- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織圭、全豪で頂を目指す

18日から開幕するテニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)に、世界ランク7位の錦織圭が四大大会初優勝へ向けて出場する。

全豪オープンは錦織にとって相性が良く、グランドスラムで初のベスト8へ進出したのが、2012年の全豪オープン。2013・2014年はベスト16、2015年はベスト8へ進出した。

プロ10年目の今年は四大大会とマスターズでの初優勝に期待が寄せられる。またリオ五輪もあるため、よりスケジュールが過密なシーズンとなる。

2015年には節目となるキャリア通算10勝目を達成した。全米オープンの初戦敗退後は苦しい時期が続くも、ツアーファイナルに2年連続で出場。

そして、2016年のシーズン開幕戦であるブリスベン国際男子では準々決勝でB・トミック(オーストラリア)に敗れ、4年連続のベスト4進出を逃した。その後はエキシビション大会であるクーヨン・クラシックへの出場を決め、現地13日に18歳のO・ジャシカ(オーストラリア)と対戦する予定となっている。

昨年の12月、テニス国際大会「Coca-Cola INTERNATIONAL PREMIER TENNIS LEAGUE(コカ・コーラ インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ)」(通称IPTL)で、2005年の全豪オープンを制している元世界ランク1位のM・サフィン(ロシア)は「全米オープン準優勝の実績もあるし、グランドスラムで優勝する可能性は十分あると思う。」と錦織に太鼓判を押していた。

錦織自身は「常にトップ5に入れるような位置になるべくいたい。これからもっと大きなタイトルが確実に必要になってくる。」と語っていた。

しかし、錦織がビッグタイトルを獲得するには男子テニス界の四天王(BIG4)であるN・ジョコビッチ(セルビア)R・フェデラー(スイス)A・マレー(英国)R・ナダル(スペイン)、2014年の全豪オープン覇者のS・ワウリンカ(スイス)らが大きな壁となる。

さらにトップ10に常にいるT・ベルディヒ(チェコ共和国)D・フェレール(スペイン)、ライバルのM・ラオニチ、M・チリッチ(クロアチア)ら、若手ではN・キリオス(オーストラリア)D・ティエム(オーストリア)B・チョリッチ(クロアチア)J・ソック(アメリカ)J・ヴェセリ(チェコ共和国)も脅威の存在。

厚いグリップからの力強いフォアハンド、世界ランク1位のジョコビッチも絶賛するバックハンド、進化し続けるサービス、俊敏なフットワークを武器に、錦織は全豪オープンで初の頂を目指す。






■関連ニュース■ 

・錦織 レジェンド達から太鼓判
・錦織が浮上 フェレール抜く
・錦織破ったトミック「特別」
(2016年1月12日11時37分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!