- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 8強逃すも「充実している証拠」

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は1日、男子シングルス4回戦が行われ、第10シードの錦織圭(日本)が第8シードのM・ラオニチ(カナダ)に6-4, 1-6, 6-7 (4-7), 3-6で敗れ、大会初の準々決勝進出とはならなかった。錦織がベスト8進出を決めていた場合、日本人男子で松岡修造(日本)以来19年ぶりの快挙となっていた。

この試合、錦織はファーストサービスが入った時に72パーセントの確率でポイントを獲得するも、ラオニチに試合を通して35本ものサービスエースを決められ、3度のブレークを許して、2時間27分で敗退となった。

ラオニチのサービスから始まったこの試合、今大会ウィンブルドンで1度もサービスゲームを落としていなかったラオニチから、錦織は第1セットの第1ゲームでブレークに成功する。しかし、ビッグサーバーであるラオニチに強烈なサービスとストロークで攻められ、流れを止めることが出来なかった錦織は、セットカウント1−3で敗れた。

試合後の会見で錦織は「試合前は、リターンをどれだけ返せるかが今日のテーマになると思ってたんですけど、彼(ラオニチ)のサーブがとてもよかった。リターンにチャンスがなく、芝だからというのも特にあると思うんですけど、まったくサーブが読めなかった。」

そして「リターンゲームでなかなか工夫が出来ず、相手のストロークの攻撃的なプレーに少しおされてしまった感じでした。」とコメントした。

今大会を終えてどうですかという質問には「初めて2週目にいれたっていうのは、充実している証拠だと思う。ベスト8にいけたチャンスもあったのでもちろん悔しいですけど、芝でまた自信もついたので、来年も頑張りたいです。」と今大会を振り返った。

錦織は過去同大会で、2008・2010・2011年は初戦敗退となっている。2012年はJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)、2013年はA・セッピ(イタリア)と共に3回戦で敗れていた。そして3回戦進出が今までの最高成績となっているため、今回3回戦でS・ボレッリ(イタリア)に勝利して大会初のベスト16入りとなった。

ラオニチ戦では、日本人男子で松岡修造以来19年ぶりの準々決勝進出を狙うも、4回戦で姿を消すこととなった。

松岡修造は、1995年のウィンブルドン準々決勝で、元世界王者P・サンプラス(アメリカ)に7-6 (7-5), 3-6, 4-6, 2-6で敗れているも、ベスト8入りを果たしている。

今年に入って錦織は、全豪オープン4回戦でR・ナダル(スペイン)に敗れるも、6-7 (3-7), 5-7, 6-7 (3-7)と接戦を演じた。

《錦織、全豪の記事はこちら》

その後は、2月のアメリカ国際インドアテニス選手権で大会2連覇を達成。4度目のツアータイトルを獲得し、3月のソニー・オープン男子準々決勝では、R・フェデラー(スイス)を逆転で破る活躍を見せた。

《錦織vsフェデラーの記事はこちら》

4月に入ってからは、ソニー・オープンで負った怪我によりデビスカップを欠場するも、バルセロナ・オープン・サバデルで復帰戦にして大会初優勝とクレーコートで初のタイトルを獲得した。

5月のムチュア・マドリッド・オープン男子では、マスターズ初の決勝進出を果たした。決勝でナダルと対戦し、錦織が先制するも、途中でメディカルタイムアウトを要求。勝利まであと1歩のところで、やむを得ず途中棄権となっていた。

《錦織vsナダルの記事はこちら》

その後に発表された世界ランキングでは、世界ランク9位に浮上し、念願のトップ10入りを果たした。

6月の全仏オープンでは、怪我による練習不足もあり、1回戦でM・クリザン(スロバキア)に敗れて初戦敗退を喫していた。

また、ウィンブルドンの前哨戦となったゲリー・ウェバー・オープンの準決勝では、フェデラーと対戦。ストレートで敗れて決勝進出を逃すも、大会初のベスト4進出を果たし、ウィンブルドンへは自信を持って臨んできていた。

今回ウィンブルドンで初の4回戦進出となった錦織は、これで自身のグランドスラムですべてベスト16入りとなり、今後の更なる飛躍に日本からだけでなく、世界中から期待がかかる。

(コメントはWOWOWから抜粋)

《ウィンブルドン公式タオル》


■関連記事■ 

・錦織、19年ぶり快挙ならず
・錦織圭の優勝も十分あり得る
・大会初4強の錦織、トップ10入りは「知らなかった」
・錦織「フェデラーはやはり強かった」


■関連動画■ 

・日本男子初となるトップ10入りを果たした錦織を特集!
・ナダルの歴史的快挙で幕を閉じた全仏決勝を振り返る!
(2014年7月2日7時08分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月27日

ナダルが称賛「危険な選手」 (18時10分)

錦織 シャラポワへコメント (17時30分)

ナダル戦へ、韓国クォン8強 (17時06分)

【告知】アカプルコ準々決勝 (16時44分)

MP2本しのぎ逆転で8強へ (16時04分)

ナダル 3年ぶりの8強に進出 (15時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsキツマノビッチ (13時53分)

世界3位撃破で8強入り (12時49分)

22歳ポール ズベレフ破り8強 (12時36分)

引退シャラポワ「準備できた」 (11時48分)

日比野菜緒 完敗で8強ならず (11時39分)

ジョコ 8強で今季15連勝 (10時47分)

内山 モンフィスに敗れ8強ならず (5時14分)

シャラポワが現役引退へ (0時55分)

2月26日

新SPEED 発売間近 (18時11分)

270位が 第1シード破る金星 (17時58分)

MP7本凌ぎ元世界1位撃破 (15時02分)

昨年Vキリオスが途中棄権 (14時21分)

ナダル 快勝で5度目の初戦突破 (13時16分)

ジョコ BIG3は「仲がいい」 (12時34分)

デ杯 無観客試合で開催へ (11時35分)

【1ポイント速報】ナダル、キリオスら (11時31分)

チリッチ破り2回戦へ MP4本凌ぐ (10時51分)

ダニエル太郎 熱戦の末に敗退 (9時16分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsクォン (7時07分)

エース35本決め激闘制す (7時01分)

西岡良仁 ドバイ初戦敗退 (0時04分)

2月25日

【1ポイント速報】内山、西岡 (22時45分)

内山靖崇が勝利 モンフィス戦へ (20時59分)

15歳ガウフ 自己最高49位を記録 (17時29分)

18歳が世界7位を撃破 (17時27分)

初戦突破で今季10連勝 (17時20分)

日本限定モデルが発売へ (14時21分)

ダニエル太郎 LLで本戦入り (12時36分)

錦織31位 西岡は最高位を更新 (12時15分)

日比野 アカプルコ初戦突破 (11時52分)

大坂10位 24日付世界ランク (11時30分)

ジョコビッチ 完勝で初戦突破 (11時08分)

2月24日

西岡良仁「少し見失った」 (17時43分)

ガリン 予選勝者に苦戦もV (17時26分)

チチパス連覇「とても満足」 (17時12分)

錦織 世界ランク31位へ後退 (10時19分)

西岡良仁 自己最高48位へ (10時03分)

西岡 デルレイビーチVならず (7時48分)

【1ポイント速報】西岡vsオペルカ (7時45分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!