- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル破った19歳キルジオス

テニスのグランドスラム、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は1日、男子シングルス4回戦が行われ、主催者推薦でウィンブルドン初出場となる世界ランク144位のN・キルジオスは第2シードで世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)を7-6 (7-5), 5-7, 7-6 (7-5), 6-3で破る大金星を上げ、ベスト8進出を果たした。

勝利後、コート上で踊りを見せ喜びを表現する場面も見られた。

キルジオスは現在19歳で、2013年に全豪オープン・ジュニアで優勝を果たしており、ジュニアランキング1位を記録し、今年のウィンブルドン最年少出場の選手。

グランドスラムは予選を含む7度目の出場となり、過去の最高成績は2013年の全仏オープン、2014年の全豪オープンの2回戦進出が最高としている。

ウィンブルドンへは下部大会ノッティンガム-2・チャレンジャーで優勝し芝の調整を済ませ、臨んでいる。

今大会1回戦でS・ロバート(フランス)、2回戦で第13シードのR・ガスケ(フランス)、3回戦で第24シードのG・モンフィス(フランス)を下し勝ち進んだ20歳のJ・ヴェセリ(チェコ共和国)、4回戦でナダルに勝利して勝ち上がってきている。

キルジオスはナダル相手に37度のサービスエース、70度のウィナーを決め、初のトップ10に以内の選手に勝利し、勢いと好調ぶりをアピールしたが、その好調ぶりは今大会8日目、4試合終了時点で多くの記録を持っている事からわかる。

■サービスエース数 1位 113度(1試合平均28度)

■サービス最高速度 16位タイ 約214キロ

■ファーストサービスリターンポイント数 2位 108ポイント

■セカンドサービスリターンポイント数 4位 95ポイント

■ブレーク数 9位タイ 14度

強力なサービスを武器に、さらに相手から多くリターンポイントを取っており、好調さを物語っているがダブルフォルトも14度でワースト10位という記録も持っている。

準々決勝で対戦する第8シードのM・ラオニチ(カナダ)とは過去に1度、今年の全仏オープン1回戦で対戦しており、その時はストレートで敗れている。

ビッグサーバーで知られるラオニチだが、今大会のサービスエースの本数は3試合で110度のエースを量産したJ・アイズナーに次ぐ3位で108度のサービスエースを決めている。

キルジオスとラオニチのビッグサーバー対決は第1コートの3試合目に行われる。

今大会の台風の目、期待の新星キルジオスの活躍に目が離せない。

《ウィンブルドン公式タオル発売中》


■関連記事■ 

・ナダル 快進撃の144位に敗れる
・フェデラー ワウリンカと対戦へ
・錦織 8強逃すも「充実している証拠」
・錦織、19年ぶり快挙ならず
・連覇狙うマレー 7年連続の8強


■関連動画■ 

・トップ10入りを果たした錦織 圭を特集!
・錦織がマイケル・チャンとの舞台裏を明かす!
(2014年7月2日13時07分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!