- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー ヘンマン抜き記録更新

男子テニスのマスターズ大会、BNPパリバ・オープン男子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、賞金総額5,381,235ドル、優勝賞金900,400ドル)は19日、シングルス準々決勝が行われ、第4シードのA・マレー(英国)が第12シードのF・ロペス(スペイン)を6-3, 6-4のストレートで下し、6年ぶり2度目のベスト4進出を決めた。

マレーのサービスで始まったこの試合、第1セットでマレーはロペスにブレークチャンスを与えること無く、第4ゲームでブレークに成功し先取する。

第2セット第1ゲームでマレーは3度目のチャンスでブレークに成功すると第4ゲーム、マレーは15-40とこの試合初めてブレークチャンスを与えると、テンポを落としたラリー戦でロペスのミスを誘いピンチをしのぐ。

ピンチをしのいだ後の第5ゲーム、マレーはフォアハンドのリターンエースをクロスに決め、最後はネットにつめたロペスに対し鮮やかなロブで抜き去り2度目のブレークに成功する。

マレーがサービスの第8ゲーム、15-40の場面でマレーはフォアハンドの逆クロスをアウトしブレークを許す。

第9ゲームではフォアハンドのパッシングショットを決めマッチポイントを掴むも活かせず、第10ゲーム、サービング・フォー・ザ・マッチを迎えると最後はファーストサービスを決めラブゲームキープし1時間32分で勝利した。

両者は10度目の対戦となり、マレーはロペスに10戦全勝している。

勝利したマレーは準決勝で第32シードのB・トミック(オーストラリア)の棄権により、戦わずに勝ち進んだ第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

マレーとジョコビッチは25度目の対戦となり、これまでの対戦成績は8勝16敗でマレーが負け越している。マレーがジョコビッチに最後に勝利したのは2013年のウィンブルドン決勝までさかのぼり、現在5連敗中。

《マレー 2013年ウィンブルドン優勝》

直近の対戦は今年の全豪オープン決勝で、マレーが第2セットで追いつく健闘をみせたが敗れている。

《マレー vs ジョコビッチ 2015年全豪オープン決勝》

同大会初優勝を狙うマレーはこれまでの最高成績を2009年の準優勝としており、その時は準決勝でR・フェデラー(スイス)を下すも決勝でR・ナダル(スペイン)に敗れている。

また、マレーはこの勝利により通算497勝目をあげ、T・ヘンマン(英国)を抜きオープン化以降イギリス人選手最多勝利を記録した。

46人目となる500勝まであと3勝とした。


■関連記事■ 
・マレー 元世界4位を新コーチに
・マレー ディミトロフにリベンジ
・マレー アンダーアーマーと契約


■関連記事■ 
・BNPパリバオープン男子 ドロー
・頂点決める全国選抜 21日に開幕
・ドーピングで15年の出場停止


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年3月20日13時13分)

その他のニュース

8月8日

通算5勝目「素敵な数字」 (22時10分)

大坂なおみ 39位に浮上 (20時28分)

錦織297位、西岡54位に (19時42分)

西岡「もっと試合をしたい」 (18時35分)

前週準V西岡、初戦はペール (15時25分)

ズベレフ、ギプス外して練習 (14時59分)

錦織圭着用ウエアが新発売 (12時31分)

東レ チケット一般発売を開始 (12時02分)

キリオス、シティOP単複制覇 (11時24分)

元女王 カナダ入国不可で欠場 (10時57分)

青山/チャン組、今季初Vならず (10時18分)

キリオス 7勝目「感慨深い」 (9時13分)

ダニエル太郎、本戦出場ならず (8時33分)

キリオス 西岡撃破で3年ぶりV (8時10分)

西岡良仁 4年ぶりVならず (7時32分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsキリオス (6時00分)

8月7日

大坂、全米前哨戦会場で練習 (23時50分)

西岡「まさかの決勝進出」 (22時21分)

ズベレフ 糖尿病の子供を支援 (21時58分)

SBC女子2ndR 優勝は阿部宏美 (19時03分)

SBC男子2ndR 優勝は伊藤竜馬 (18時25分)

メド 全米OP以来のV「特別」 (16時34分)

西岡 500初決勝「楽しみたい」 (14時03分)

西岡良仁 ルブレフ撃破でV王手 (11時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsルブレフ (9時43分)

ダニエル太郎 快勝で本戦王手 (8時57分)

世界1位メド 今季初V王手 (7時27分)

8月6日

キリオス MP5本しのぎ4強 (21時36分)

西岡「マジできつかった」 (21時05分)

SBC女子 2ndラウンド8強揃う (20時43分)

SBC男子 2ndラウンド8強揃う (20時20分)

第40回全小 女子は駒田唯衣がV (17時59分)

第40回全小 男子は川村准椰がV (17時22分)

メドらモントリオール組み合わせ (13時18分)

西岡が2年半ぶりツアー4強 (11時14分)

大坂なおみ 初戦は世界37位 (9時33分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsエヴァンス (8時40分)

キリオスが今季6度目の8強 (8時03分)

大坂、敗戦も「自信がある」 (7時01分)

ナダルがモントリオール欠場 (5時58分)

8月5日

YouTube 成蹊高校テニスを取材!前編 (22時09分)

第40回全小 女子4強出揃う (19時47分)

第40回全小 男子4強出揃う (19時26分)

第1シードのサッカリ 初戦敗退 (16時47分)

同性愛を告白「幸せ感じる」 (15時11分)

大坂 ガウフに屈し8強逃す (12時39分)

【1ポイント速報】大坂vsガウフ (11時04分)

ダブルフォルト23本記録も8強 (10時01分)

ラドゥカヌ 2度のTB制し8強 (8時11分)

元世界1位マレー WC獲得 (7時33分)

西岡、準々決勝はエヴァンス (6時32分)

ジョコ、モントリオール欠場 (5時35分)

西岡良仁 シティOPで初8強 (3時28分)

【1ポイント速報】西岡vsハチャノフ (1時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!