- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコビッチ 大会2連覇に王手

男子テニスのマスターズ大会、BNPパリバ・オープン男子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、賞金総額5,381,235ドル、優勝賞金900,400ドル)は21日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第4シードのA・マレー(英国)を6-2, 6-3のストレートで下し、大会2連覇まであと1勝とした。

両者は今回が25度目の対戦となり、ジョコビッチはマレーとの対戦成績を17勝8敗とリードを広げた。

ジョコビッチとマレーは、今年の全豪オープンの決勝でも対戦しており、その時はジョコビッチが勝利して優勝を飾った。

《全豪オープン時の記事はこちら》

この試合、第1セットの第2ゲームからブレークに成功したジョコビッチは、第7ゲームで1度ブレークバックを許すも最後マレーのフォアハンドが大きくアウトして第1セットを先取。

ジョコビッチはファーストサービスが入った確率が試合を通して58パーセントと高くはなかったが、ドロップショットや前に出てきたマレーの頭上を越すロブなど、前後左右に展開して最後はマレーのバックハンドがネットにかかり決勝進出を決めた。

決勝でジョコビッチは、第2シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する。

ジョコビッチとフェデラーは昨年同大会の決勝でも対戦しており、その時はジョコビッチが逆転勝利で大会3度目の優勝を飾った。

《昨年同大会の決勝はこちら》

しかし、先日行われたドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権男子では、決勝で対戦するもジョコビッチが敗れており、今回はジョコビッチにとってドバイで敗れた時のリベンジ戦で38度目の対戦となる。

一方、敗れたマレーは、今大会の準々決勝で第12シードのF・ロペス(スペイン)に勝利したことによりキャリア通算497勝目をあげ、T・ヘンマン(英国)を抜きオープン化以降イギリス人選手最多勝利を記録していたが、今回ジョコビッチに敗れて498勝目とはならなかった。

《マレー ヘンマン抜き記録更新》


■関連ニュース■ 

・ジョコビッチ 労せずベスト4
・V2狙うジョコビッチが8強入り
・ジョコビッチ 「頂点に立った」


■最新ニュース■ 

・フェデラー 2大会連続Vなるか
・サンプラスとアガシが激突
・全英V組 全豪V組と決勝で対戦


■最新動画■ 

・ジョコビッチが世界王者の意地を見せる
・全豪4強入りしたドディグ/メロ組特集
(2015年3月22日16時25分)

その他のニュース

7月18日

ベルダスコ 3年連続の2回戦へ (14時00分)

最終戦ランク 錦織トップ10へ (11時01分)

アンダーソン 自己最高位更新 (10時01分)

7月17日

メイヤー 2年連続初戦敗退 (19時11分)

土居美咲 ホノルル複でV (18時34分)

藤原里華、複でブシャール撃破 (17時28分)

ダニエル 逆転で敗れ初戦敗退 (16時21分)

守屋宏紀 CH初戦突破ならず (14時00分)

セリーナ 153位のランクアップ (11時00分)

大坂18位 日本勢世界ランク (10時00分)

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!