- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 炎天下で快勝

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会初日の18日、シングルス1回戦が行われ、四大大会初優勝を狙う第7シードの錦織圭は世界ランク34位の難敵P・コールシュライバー(ドイツ)を6-4, 6-3, 6-3のストレートで下し、危なげなく初戦突破を果たした。

初の顔合わせとなったこの試合、錦織は第1セットから強気で攻め込み、第7ゲームではエアケイを披露し観客を沸かせた。サービスキープが続く中、第10ゲームでブレークに成功した錦織がこのセットを先取。

約1万人が入るハイセンス・アリーナには、第1試合にも関わらず多くの観客が駆け付け会場は満員。日本人のファンも多く見られた。

第2セットでも第4ゲームでブレークに成功した錦織は、角度のあるストロークでコールシュライバーを追い込んで試合の流れを掴み、ポイントを取った時は力強くガッツポーズをして自身を奮い立たせていた。30度を超える炎天下の中、その後も集中力をさらに高めて攻め切り、錦織が勝利した。

両者は昨年12月に行われたテニス国際大会「Coca-Cola INTERNATIONAL PREMIER TENNIS LEAGUE(コカ・コーラ インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ)」(通称IPTL)で同じジャパン・ウォリアーズのチームメイトだった。

2回戦で錦織は、世界ランク103位のA・クライチェック(アメリカ)と対戦する。クライチェックは予選勝者のディ・ウー(中国)をスレートで下しての勝ち上がり。

錦織がグランドスラムで初めて8強入りしたのが、2012年の全豪オープン。その時は4回戦でJW・ツォンガ(フランス)をフルセットで下した。その後、2013・2014年はベスト16、2015年は2度目のベスト8進出を果たした。

2014年の全米オープンでグランドスラム初の決勝へ進出した錦織は、今季最初の四大大会である全豪オープンで初優勝へ向けて前進した。

一方、敗れた32歳のコールシュライバーはキャリア通算6度の優勝を飾っており、世界ランキングでの自己最高位は16位。






■関連ニュース■ 

・錦織はジョコの山、ペールも
・フェデラー、ジョコを絶賛
・ジョコ 錦織は「過去最高」
(2016年1月18日11時09分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!