- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ウィンブルドンの大会記録

テニスのグランドスラム、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は6日、男子はN・ジョコビッチ(セルビア)、女子はP・クヴィトバ(チェコ共和国)の優勝で幕を閉じた。

大会を終えサービスエース数やブレーク成功回数などの記録が発表され、日本勢男子も複数の項目でランクインしている。

■最多サービスエース
1位 M・ラオニチ(カナダ) 164本(6試合)
2位 N・キルジオス(オーストラリア) 128本(5試合)
3位 J・イズナー(アメリカ) 110本(3試合)

■最速サービススピード
1位 J・ヴェセリ(チェコ共和国) 約230キロ
2位 M・ラオニチ 約227キロ
3位 J・イズナー 約224キロ

■最多ダブルフォルト
1位 J・ヤノヴィッツ(ポーランド) 47本(3試合)
2位 G・ディミトロフ(ブルガリア) 26本(6試合)
3位 L・クボット(ポーランド) 23本(3試合)

■ファーストサービス・パーセンテージ
1位 I・カルロビッチ(クロアチア) 82%(1試合)
2位 V・ハネスク(ルーマニア) 79%(1試合)
3位 B・トミック(オーストラリア) 78%(2試合)
11位 R・ナダル(スペイン) 73%(4試合)

■ファーストサービス・ポイント獲得率
1位 M・ラオニチ 87%(6試合)
2位タイ G・ミュラー(ルクセンブルグ) 86%(2試合)
2位タイ F・ロペス(スペイン) 86%(4試合)
10位 S・ワウリンカ(スイス) 82%(5試合)
15位 R・フェデラー(スイス) 81%(7試合)

■セカンドサービス・ポイント獲得率
1位 伊藤竜馬(日本) 69%(1試合)
2位 F・ロペス 66%(4試合)
3位 P・コールシュライバー(ドイツ) 64%(2試合)
8位 R・フェデラー 62%(7試合)
12位 錦織圭(日本) 60%(4試合)

■ファーストサービス・リターンポイント獲得数
1位 N・ジョコビッチ 154ポイント(7試合)
2位 R・フェデラー 139ポイント(7試合)
3位 JW・ツォンガ(フランス) 125ポイント(4試合)
19位 錦織圭 71ポイント(4試合)

■セカンドサービス・リターンポイント獲得数
1位 N・ジョコビッチ 189ポイント(7試合)
2位 R・フェデラー 141ポイント(7試合)
3位 G・ディミトロフ 133ポイント(6試合)
19位 錦織圭 68ポイント(4試合)

■ブレークポイント獲得数
1位 N・ジョコビッチ 31度(7試合)
2位 R・フェデラー 27度(7試合)
3位 A・マレー(英国) 25度(5試合)
4位 G・ディミトロフ 24度(6試合) 
17位 錦織圭 12度(4試合)

■最長ラリー回数
1位 A・マレーvsG・ディミトロフ 31回(準々決勝 第2セット 第9ゲーム 6ポイント目 マレーがポイント獲得)
2位 N・ジョコビッチvsG・シモン(フランス) 29回(3回戦 第1セット 第8ゲーム 6ポイント目 シモンがポイント獲得)
4位 F・ロペスvs杉田祐一(日本) 28回(1回戦 第1セット タイブレーク 13ポイント目 ロペスがポイント獲得)
11位 D・クドラ(アメリカ)(アメリカ)vs錦織圭 25回(2回戦 第2セット 第5ゲーム 4ポイント目 クドラがポイント獲得)
13位 F・ロペスvs杉田祐一 24回(1回戦 第1セット 第5ゲーム 8ポイント目 ロペスがポイント獲得)
16位 F・ロペスvs杉田祐一 23回(1回戦 第2セット 第12ゲーム 4ポイント目 杉田祐一がポイント獲得)

数字を見ると改めてラオニチのサービスの好調さ、新星キルジオスの活躍が目立つ。そして優勝したジョコビッチのリターンの強さは決勝で本領発揮し、これまで大会を通じて1度しかブレークを許さなかったフェデラーから4度のブレークを奪った。

《ウィンブルドン公式タオル発売中》


■関連記事■ 

・フェデラー「自分でも驚いてる」
・ジョコビッチ「勝利を捧げたい」
・ディミトロフ 連覇の夢を断つ
・ラオニチが快進撃阻止 初4強
・ナダル破った19歳キルジオス


■関連動画■ 

・ディミトロフが芝での初タイトルに挑戦!
・マレーが新コーチにモレスモを任命




(2014年7月8日22時17分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月2日

西岡良仁「やりにくかった」 (1時22分)

6月1日

西岡良仁 全仏OP初の3回戦へ (23時15分)

【1ポイント速報】西岡vsパーセル (19時45分)

2度バウンド 判定覆らず物議 (19時10分)

ワウリンカ 来年「いるつもり」 (18時19分)

会見で緊迫「独裁者を支持してる」 (11時51分)

ジョコらとアルカラスの違いに言及 (11時04分)

ダニエル撃破「完璧な試合」 (9時59分)

死闘翌日に棄権「危険な状態」 (8時54分)

ダニエル脱帽「プレッシャー強い」 (7時21分)

ジョコ 19年連続全仏OP3回戦へ (6時26分)

ワウリンカ 4時間半超死闘の末敗退 (5時10分)

ダニエル太郎 世界1位に善戦も敗退 (1時57分)

5月31日

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsアルカラス (23時20分)

チチパス「もし逆の立場だったら…」 (23時18分)

ジョコの政治的発言に「自由」 (22時58分)

大金星の穂積絵莉「涙出た」 (22時17分)

穂積絵莉ペアが女王撃破の大金星 (20時34分)

西岡良仁ペア 全仏OP棄権 (20時33分)

42歳ヴィーナス5ヵ月ぶり復帰 (19時19分)

昨年8強ルーネ 2年連続初戦突破 (18時56分)

ガスケ引退示唆、現役4位の勝利数 (18時17分)

死闘モンフィス「最後は痙攣」 (11時57分)

「家から100mに着弾」と告白 (10時49分)

メド「本当にがっかり」初戦敗退 (9時56分)

西岡 全仏OP2回戦は世界68位 (8時29分)

5時間越死闘制し全仏OP初白星 (7時38分)

16歳 圧巻デビュー、マレーもエール (6時37分)

昨年準Vルード 6年連続初戦突破 (6時08分)

世界172位が2位破る大金星 (5時14分)

世界2位メド 予選勝者に敗退の波乱 (1時31分)

ズベレフ 6年連続の初戦突破 (0時07分)

5月30日

西岡「逆転できるか不安だった」 (23時51分)

【1ポイント速報】ズベレフvsハリス (21時45分)

西岡良仁、大逆転で全仏OP初戦突破 (21時44分)

【1ポイント速報】西岡vsウルフ (20時10分)

ジョコ GSデビューは「20年前」 (13時04分)

「相手関係なく圧倒したい」 (12時09分)

握手拒否問題「くだらないこと」 (10時57分)

日比野「めちゃくちゃ悔しい」 (10時01分)

アルカラス「太郎は絶好調」 (8時19分)

握手拒否断言「どの大会でも」 (7時21分)

38歳ワウリンカ4時間半死闘制す (6時29分)

オジェ 全仏敗退「眠れなかった」 (5時30分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (5時00分)

ダニエル「手応えある試合」 (0時30分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!