- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

厳しい組合せのフェデラー

男子テニスツアーのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝)に、世界ランク2位のR・フェデラー(スイス)は第1シードで出場。1回戦では地元P・コールシュライバー(ドイツ)と対戦する。3連覇と大会8度目の優勝を狙うフェデラーはトップハーフ(上半分)に位置するが、強敵ばかりが待ち構える組合せとなった。

1回戦で対戦するコールシュライバーは、キレのあるストロークを武器としており、フェデラーを苦しめるのは間違いない。

初戦突破した場合、2回戦ではE・ガルビス(ラトビア)S・スタコフスキ(ウクライナ)の勝者と対戦する。もしスタコフスキが勝ち上がった場合、フェデラーにとってはあることを思い出すかもしれない。

それは2013年のウィンブルドン2回戦での敗戦。芝の戦い方を知り尽くすフェデラーは、スタコフスキにセットカウント1−3で敗れる大波乱に見舞われた。今大会のサーフェスも芝。もしフェデラーとスタコフスキの2回戦となれば、スタコフスキは果敢にサーブ&ボレーで攻めてくるであろう。

さらにシード勢が順当に勝ち進んだ場合、準々決勝では芝を得意とする第7シードのB・トミック(オーストラリア)、準決勝では第3シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)か第8シードのI・カルロビッチ(クロアチア)のどちらかと対戦する組合せ。

カルロビッチとの準決勝の場合は、厳しい試合になることは間違いない。長身211センチから繰り出されるサービスは角度があり、威力も抜群。今年のカタール・オープンでは世界1位N・ジョコビッチ(セルビア)を破ったほどである。

そして決勝へ勝ち進めば、ボトムハーフ(下半分)の勝者とタイトル獲得をかけて対戦。それが第2シードの錦織圭(日本)であれば、昨年の準決勝と同カードとなる。

歴代最多グランドスラム17勝を誇る「レジェンド」フェデラーは、2012年のウィンブルドン以降、四大大会優勝を果たせていない。テニス史上最高のテニスプレーヤーと言われるフェデラーが、29日からのウィンブルドンで大会最多8度目の優勝、さらに3年ぶりとなるグランドスラムの栄冠を手にするためにも、今大会でタイトルを獲得したいところ。




■関連ニュース■ 

・フェデラー全英復活劇なるか
・スタン フェデラーの電話出ず
・フェデラー「ジョコ強すぎた」


■最新ニュース■ 

・BIG4脅かす30歳スタンの存在
・錦織 初戦勝てば危険な相手か
・芝手応えナダル「満足」 V王手
(2015年6月14日17時53分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!