- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 フェデラーら死ブロックに

錦織圭
第5シードの錦織圭
画像提供: tennis365.net
16日から開幕するテニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は13日、男子シングルスの組み合わせ抽選が行われ、四大大会初優勝を狙う第5シードの錦織圭は第17シードのR・フェデラー(スイス)や第1シードのA・マレー(英国)ら強豪が名を連ねる「死のブロック」に入った。

>>全豪OP 対戦表<<

元世界ランク1位のフェデラーは膝の怪我により、2016年7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)から全大会を欠場。今年1月上旬に行われたエキシビションの国別対抗戦ホップマンカップ(オーストラリア/パース、ハード)で復帰した。

これまでのグランドスラムでフェデラーは歴代最多17勝を誇るが、2012年のウィンブルドンからは四大大会のタイトルから遠ざかっている。全豪オープンは2004年に初優勝、その後は2006・2007・2010年に優勝してる。

また、上位シード勢が順当に勝ち進むと準々決勝で対戦する組み合わせのマレーとは、昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)準々決勝で対戦し、その時は錦織がフルセットで勝利した。世界ランク1位のマレーは、これまでの全豪オープンで5度決勝へ進出しているが、未だ優勝に手が届いていない。

錦織は初戦で、過去2勝1敗と勝ち越してる世界ランク48位のA・クズネツォフ(ロシア)と対戦する。

シード勢が順当に勝ち進むと、3回戦で第26シードのA・ラモス=ヴィノラス(スペイン)、4回戦で第10シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)か第17シードのフェデラー、準々決勝で第1シードのマレーと顔を合わせる厳しい組み合わせ。

過去の全豪オープンで錦織は2012・2015・2016年にベスト8へ進出。今大会の前哨戦であるブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)では準優勝を飾った。

その他の日本勢男子では西岡良仁も本戦にストレートインしており、初戦で予選勝者と対戦する。






■関連ニュース■ 

・錦織ら全豪OPシード順発表
・錦織 全豪OP会場で調整
・錦織 時差で誕生日なくなる
(2017年1月13日11時25分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!