- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織圭の優勝も十分あり得る

錦織圭(日本)の優勝も十分にあり得る」。6/23の開幕を前にスペシャルナビゲーターの石黒賢氏が大会の見どころを語る!・・ウィンブルドンテニスはWOWOWで連日生中継!

WOWOWでは、2014年もテニスのグランドスラム4大大会を生中継。現地6月8日に閉幕した「全仏オープン」では、R・ナダル(スペイン)が大会5連覇という偉業を成し遂げた。そしていよいよ6月23日には、最も格式高いと言われる「ウィンブルドンテニス」が開幕する。

WOWOWは今年もスペシャルナビゲーターに石黒賢氏をお招きし、現地から最新情報と熱戦の模様をお届けする。昨年度は、A・マレー(英国)が77年ぶりの地元優勝を飾った一方、ナダルが1回戦敗退、R・フェデラー(スイス)が2回戦敗退となる波乱の大会だった。開幕を目前に控え、今年はどのような大会になるのか、石黒氏に期待と展望を熱く語っていただいた。

Q:いよいよ開幕ですね。まずは率直な期待と心境をお聞かせください。

石黒:今のテニス界は、フェデラー、ナダル、そしてN・ジョコビッチ(セルビア)という、何十年に1人という逸材が3人もいる時代。それに対して日本人トッププレーヤーの錦織圭や、マレーらが、3人の牙城を脅かしている状況です。

ウィンブルドンでそういう選手を見られることは、テニスファンからしたらとても幸せなことです。ウィンブルドンは、グランドスラムの中でも特別な大会です。それはどのプレーヤーにとっても同じだと思います。

Q:ウィンブルドンのどういった点が特別だと感じますか?

まず、ウィンブルドンは芝生のコートに特徴があって、最初は綺麗な芝が日を追うごとに変化していく。つまり剥げて変わっていくんです。刻一刻とサーフェスが変わる大会はウィンブルドンだけですよね。

また、雨も多く、芝は濡れるとプレイが続行できなく、余儀なく中断されるのですが、そうなると中断後に試合後の流れが変わることもあります。その中断のタイミングが絶妙なことがあって、テニスの神様の存在を感じることもありますね。

加えて、地面が芝生のためネットを強く張れないので、それによってショットの打ち方など、戦い方も変わってきます。これは僕個人の見解ですが、芝生では経験値がモノを言うと思います。

さらに会場の雰囲気。ウォーミングアップ中は客席もざわついているのですが、選手たちがポジションにつくと、15,000人が埋め尽くすセンターコートが途端に静かになって、ボールの音と拍手しか聞こえないんです。あの静けさと緊張感は、ウィンブルドンならではの雰囲気だなと感じました。

Q:現在の錦織選手の状態はいかがでしょうか?

石黒:トップ10に日本人が入るなんて以前は考えられませんでしたが、とても嬉しいことですね。今大会でも、ファーストウィークをなるべく接戦に持ち込まずに凌げれば、錦織選手の優勝も十分に可能性があると思います。フィジカルや技術面において、大会ごとに彼の成長を感じています。

錦織選手のフォアは攻撃的で素晴らしいと誰もが口にしますが、加えてバックハンドの上達ぶりにも驚いています。とてもセンスのあるバックハンドを打つんですよ。とっさの判断力が非常に高く、打つ瞬間にきゅっと手首だけを返してクロスに落としたり、ストレートに打ったりできるんです。脳が命令を出してから、身体がそれに応える回路のスピードも以前と比べて増しています。

Q:女子の注目選手はいかがですか?

ウィンブルドンでは、S・ウィリアムズ(アメリカ)V・ウィリアムズ(アメリカ)の姉妹、特にセリーナが圧倒的に強く、どう見ても他の選手には勝ち目がなかった。しかし近年では、E・ブシャール(カナダ)やS・ハレプといった若手選手たちから、『セレナに勝って名を上げてやる』というような気迫を感じます。

今まではセリーナやM・シャラポワ(ロシア)のような長身の選手の活躍が目立っていましたが、ハレプらそこまで背の高くない選手も活躍しています。テニスは適切な位置にいかに足を運ぶかが一番大事なのですが、彼女たちはステップが非常に優れています。そういった戦い方を取り入れれば、日本人選手が世界のトップに勝てる日も来ると思います。

最近の日本女子選手たちは、クルム伊達公子(日本)選手を始め奈良くるみ(日本)選手も去年あたりから調子を上げてきているので、今年のウィンブルドンも非常に期待しています。

Q:開幕を楽しみに待つ視聴者の方々に、メッセージをお願いいたします。

錦織圭という、何十年に1人の才能を持った選手が、我々日本人の代表として出場します。彼のテニスは、難しいことを抜きにしても何をやってくるかわからない戦いをしてくるので、見ていて本当に楽しいと思います。最高の晴れ舞台であるウィンブルドンで、世界と渡り合える錦織がいる。きっと、最高の大会にしてくれると僕は期待しています。

