- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織はジョコの山、ペールも

18日から開幕するテニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は15日、男子シングルス対戦表が発表され、第7シードの錦織圭はトップハーフの上半分に位置し、1回戦では世界ランク34位のP・コールシュライバー(ドイツ)と対戦することが決まった。

錦織とコールシュライバーは今回が初の顔合わせ。現在32歳のコールシュライバーはキャリア通算6勝を誇り、2012年7月に記録した世界ランク12位が自己最高位となっている。

また、錦織とコールシュライバーは昨年12月に行われたテニス国際大会「Coca-Cola INTERNATIONAL PREMIER TENNIS LEAGUE(コカ・コーラ インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ)」(通称IPTL)で同じジャパン・ウォリアーズのチームメイトだった。

シード勢が順当に勝ち進んだ場合、錦織は3回戦で第26シードのG・ガルシア=ロペス(スペイン)、4回戦では第9シードのJW・ツォンガ(フランス)か第17シードのB・ペール(フランス)と対戦する可能性がある。

ツォンガと錦織は過去6度対戦しており、対戦成績は錦織から4勝2敗。しかし、直近では昨年の全仏オープン準々決勝で錦織がフルセットの末に敗れている。ペールとは昨年、全米オープン初戦と楽天オープン準決勝の2度対戦し、2連敗を喫した。

4回戦を突破した場合、準々決勝では第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する可能性が濃厚である。ジョコビッチは過去の全豪オープンで5度優勝を飾っており、今回は2連覇を狙っている。昨シーズンは四大大会で、全豪オープン、ウィンブルドン、全米オープンの3大会を制しており、今季の活躍にも期待がかかる。

さらに錦織がベスト4進出を決めた場合、準決勝ではトップハーフ下半分の第3シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する可能性が高い。フェデラーの山には、第6シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)、第12シードのM・チリッチ(クロアチア)、第27シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)、第29シードのN・キリオス(オーストラリア)らが位置している。

また、ボトムハーフには第2シードのA・マレー(英国)、第4シードのS・ワウリンカ(スイス)、第5シードのR・ナダル(スペイン)、第8シードのD・フェレール(スペイン)ら上位シード勢。順当に勝ち進むと、準々決勝でマレーとフェレール、ナダルとワウリンカが対戦する組合せとなっている。

今回の全豪オープンで引退する元世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)は、初戦で主催者推薦で出場のJ・ダックワース(オーストラリア)と対戦する。1回戦に勝利すると、2回戦ではフェレールと対戦する可能性が高い。

錦織以外で本戦ストレートインの日本勢は、西岡良仁P・クエバス(ウルグアイ)ダニエル太郎L・ロソル(チェコ共和国)と1回戦で対戦する。






■関連ニュース■ 

・錦織 全豪OP初戦は世界34位
・錦織圭、全豪で頂を目指す
・IPTL サフィンが錦織を評価
(2016年1月15日11時14分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!