- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

勝利の錦織 「緊張もありました」

男子テニスの上位8選手によって争われる今季の最終戦、バークレイズATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ ロンドン、賞金総額650万ドル)は9日、グループBの予選ラウンドロビンが行われ、大会第4シードでアジア人選手として初出場の錦織圭(日本)が第5シードのA・マレー(英国)を6-4, 6-4のストレートで下し、錦織はマレーに初めて勝利し、初のツアー・ファイナルズ出場で準決勝進出に向けて大きな1勝を上げた。

スポーツチャンネルGAORA SPORTSで生中継され、試合直後に行われたインタビューで錦織は「ありがとうございます。このやったことの無い本当に大きなスタジアムで、入りは緊張もありましたけど、試合にしっかり集中出来て、気持ちが入り込めていたのでプレーも良く満足しています。」と試合を振り返っている。

マレー戦について「苦手というか、やりにくさを感じていたのは彼(マレー)のミスの無いストロークと、しっかりしたサーブもあるので、いつもはそこを崩せないでいたのですが、今日は自分からしっかり攻めることができました。しっかり最後まで攻撃的なプレーを心掛けて勝ちきれたと思います。」

「最初の方はファーストサーブが全く入っていなかったので、流れがなかなか作れずストロークにも良い流れが作れなかったのですが、後半は(サーブが)入ってきたのでこのようなプレーをしっかり続けて、サーブがやっぱりキーになると思うのでサーブから自分らしいプレーを心掛けて次の対戦も頑張ります」と答えている。

錦織はこの試合のファーストサービスの確率が46パーセントといつもに比べて低く、8度のダブルフォルトを犯し、セカンドサービスでマレーはベースラインより前に入ってリターンし、錦織にプレッシャーを与え2度のブレークを許した。

しかし錦織はマレーから8度のブレークチャンスから4度のブレークに成功し1時間35分で勝利した。

両者は4度目の対戦となり、錦織はマレーに1勝3敗と初勝利を上げた。

【錦織vsマレー 対戦成績】

<2014年>
・ATPワールドツアー・ファイナルズ予選ラウンドロビン 勝利 6-4, 6-4

<2013年>
・スイス・インドア準決勝 敗退 4-6, 0-2, 途中棄権

<2012年>
・全豪オープン準々決勝 敗退 3-6, 3-6, 1-6

<2011年>
・上海マスターズ準決勝 敗退 3-6, 0-6

8選手2グループに分かれ予選ラウンドロビンを行い、各グループの上位2選手が準決勝に進むことができる今大会、グループAには世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)、今年の全豪オープン覇者S・ワウリンカ(スイス)T・ベルディヒ(チェコ共和国)、錦織を下し全米オープンで優勝したM・チリッチ(クロアチア)がおり、グループBには7度目のタイトルを狙うR・フェデラー(スイス)、錦織圭、A・マレー、M・ラオニチ(カナダ)が出場している。

予選ラウンドロビンを1勝する度に200ポイントが付与され、決勝に進むとさらに400ポイント、優勝するとさらに500ポイントが付与され、全勝優勝の場合1500ポイント付与される。

また今大会の賞金は出場者に15万5千ドル(約1736万円)、予選ラウンドロビン1勝につき15万5千ドル(約1736万円)、全勝優勝した場合207万5千ドル(約2億3千万円)が与えられる。

今大会初出場の錦織はマレーにストレートで勝利したことにより、準決勝進出に向け大きな勝利を上げた。

同日には同じグループBのR・フェデラーとM・ラオニチの対戦が日本時間10日午前5時(現地時間9日20時)以降に予定されている。


■関連記事■ 
・錦織 マレーに初勝利
・錦織 第1セット先取
・最終戦 錦織ら3選手に期待
・マレー最終戦 「ファン取り戻す」
・フェデラー 「バランスを取る」


■関連動画■ 
・錦織が凱旋試合で宿敵ラオニチと激突
・マレーが復活優勝
(2014年11月10日2時07分)
  • コメント -

  • ウインザーラケットショップ



    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!