

第1シード撃破で初V王手 (10時37分)

【告知】錦織vsアリス (10時05分)

全仏OP 奈良くるみが本戦へ (9時38分)

5月24日

錦織「物足りない感ある」 (23時32分)

大坂 右手は「よくなっている」 (23時13分)

添田豪、全仏本戦入りならず (19時48分)

錦織 全仏初戦は世界153位 (16時45分)

ズベレフ 世界92位を称賛 (12時51分)

カナダ勢の若手で明暗分かれる (12時07分)

錦織ら全仏OP組み合わせ発表 (4時07分)

大坂ら全仏OP組み合わせ発表 (3時47分)

全仏予選 日比野と奈良が王手 (0時30分)

5月23日

ダニエル太郎 今季初4強ならず (21時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsジャリー (20時22分)

錦織 全仏向けチチパスと練習 (19時58分)

ドルゴポロフ 復帰の可能性 (18時59分)

全仏OP 賞金総額は52億円 (17時04分)

ツォンガ ピンチ切り抜け8強 (14時41分)

全仏欠場 ベルディヒ「残念」 (12時05分)

ワウリンカらシード初戦敗退 (10時45分)

添田豪、全仏OP本戦へ王手 (7時39分)

5月22日

ダニエル太郎 今季2度目8強 (22時43分)

錦織 ベルダスコと打ち合う (20時55分)

大坂 全仏へ向け初練習 (18時45分)

錦織0-15からブレーク率3位 (17時03分)

サーシャ・バイン氏 ナダル称賛 (16時10分)

オジェ アリアシム「気分いい」 (13時53分)

予選からのディミトロフは敗退 (12時32分)

ATPカップ詳細 2020年開催 (11時51分)

ズベレフ、ガルビス破る (7時19分)

全仏OP予選 日比野らが勝利 (6時39分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!