- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

優勝ナダル「本当に嬉しい」

男子テニスツアーのメルセデス・カップ(ドイツ/シュトゥットガルト、芝)は14日、シングルス決勝が行われ、第1シードR・ナダル(スペイン)が約4ヶ月ぶり今季2度目の優勝、キャリア通算66勝目を達成させた。第8シードV・トロイキ(セルビア)に7-6 (7-3), 6-3のストレート勝ち。15日からのAEGON選手権、29日からのウィンブルドンへ弾みをつけた。

「本当に嬉しい。今季2勝目は、自分に自信を与えてくれる。最高の1週間だった。」

得意のクレーシーズンで結果を残せず、今季は不振と囁かれていたナダルだったが、それを払拭するタイトル獲得となった。

決勝戦、ナダルはトロイキに1度もブレークを許さない完璧に近いサービスゲームを展開。サービスエースは11本を記録し、75パーセントの確率で入れたファーストサービス49本のうち42本をポイントに繋げた。最後は鮮やかなスマッシュを決めたナダルが、1時間26分でトロイキを撃破。

今回の優勝は2月のブエノスアイレス大会以来、約4ヶ月ぶりのタイトル獲得。

今大会序盤、ナダルはフルセットの戦いを強いられるも、準決勝で第4シードのG・モンフィス(フランス)をストレートで破り、勢いに乗った。

6連覇と10度目の優勝を狙った全仏オープンでは、29歳の誕生日である6月3日に行われた準々決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)にストレート負け。大会後に発表された世界ランキングでは、2005年以来 約10年ぶりとなる2桁台の10位へ転落した。

ナダルは15日からのAEGON選手権に第5シードで出場、1回戦でA・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦する予定。

またナダルはクレーコートで強いイメージがあるが、ウィンブルドンでは2008・2010年に優勝している。特に2008年が伝説に残る決勝戦で、その時はR・フェデラー(スイス)の6連覇を阻止してのウィンブルドン初優勝だった。

一方、準優勝のトロイキは2011年に世界ランキング12位を記録した実力者。しかし、2013年4月のモンテカルロ・マスターズで血液検査を拒否したことが原因で、国際テニス連盟からその年の7月に18ヶ月の出場停止を命じられた。そして2014年7月のスイス・オープンで約1年ぶりにツアー復帰。今年は1月のシドニー大会でキャリア2勝目をあげた。

今大会では1回戦で注目の若手B・コリッチに完勝、2回戦でも若手有望株のA・ズべレフにフルセットで勝利。準々決勝はS・グロス(オーストラリア)をストレートで下すも、準決勝では第2シードで昨年の全米オープン覇者M・チリッチ(クロアチア)に接戦の末に勝利して、ナダルとの決勝へ駒を進めていた。




■関連ニュース■ 

・芝手応えナダル「満足」 V王手
・「ナダル伝説」終焉か
・ナダル 10年ぶりトップ5転落


■最新ニュース■ 

・錦織 初戦勝てば危険な相手か
・厳しい組合せのフェデラー
・BIG4脅かす30歳スタンの存在
(2015年6月15日0時51分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!