- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全日本女王の桑田寛子がV

女子テニスツアーの下部大会であるカンガルーカップ国際女子オープンテニス2016(岐阜/長良川テニスプラザ、ハード、ITFサーキット)は8日、シングルス決勝が行われ、世界ランク204位の桑田寛子が第1シードで同79位のワン・チャン(中国)を6-2, 2-6, 6-4のフルセットで下し、優勝を飾った。

決勝戦、第1セットを先取した桑田は第2セットを落とすも、ファイナルセットでは4度のブレークに成功。1時間51分で接戦を制し、栄冠を掴んだ。試合を通して7度のブレークチャンスを全て活かす桑田の勝負強さが光った。

今大会は1回戦で鵜飼美希、2回戦で第7シードのSJ・チャン(韓国)、準々決勝で澤柳璃子、準決勝でZ・リン(中国)、そして決勝でチャンを下しての優勝。

昨年11月の全日本選手権で悲願の初優勝を果たした桑田は、当時「世界トップ100を目指してやっている。」と話していた。

また7日に行われたダブルス決勝では、第1シードの穂積絵莉/ 加藤未唯組が桑田/奥野彩加組を6-1 6-2のストレートで下して優勝。

穂積/ 加藤組は4月のカトヴィツェ・オープン(ポーランド/カトヴィツェ、ハード、WTAインターナショナル)でツアー初タイトルを獲得している。






■関連ニュース■ 

・全日本 V桑田寛子「目標達成」
・澤柳 3時間33分の激戦制し8強
・大坂 なおみ 健闘するも準優勝
(2016年5月8日18時49分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!