- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「コートが速い」と苦戦

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は初日の16日、男子シングルス1回戦が行われ、5-7, 6-1, 6-4, 6-7 (6-8), 6-2の3時間34分におよぶフルセットマッチを制して7年連続の2回戦進出を果たした第5シードの錦織圭が、試合後の会見で「ファイナル(セット)でレベルを上げていった」と勝因を明かした。

>>錦織vsクズネツォフ 1ポイント速報<<

>>全豪OP 対戦表<<

この日、錦織は第1セットを落とすも第2・3セットを連取して、勝利まで1セットとした。しかし、第4セットのタイブレークでリードするもミスを重ねてしまい、A・クズネツォフ(ロシア)にセットカウント2−2へ追いつかれてしまう。

「コートが速いので、彼(クズネツォフ)のボールに対して深いボールを打つのが難しかった」

ここで世界ランク5位の力を発揮した錦織は「左右にふるのは作戦の1つだったので、なるべく散らすようにしました」と述べたように、得意のストローク戦からファイナルセットだけで2度のブレークに成功し、粘るクズネツォフを振り切った。

続けて、錦織は「普段なら余裕がありますが、最後まで余裕はなかった」と初戦を振り返った。

2回戦では、世界ランク72位のJ・シャーディと対戦する。両者は今回が7度目の対戦で、錦織の4勝2敗。シャーディはN・アルマグロ(スペイン)の途中棄権により、労せず2回戦へ駒を進めている。






■関連ニュース■ 

・錦織「余裕なかった」 激闘制す
・錦織 フェデラーら死ブロックに
・全豪OP 賞金が過去最高に
(2017年1月17日8時26分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!