詳しくは、WOWOW TENNIS ONLINE(wowow.co.jp/tennis)へ


◆◆◆WOWOW番組情報◆◆◆

★ウィンブルドンテニス
歴史と伝統のウィンブルドン。“日本のエース”錦織圭の戦いなど、現地の感動と興奮を連日生中継でお伝えする。
6/23(月)~7/6(日)連日生中継(6/29(日)除く)【WOWOWプライム】【WOWOWライブ】 ※初日無料放送

★明日開幕!ウィンブルドンテニス直前スペシャル!
ウィンブルドンテニスの開幕前日に、錦織圭を始めとした注目選手や大会の見どころを紹介する無料放送。
6/22(日)よる11:30~【WOWOWプライム】※無料放送

★トップアスリートの真実 A・マレー ウィンブルドンが泣いた日
2013年に悲願のウィンブルドン優勝を果たしたイギリス人テニスプレーヤー、A・マレー。密着取材やインタビューで、その才能や素顔に迫るドキュメンタリー。
7/9(水)よる8:00~ 【WOWOWライブ】


■関連記事■ 

・マレー、77年ぶりの快挙達成して「何が起きたか覚えてない」
・マレー「きっと緊張するだろう」
・錦織 1回戦は67位と初対戦
・ウィンブルドンのシード発表


■関連動画■ 

・手本となる華麗な片手バックを放つ名手を特集!
・トップシードが貫禄のプレーで今季初優勝!
(2014年6月21日18時27分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

5月25日

「ラファと戦いたかったけど...」 (11時04分)

ジョコ「僕は全仏V候補ではない」 (10時02分)

アルカラス「フォア打つのは怖い」 (8時58分)

錦織圭「不安は正直かなりある」 (7時56分)

初戦でナダル回避「よかった」 (6時55分)

錦織圭 全仏OP初戦は世界166位に決定 (1時46分)

5月24日

ジョコ 世界44位に屈し準決勝敗退 (23時56分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsマハーチ (21時34分)

山﨑郁美ら日本勢が4強独占 (20時07分)

猛烈ラケット破壊→観客にプレゼント (19時02分)

錦織圭&大坂なおみ 全仏OP初日に登場 (17時39分)

14ペアで唯一 マレーとエヴァンスにWC (13時28分)

世界5位 回復間に合わず全仏OP欠場 (12時04分)

ルード4強 全仏OP前に弾み (10時34分)

マレーvsワウリンカ 全仏OP1回戦で実現 (8時44分)

ジョコ「素晴らしい勝利」全仏に向け復調? (7時21分)

齋藤咲良 全仏OP予選決勝で敗退 (0時09分)

5月23日

ナダル 全仏OP初戦はズベレフに (23時42分)

【1ポイント速報中】全仏オープン予選決勝 (23時08分)

内島萌夏 全仏OP初の本戦入り (23時02分)

錦織圭 全仏OP初戦は予選勝者 (21時41分)

大坂なおみ 全仏OP初戦は世界48位 (21時15分)

第3シードの秋田史帆らが8強 (20時27分)

元世界6位 3年連続で全仏OP欠場 (19時48分)

望月慎太郎 全仏OP初の本戦へ (19時15分)

1100勝ジョコ 歴代3番目の記録 (17時02分)

シュワルツマン「特別な場所。一生忘れない」 (15時35分)

“本当に今季で引退?”勢い止まらず8強へ (14時17分)

17歳の齋藤咲良、全仏OP本戦に王手 (12時06分)

ティーム「とても素晴らしい別れ」 (10時45分)

前週Vの17歳 西村佳世ら初戦突破 (9時54分)

ジョコビッチ 37歳を1100勝で祝う (7時59分)

大坂なおみ ウィンブルドンは予選からか (6時48分)

最後の全仏OP 死闘の末敗退 (2時34分)

内山靖崇 全仏OP予選敗退 (1時23分)

【動画】ジョコビッチ撃破!マハーチ勝利の瞬間 (0時00分)

【動画】ブブリクがラケット破壊!→観客にプレゼント (0時00分)

5月22日

【1ポイント速報】全仏OP予選2回戦 (23時59分)

内島萌夏 17連勝で全仏OP本戦王手 (23時58分)

錦織圭らウィンブルドン出場選手一覧 (23時21分)

ティーム 最後の全仏OP 予選敗退 (21時25分)

錦織圭 全仏OP会場で世界2位と練習 (20時15分)

望月慎太郎 快勝で全仏OP本戦王手 (18時42分)

西岡良仁が棄権「体調がおかしい」 (17時55分)

【中止】西岡良仁 リヨン2回戦 (15時44分)

【YouTube】賛否!ズベレフ・チチパスが反対派?!/マレー自らスポーツショップでラケット10本購入!第2回「テニス Weekly News」 (15時30分)

連敗脱出、全仏前にクレーで勝利 (13時08分)

ジョコビッチ 37歳に、生涯獲得賞金は280億円超え (11時33分)

マレー敗北 ジョコ戦ならず (10時25分)

ジョコ全仏制覇へ「試合が必要」 (8時38分)

本玉真唯 マッチポイント7本凌ぎ初戦突破 (7時32分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!