- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織vsジョコビッチは第1試合

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は6日、第10シードの錦織圭(日本)が登場し、グランドスラム初の決勝進出をかけて同大会2011年覇者で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

両者は過去に2度対戦しており、対戦成績は1勝1敗となっている。

錦織がジョコビッチに勝利したのは、2011年11月に行われたスイス・インドアで、その時は逆転で勝利をおさめた。

《錦織が勝利した記事はこちら》

今回錦織は、1回戦でW・オディスニク(アメリカ)、2回戦はP・アンドゥハル(スペイン)、3回戦は第23シードのL・マイェール(アルゼンチン)、4回戦で第5シードのM・ラオニチ(カナダ)、準々決勝で第3シードのS・ワウリンカ(スイス)を下しての勝ち上がりとなっている。

ラオニチに勝利して、日本人男子92年ぶり全米オープンベスト8進出という快挙を達成し、その後ワウリンカを下し1918年の全米オープンで記録した熊谷一弥(日本)以来となる日本男子で96年ぶりの準決勝進出という記録をさらに打ち立てた。

《錦織 初のベスト4入りの記事はこちら》

錦織はジョコビッチ戦について「初めてのベスト4で気持ちが高ぶっているのはもちろん、すごい準決勝が楽しみです。」とコメントした。

さらに「彼(ジョコビッチ)の場合、左右に展開がかなり早いのでそれになるべく付いていくことと、あとリターンにもしっかり集中してやりたいですね。長いラリーになるのは絶対だと思うので、その中でも少ないチャンスをしっかり前に入って打ち抜くことだったりアグレッシブにプレーしてたいですね。」

加えて「守ってても勝てる相手ではないと思うので。自分の出来ることをしっかりコート上で表現したい。」とジョコビッチ戦への意気込みを語った。

一方、世界ランク1位のジョコビッチは、過去同大会で2011年に決勝でR・ナダル(スペイン)を下して優勝を飾っており、4度の準優勝を誇る。今年のウィンブルドンでは決勝でR・フェデラー(スイス)に勝利して優勝を飾っている。

しかし、その後の全米オープンの前哨戦にあたるロジャーズ・カップでは、3回戦でJW・ツォンガ(フランス)に、W&Sマスターズでは3回戦でT・ロブレド(スペイン)に敗れており、思い通りの結果を残せていなかった。

今大会1回戦ではD・シュワルツマン(アルゼンチン)、2回戦でP・H・マチュー(フランス)、3回戦でS・クエリー(アメリカ)、4回戦で第22シードのP・コールシュライバー(ドイツ)を下し、準々決勝では同大会2012年決勝の再現となった第8シードのA・マレー(英国)との対戦を制し、順当な勝ち上がりを見せた。

錦織のグランドスラム初の決勝進出をかけた一戦は、現地時間9月6日12時(日本時間9月7日午前1時)から開始し、アーサーアッシュ・スタジアムの第1試合に組まれている。

(コメントはWOWOWから抜粋)




■関連記事■ 

・錦織 初8強「信じられない」
・錦織 日本勢96年ぶりベスト4
・錦織 ジョコビッチ撃破なるか
・日本のエース錦織が見せる強さ
・錦織「想像していなかった」


■関連動画■ 

・錦織圭vsフェデラー【ソニー・オープン男子】
・錦織と激戦を繰り広げたラオニチが語る躍進の理由!
(2014年9月6日18時30分)

その他のニュース

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

10月27日

錦織、右肩負傷で再び棄権 (23時40分)

ジョコとティームが練習 (23時21分)

ディミ/ワウリンカ組 初戦敗退 (21時01分)

杉田祐一 熱戦制し初戦突破 (20時07分)

全日本選手権が無観客で開幕 (18時02分)

元世界12位が第1子を妊娠 (16時38分)

杉田祐一 激闘制し本戦入り (16時33分)

ナダル ゴルフ大会は6位で終了 (14時52分)

ティアフォー 新大会初戦突破 (14時05分)

シャポバロフ撃破で初戦突破 (12時27分)

ダニエル太郎 独大会で初戦突破 (11時38分)

「厳しい戦い」とメドヴェデフ (10時23分)

完勝で2回戦へ「良いスタート」 (9時01分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!