- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコビッチ 「頂点に立った」

男子テニスの上位8選手によって争われる今季の最終戦、バークレイズATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ ロンドン、賞金総額650万ドル)は14日、グループAの予選ラウンドロビン3試合目が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第6シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)を6-2, 6-2で退け、準決勝進出と世界ランク1位でシーズンを終える事を決めた。

勝利の瞬間、両手を上げて喜びを表した27歳のジョコビッチは「世界ランク1位の座を決めたと言う事は、テニス界での頂点に立ったと言う事なんだ。」と、気持ちを表した。

「今のテニス界では、頂点に建つのは最も難しい事。なぜなら、この5年から10年はテニスと言うスポーツは肉体的にもとても厳しい物になって来ているからさ。この座にたどり着くには、年間を通して健康でかつ安定した成績を残す必要があるんだ。」と、シーズンを1位で終える事の難しさを語っていた。

この勝利まで、世界ランク2位のR・フェデラー(スイス)と1位の座を争っていたジョコビッチは、今大会のここまでのM・チリッチ(クロアチア)S・ワウリンカ(スイス)との対戦同様、この日もベルディヒに危なげない勝利を飾った。

この4年で3回目となるシーズンを1位で終わらせる事を決めたジョコビッチは、これでそれを成し遂げた史上7人目の選手となる。

今年のウィンブルドンを制したジョコビッチは「全てに理由がある。ここにいるのも理由があるし、こうして1位でシーズンを終えられる事にもそれなりの理由があるんだ。」と、この日の試合も序盤から主導権を握り続けるテニスを展開し、その好調ぶりを実感していた。

ジョコビッチと同じく予選ラウンドロビンで好調なプレーを見せて1位通過したフェデラーとは、両者が勝ち上がると決勝戦で対戦する。昨年は腰の怪我などもあり、不本意なシーズンを送ったフェデラーだが、今年はジョコビッチと1位の座を争うほどの活躍を見せていた。

「ロジャー(フェデラー)は、自分が彼と知り合ってから最高と言えるプレーを今季は見せてくれている。ウィンブルドンの決勝戦でも、最高の戦いを彼としたんだ。そしてシーズンの最後の最後までこうして1位の座を争っていたんだ。それは彼がこの一年間でどれほど良い成績を出したかの証だと思う。」とジョコビッチはフェデラーについてコメントしていた。

決勝トーナメントでの準決勝は、ジョコビッチは錦織圭(日本)と対戦する。フェデラーは来週末に行われるフランスとのデビスカップの決勝戦でチームメイトとして戦うワウリンカと準決勝で顔を合わせる。ワウリンカはこの日、チリッチを6-3, 4-6, 6-3で下して準決勝進出を決めている。

ジョコビッチは10月21日に第1子であるステファンを授かってからは16勝1敗と絶好調で、インドアでの試合ではこの2年間で30連勝を続けている。今大会もここまでの3試合でわずか9ゲームしか奪われていない好調ぶりを発揮している。

「この一年間は、プロテニス選手としても、プライベートでも最高のシーズンだったと思う。自分に起こった全ての事や状況を考えても、ここまで良くやって来たと思っている。」とジョコビッチはシーズンを振り返った。

そんなジョコビッチはウィンブルドンでの優勝を含む6大会での優勝に加え、全仏オープンでも準優勝を飾っていた。

そしてジョコビッチは今大会、I・レンドル(アメリカ)が1985年から1987年に達成して以来となる3連覇達成まであと2勝と迫っている。



■関連記事■ 
・ジョコビッチ 年間王者が確定
・ワウリンカ 2位で準決勝進出
・錦織 準決勝はジョコビッチと
・錦織 最終戦 準決勝進出の快挙
・フェデラー 完勝で準決勝へ


■関連動画■ 
・フェデラー 上海マスターズに挑戦
・型破りなプレーのドルゴポロフ
(2014年11月15日14時30分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

1月18日

YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

1月17日

ナダルとの練習は「厳しい」 (15時57分)

便の同乗者が感染者に「不運」 (15時56分)

世界7位コーチが豪で感染確認 (14時09分)

ビッグ3 対トップ10勝率で独占 (13時04分)

ダニエル太郎 豪に到着を報告 (11時43分)

西岡良仁 豪の検査陰性を報告 (10時51分)

全豪OPの対応に不満明かす (9時55分)

全豪OP またも陽性者が発覚 (9時41分)

1月16日

全豪OP 選手搭乗機に陽性者 (16時55分)

若手9選手 今季躍進するのは誰? (16時08分)

獲得賞金の10%寄付を発表 (14時22分)

大坂に「一貫性が必要」と指摘 (13時00分)

バーティに伝えた4つのルール (11時49分)

コロナで祖母と叔母亡くし悲痛 (8時29分)

1月15日

大坂 隔離中の写真を公開 (22時09分)

全豪OPのコロナ対策に感銘 (21時30分)

錦織らツアーでの親友明かす (17時35分)

コロナ陽性も渡豪を認める (17時28分)

ヨネックスとJSTAが契約 (15時10分)

膝の故障で全豪OPなど欠場へ (15時08分)

豪に到着「自信を深めたい」 (13時53分)

「勉強と努力が必要」とコルダ (11時49分)

陽性のマレーに全豪「残念」 (10時29分)

渡豪直前にコロナ陽性「失望」 (9時01分)

大坂 24時間密着企画に出演 (7時35分)

大坂なおみ ジョコら豪に到着 (0時52分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!